カジノ誘致レースに新たな声

世界中の沢山のカジノ企業が、日本でのカジノ開業に魅力を感じ、声を上げている中、新たな立候補者が登場した。今回声を上げたのは、シンガポールのシンボル的施設「マリーナベイ・サンズ(MBS)」の運営会社の元社長「ウィリアム・ワイドナー氏(William P. Weidner)」が率いる企業。

海外投資ファンドなどから、資金を調達し、長崎ハウステンボスを活かしたカジノリゾートを作る為、長崎県と協議をしている事を明かしている。

ワイドナー氏は1995年から約15年間、IR運営会社「ラスベガス・サンズ」の社長を務め、2010年開業のMBSをはじめ、マカオや米国でIR建設を手掛けた。「長崎のIRは九州特有の個性をブレンドし、既存のHTBも生かしたこれまでにない施設を造りたい」と意欲を見せた。

こんな声もあがっている。

西日本新聞の記事では、「シンガポールのIR『マリーナベイ・サンズ(MBS)』運営会社元社長のウィリアム・ワイドナー氏らが率いる東京のIR企画会社が31日、建設・運営事業者に立候補する意向を示した」としているが、IR誘致の実情を知る者としては、「東京のIR運営会社」の部分に首を傾げざるをえない。率直に言って理屈に合わず胡散臭さすら感じてしまうのだ。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

カジノ解禁に向けて4月に国会に再提出されたIR推進法案について政府与党は、今国会での…

多くのカジノ好きの日本人が待ち望んでいる日本のカジノ合法化の状態をまとめました。なかなか厳しい状況のようです…

たむけん

北海道でのカジノ開業を目指す7つの事業者が展示会でアピール。

国内3箇所という狭き門に選ばれる候補地はどこになるのか!?どうしても観光の目玉が欲しい北海道でカジノ開業を目…

カジノ通信社

秋葉原にメイドさんがディーラーをしてくれるメイドカジノ「アキバギルド」がある

日本は2016年現在はカジノが合法化の国ではありませんが、秋葉原に、メイドさんがカジノディーラーをつとめてく…

OKAXIL

日本のカジノライセンスでトランプ大統領が口利き?!ラスベガス・サンズがポールポジショ…

カジノ法案が可決し、日本に数年後に3つのIRカジノが誕生する。その1つの枠を「ラスベガス・サンズ・コーポレー…

カジノ通信社

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集