カジノ税は収入の3割にも。

今回発表された政府案は、カジノを作る一番の理由になるかもしれない「税収」の話。政府は、カジノを運営する事業者が得る収入から国が徴収する税金を、IRカジノ関連収入の3割とする事を検討していると発表。更に、収入が3000億円を超えた場合は、更に4割から5割に税額が上がる累進課税も取り入れる案も。

既にモデルケースが多数あるカジノ分野では、海外のカジノ運営がモデルになるケースが多く、海外のカジノ成功地区で見て見ると、アメリカ・ラスベガスでは2割、シンガポールでは3割、マカオでは4割となっている。 日本は国の雰囲気にもシンガポールのケースを真似る傾向が強そうなので、3割がベースに考えられていると予想される。

調査費は「事業者負担」

また、カジノ事業者がIRリゾートを開発する際のライセンスの発行の要件として義務付けられている「調査」に関しても、「カジノ開業時の調査費用」を全面的に事業者が負担する事が盛り込まれている。 これは、開業時の負担を重くする事で、参入障壁を高め、クリーンな事業者のみしかカジノ運営ができない様にするためと言える。

先日、日本にカジノができた際の、日本人の利用頻度や、入場チェック体制など、利用者側に関する政府案がニュースになりましたが、 (こちらは、ワールドカジノナビ内に既に記事があるので、そちらをご確認ください。)今回は、事業者側の要件。 数年内には誕生する日本のカジノに向けて、続々と新しいニュースが見逃せません。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

日本企業が運営していたドリームカジノが摘発!運営者を逮捕された内容を解説。

2012年にサービスが始まったオンラインカジノ業界で割と新しいサービス「ドリームカジノ」が摘発。運営者が逮捕…

ウルトラソウル

たった2日でスピード可決!ついに日本のカジノ合法化は決定的!

日本にカジノを含む統合リゾート施設を作る法案「IR法案」が衆議院内閣委員会でスピード可決された。与党さえまと…

カジノ通信社

横浜と名古屋で違法インカジ賭博店摘発。店舗を開いてカジノゲームをさせていたらしい。

店舗を開いて、客にオンラインカジノをプレイさせていた、インカジ店舗の摘発が相次いだ。バカラやスロットで多額の…

エリザベス

日本にもマリーナベイサンズが出来るかもしれない。有力な候補は横浜ベイサンズ!?

現実味を帯びている日本のカジノ合法化に向けて、海外の大手カジノ企業が日本市場参入を表明しています。もしかする…

ハラっぱ

闇カジノ賭博問題で、バドミントン界のエース達が次々と!でも、何故逮捕されないのか!?

野球賭博問題から始まり、オンラインカジノプレイヤーの逮捕、そして、バドミントン界のエースの闇カジノ賭博問題・…

まきおう

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

プリオン

世界のカジノ情報をいろいろとご紹介させていただきます。遊びにいかれる予定の方は参考してくださいネ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集