横浜市がカジノ誘致へ

シンガポールで国のシンボルの様な観光スポットとして、観光客や税収・雇用に関しても大成功を収めているIR「マリーナ・ベイ・サンズ」。日本でもカジノが出来上がった際に、最も参考にすべき施設ですが、それに最も近い立地と言われる横浜市のマリーナエリア「みなとみらい」へのカジノ誘致がいよいよ本格化してきている。

一時は、山下ふ頭への立地計画を進め、完成図や構造を進めていた横浜市ですが、ギャンブル依存症への懸念を強める住民の反対や、選挙への影響などもあり、一時白紙状態となっていましたが、再度動き始める事がわかった。

そもそも、IRカジノは、カジノがメインでは無く、家族連れで楽しめる巨大な商業エンターテイメント施設の事。 でも、大きな施設を運営していくには、施設のランニングコストに加えて、沢山の人件費が必要となる。 それを工面してくれる物としてカジノがある。

魅力的な施設があれば、それだけ多くの人が観光に訪れ、周辺の施設への影響はかなり大きいものがあると予想される。 地域自治体にとっては、観光収益は重要ですが、一番は観光客が何度も来たくなる場所として楽しんでもらわなくてはいけない。

その点では、他のカジノ誘致立候補地に比べ、横浜マリーナエリアには、既に多くの施設が充実している。 遊園地やショッピングモール、国際会議もできる施設や温泉施設。それらが重なり合ってできあがる夜景の美しさ。ここにきらびやかなカジノ施設ができあがり、毎夜、観光客を楽しませる為のナイトショーや花火などが上がれば、これまで以上に横浜が魅力的な場所になるのは間違い無い。

日本へ訪れる観光客の多くは、東京と京都に分かれる事が多い。 となれば、関東では横浜。関西では大阪に、それぞれカジノがある事が、観光客の夜の楽しみには欠かせないと思われる。

横浜市のIR(統合型リゾート)関連情報

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

豊洲新市場はカジノにした方がいい!?市場移転先の現状とカジノ転用について

東京都の大問題になっている「豊洲新市場の盛り土・地下空間問題」。恐らく議論を尽くしても、地表の安全性を100…

天然水

矛盾だらけの賭博王国・日本がカジノ非合法になっている理由

世界の大多数の国で合法化されているカジノ。でも日本では非合法とされているが、日本は既に賭博王国。沢山のギャン…

ハラっぱ

ついにカジノ法案が審議入り!今国会での成立となるのか。

昨年の通常国会でも継続案件として審議がもちこしとなったカジノ法案「特定複合観光施設区域整備推進法案」が11月…

Re:JAPAN

名古屋市中区の違法カジノ店が摘発。負けた客が通報して発覚したらしい。

名古屋市中区栄4丁目のカジノ店「横綱」を運営者と参加者の合計6名が賭博容疑で摘発された。なんと発覚したのは客…

エリザベス

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集