カジノの制度設計で、日本人は週3回利用まで

2月14日のバレンタインデーに、自民党がカジノ法案の具体的な内容として、「カジノの制度設計」に関して、幾つかの条項を公開しました。

・日本人の入場回数は「週3回」まで
・日本人の入場回数は「月9〜11回」まで
・外国人旅行者は、回数制限の適用外
・入場チェックには、マイナンバーカードの提示義務
・カジノ区域の面積上限は「1万5000平方メートル」

ギャンブル依存症の抑制を狙った制度設計

まだまだ検討案ではあるものの、その内容はある程度現実的なもので、日本人と日本に居住している外国人は、連続する7日間で3回まで、連続する28日間では9回〜11回までという入場制限を設け、ギャンブル依存症患者が増えない様な制度となっているも、例えば、3連休中のバカンスとして、カジノリゾートに訪れるという事や、1ヶ月間の間に、毎週末カジノに入り浸るという利用者も現れそうだが、これも、入場制限の範囲に収まるので利用できる。

ある程度、趣味で利用する方や、旅行時のエンタメとして利用する方にも配慮された制度といえるでしょう。マイナンバーカードも、折角作ったけど、ほぼ利用されていない状態から考えると、絶好のアピール機会といえる。

国内利用者を禁止したり、入場料が無いのは◎

韓国を見てみると、国内利用者はカジノに入場できない様になっていたり、シンガポールでは、国内利用者は入場料金が必要になっている事もある。その点、制度設計のスタートして、入場禁止や入場料の話が出てきていないのは、決定案に期待が持てる。

そもそも海外旅行者のエンタメの促進の為に作られるIRリゾートではあるが、日本はパチンコやスロット、競馬など、賭博を禁止している国ではあるものの、既に世界有数の賭博大国。パチンコの制度が厳しくなっている事で、カジノへの利用を促し、カジノ設立での雇用促進や、GDPの向上、管理された勝利金での税収の増加など、国内利用者のカジノへの寄与も期待されていると思われる。

追記:手数料を一律で徴収へ

2月20日に発表された政府案に、日本人と日本に居住する外国人に対して、カジノへの入場に、全国一律の入場料を徴収する方針である事が示された。金額としては、数千円レベル(2000~3000円程度)とされている。やはりシンガポールのモデルに近い形になってきたが、折角のギャンブル大国である日本の国内ギャンブラーが、入場料を支払う事に対してどう考えるのかはわからない。 入場料があるなら行かないとなるのか、数千円なら一度の勝負で取り返せるから、無いのと同じと考えるのか・・・。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

ラルクアンシエルが、カジノ法案成立前に期間限定で「ラルカジノ」をオープン!

カジノ合法化の前に、大阪湾に浮かぶカジノ誘致場所候補の「夢州」にラルクアンシエルが、カジノをオープン!2日間…

ヨーグリーナ

日本のカジノ法案が成立確定。ギャンブル依存症施設25都道府県など。

日本のカジノ法案がついに大詰めに。2018年7月19日に参院内閣委員会で可決され、今国会での成立が確定。ギャ…

プリオン

ついにカジノ法案が審議入り!今国会での成立となるのか。

昨年の通常国会でも継続案件として審議がもちこしとなったカジノ法案「特定複合観光施設区域整備推進法案」が11月…

Re:JAPAN

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

日本にもマリーナベイサンズが出来るかもしれない。有力な候補は横浜ベイサンズ!?

現実味を帯びている日本のカジノ合法化に向けて、海外の大手カジノ企業が日本市場参入を表明しています。もしかする…

ハラっぱ

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ハラっぱ

日本でもカジノが出来る様になった時の為に、いろんな知識を付けていかないとダメだなと、常に思う・・・

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集