ブラックジャックのセオリーとは?

ブラックジャックのルールは、ディーラーよりも21の数字を超えない範囲で、大きいカードにするカジノで日本人に人気の高いカジノゲームです。

基本的には、自分の見えている2枚の合計数字と、ディーラーの見えている1枚の数字から、21を超えてバースト(負け)となるか、よりディーラーよりも大きい数字を整えられるかを予想して遊ぶ「確率論」の勝負になります。

ディーラーの合計カード数字との勝負になりますが、自分の手札の合計数字が21を超えてしまったら、ディーラーの数字を見る前に負けが確定してしまうので、自分の配られた数字を見て、次の手を考えなければいけません。

確率論だからセオリー(遊び方の理論)がある。

先程説明した様に、ブラックジャックは、確率論である程度計る事ができるゲームなので、セオリーが存在します。

以下が、自分に配られたカードとディーラーのカードによっての、次の手の決め方(ブラックジャックのセオリー)となります。

ブラックジャックのセオリー

ブラックジャックのセオリー

見て頂くと、納得できると思いますが、自分もディーラーもバーストする確率があるならば、ステイしたりスプリットするのが、大まかにいうと「一般的な遊び方」になります。

要は、両者共にバーストの可能性があるならば、先にバーストしてまうのが損という考え方になります。

確率論で見ると、しっかりとした納得できる情報になるので、セオリー通りの遊び方も良いと感じます。でも、ディーラーは、16以下はヒットして、17〜21の場合は、無条件にステイというルールが存在するので、逆に確率関係無く、良い数字に収まることも沢山起こります。

だから、セオリー通りに遊ぶ「セオリー論者」と、セオリーや確率を無視して遊ぶ「セオリー無視者」が登場し、トラブルが発生するのです。

セロリー論者で激怒する人間は結果論

かく言う私も、ほとんどの場合は「セオリー論者」なんです。
でも、セオリープレイヤーの私でも、こう思うのです。

「全ては結果論」

「全ては結果論」

バカラでは「絞った」からと言ってカードが変わる訳ではありませんので、論外ですし、言うこともありません。(でも、激怒する人間は絞って念じればカードが変わると信じているのです。)

絞ったら何か変わる・・・?

絞ったら何か変わる・・・?

「セオリー論者」と「セオリー無視者」のトラブルの原因

ブラックジャックは、誰にどのカードが行くかは、前の人の選択によって変化がでてきてしまうゲームなので、必ず人の影響を受けてしまうゲームです。

前の人の選択で自分のカードが変わる・・・。

前の人の選択で自分のカードが変わる・・・。

例えば、この真ん中の人(さとみ)が自分だったとしたら、先にカードが配られる(Silva)が17で止めずにヒットした場合、配られるカードは(J)ではなく、(マリマリ)に配られている(10)になります。

ブラックジャックは、10〜13は、10として扱われるので、結果は、変わりませんが、この様に前の人の選択によって、自分に影響がでてしまします。

だから、この結果で、21じゃなく変な数字に落ち着いてしまった場合に、文句も言いたくなる場合もあると思います。

これが、「セオリー論者」と「セオリー無視者」のトラブルの原因です。

でもトラブルになるのは、全て「自分が負けた時だけ」です。

前の人がセオリーを無視したヒットをした所で、もしかすると、その方は21に収まる言い数字になるかもしれませんし、逆にヒットしてくれたお陰で、こちらに良いカードが来るかもしれません。

でも、怒って口出しをしている人の多くは、この場合には、嬉しそうな顔をして、「GOOD HIT」などと言ったり、ディーラーがバーストした場合には、「ALL HAPPY」などと言います。

ですが、結果論で、自分が良い数字にならず負けたり、前の人のヒットが無ければ、勝っていたという結果を見たら大変です。

かなりの「大激怒」をかましてきます。

セオリー無視者は、知らぬ顔。

セオリー無視者は、知らぬ顔。

セオリー無視者は、別に人を負けさせたくてヒットやステイの選択をしている訳ではなく、あくまで、ディーラーの数字が自分の数字を超えると予想するから、次のヒットという選択をしたのです。

これを読んで皆さんどう思いますか?

はっきり言って、どちらのプレイが悪いとも言えません。

それに、大方の場合は「セオリー無視」で大激怒させているプレイヤーでも、それほど無茶なプレイをしている事はあまりありません。

セオリー無視の方の多くは、「ディーラーのカードの予想」を考えすぎて、自分のカードの状態から次の手を判断する事が多いのです。

手札が、12〜15の場合に、ディーラーの1枚が3〜6になっていたら・・・。

セオリーで考えると、ディーラーのバーストの確率が高いと考えるので、全員がステイを選択することが多くあります。でも、セオリー無視の方は、「セオリー>過去のディーラーのカード」を考えて、21に収まると考えるので、そのままだと負けてしまう事を恐れて、ヒットを選択します。

ディーラーは21に収まるかもしれない・・・

ディーラーは21に収まるかもしれない・・・

ここで、自分の予想がはずれてバーストになり、更に、このヒットの性でディーラーのカードが21に収まってしまうと、セオリー論者は大激怒となります。

一見、このプレイでは怒りたくなる気持ちもわかりますが、ディーラーの結果が同様にバーストだったとしたら、逆に「なんで引いたんだ?」「引かなかったら勝っていただろう?」とご教授を賜る事になります。

結局は自分のお金ですから自分の思った通りで良い。

セオリー論者やセオリー無視者のどちらだろうが、結果次第で怒ったり、喜んだりするのです。

だから、結論は「自分のお金を賭けて、自分の勝負をしているのですから、自分の思った通りやれば良い」のです。

でも、だからと言って、17以上の数字でヒットしたりするのは論外なので、止めましょう。これはセロリー論者じゃなくても激怒します。

でも、この激怒も結果論なのですが・・・。

対策は立てて起きましょう。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

資金力さえあれば勝率94.5%で一撃勝利確実!ルーレットの攻略法「ベアビック法」とは…

ルーレット限定で、確率論で勝負する攻略法として有名な「ベアビック法」を紹介します。100%では無いので負ける…

ベジータ

パーレー法よりもっと手堅く勝負する!カジノ必勝法「グッドマン法(1235法)」

様子見の時に使いたい守備的な必勝法として知られる「グッドマン法(1235法)」。大きく勝つのは難しいですが、…

Mr. GO-MA

海外旅行中にラスベガスのカジノで大当たり!当選金額と税金はどうなるの?

カジノの街「アメリカ、ラスベガス」に旅行に行った際に、ふと遊んだスロットでジャックポットが当たってしまった!…

ゲスの極み

カジノ選びからゲーム開始まで・・・ラスベガスのカジノで勝つための必勝法。

ラスベガスでのカジノ必勝法は結構簡単です。勝率を上げるためには各ホテルにカジノがありますが、このカジノの選択…

BAKA KING

カジノの王様バカラで勝つ!初心者でもわかるルール解説と勝率アップの方法。

カジノの王様と呼ばれるバカラ。初心者からハイローラーまで幅広い愛好家のいるこのゲームの、基本的なルールと戦略…

Bロッド

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

さすらいのブラックジャッカー

ブラックジャックが大好きで、世界のランドカジノでブラックジャック一本で遊びまくっている「さすらいのブラックジャッカー」がカジノについての本音を語ります。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集