トランプ大統領はサンズ好き?

数年以内に日本でIRカジノを開設できるライセンスが必ず3つ発行される。その少ない枠を巡って沢山の世界的なカジノ企業が、各地域との連携を深めて、しのぎを削っているのだが、その中でも、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」でも有名なラスベガス・サンズ・コーポレーションが、ポールポジションに立っているという報道が流れた。

その理由として上げられているのが、アメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏が、日本の総理大臣である安倍晋三氏に「サンズを強く検討する」様に求めたという物。 日本政府はこの報道内容を否定したが、真実はどうなのでしょうか。

単純に、シンガポールでの成功を見ると、日本にもマリーナベイサンズの様なIRを作って欲しいという意見もあり、こういった憶測が無くとも選ばれる可能性が高いように思えるが、実際に選ばれた場合、デキレースだったという報道がでてもおかしくない。

ラスベガス・サンズ社は、大阪・夢島でのリゾート開設を計画している。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

千葉県の違法カジノ・パチスロ店「インフィニティ」が摘発。その営業方法とは?

2017年5月29日に摘発された違法カジノ・パチスロ店「インフィニティ」がどんな営業方法で賭博場を運営してい…

エリザベス

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

横浜の闇カジノが摘発されまくり!日本のカジノ合法化地区に暗雲か!?

横浜の闇カジノが次々と摘発されています。日本のカジノ合法化後の有力地として名高い、横浜だけに合法化後の選定に…

ゴリラテ

カジノ法案の政府案が続々。カジノ税は3割、開業調査費は事業者負担など

日本のカジノ法案の具体的な政府案が続々と発表されている。先日、入場者に関する案が話題に上ったが、今回発表され…

プリオン

大阪にカジノを作りたい企業が多すぎる。夢洲へのIR営業希望カジノが7事業者もいる。

世界一の賭博大国になる可能性がある魅力的な土地として、世界中のカジノ企業が注目している、日本でのカジノ営業。…

ゴルゴ48

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集