日本に3箇所のカジノの1つが沖縄になるのか!?

2018年7月20日、統合型リゾート(IR)実施法案、いわゆる日本のカジノ合法化が成立し、世界中のカジノ事業者が最も熱い市場となる可能性のある日本に熱い視線を送っている。中でも、リゾート地という点から考えても相性が良いと思われる沖縄県に注目しているのが、中国でオンラインカジノを営業する500ドットコムと、イギリス・ロンドンの会員制カジノクラブ「Les Ambassadeurs Club & Casino(レ・アンバサダー・クラブ&カジノ)」が来日し、沖縄企業と共同で事業を展開したいと表明。

500ドットコムは、昨年にも沖縄でシンポジウムを開き、カジノ建設に約3000億円の投資計画を表明。中国からのアクセスの良さを考えても、地理的優位性があると語っていた。

また、今回来日したイギリス・ロンドンのメイフェア地区で会員制の超高級カジノ「レ・アンバサダー・クラブ」を運営する企業も、沖縄に高級感のあるハイエンドなカジノを提供したいと考えを明らかにした。

いずれにしても、日本には最初のカジノが開設されてから7年後までは、国内に3箇所しかカジノが開かれない事が決まっている。カジノは無かったものの、既に世界屈指の賭博大国である日本で、更に、観光客もどんどん増加している。

これだけ魅力的なマーケットにおいて、3箇所という限られたライバルのみで7年間は確実に営業できるのは、どのカジノ企業においても手に入れたい所。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

大阪にカジノを作りたい企業が多すぎる。夢洲へのIR営業希望カジノが7事業者もいる。

世界一の賭博大国になる可能性がある魅力的な土地として、世界中のカジノ企業が注目している、日本でのカジノ営業。…

ゴルゴ48

マカオの大手カジノ企業ギャラクシー・エンタテインメントが日本への参入を改めて表明した…

かねてより日本でのカジノ開設レースへの参入の意志を明らかにしていたマカオの大手カジノ企業「ギャラクシー・エン…

ローリングあざらしアタック

ハウステンボスのカジノリゾート化に4000億円。マリーナベイサンズ元社長が計画。

日本のカジノリゾート誘致を巡る戦いに新たな案が浮上。マリーナベイ・サンズの運営会社元社長のウィリアム・ワイド…

カジノ通信社

日本のカジノ合法化はどうなった?東京オリンピックまでに日本にカジノは出来るのか!?

東京五輪まで残り4年となり、オリンピックまでにカジノが出来るかどうかギリギリになってきました。リミットは来年…

Re:JAPAN

白紙議論から一転、ついに横浜市がカジノ誘致へ動き出す。最も望まれる場所にカジノができ…

住民などの反対運動などもあって一時は白紙となっていた横浜市のカジノ誘致が一転、誘致する方向に舵を切ることに。…

カジノ通信社

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ゲット・リッチ

とにかく金持ちになる事が夢。夢を追ってタイに飛び立って2年。今の夢はオンラインカジノで金持ちになる事。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集