日本で遅くとも、10年以内には開業されるであろうIR(カジノを含む統合型リゾート」。各都道府県の地域と、カジノ企業や地元企業などが、協力して事業開設申請を行うのが大前提となっているが、日本全国の中でも、得に「大阪・夢洲(ゆめしま)」でのカジノ誕生を目指す、大阪に希望事業者が殺到している。

大阪府と大阪市が、2019年4月から募集を開始した、IRの事業案に1ヶ月で7社もの応募がある事がわかった。この7社には、世界の名だたるカジノ企業が入っている。

大阪での開業希望を提出したカジノ企業

ラスベガスの有名カジノ「ウィン」をはじめ、シンガポールセントーサ島でカジノを営業する「ゲンティン」、マリーナベイサンズでも有名な「ラスベガス・サンズ」。ライオンのマークで有名な」「MGM」は、オリックスと共同で行うとしている。

・ウィン・リゾーツ
・MGMリゾーツ・インターナショナル
・ゲンティン・シンガポール
・メルコリゾーツ&エンターテインメント
・ラスベガス・サンズ

大阪市の松井市長の話によると「トップ5は全て入っている」という事なので、名前非公表としている残り2社も、大凡の想像はつく所。

IR=カジノを含む統合型リゾートをめぐっては、大阪府と市が2025年の万博会場となる夢洲に誘致を進め、万博開催の前年、2024年にIRを開業させたい方針です。府と市は4月から国の基本方針発表などに先駆けてIRのコンセプトの募集を始めていて、これまでにIR事業者大手のMGMリゾーツとゲンティン・シンガポールが募集に応じたことを明らかにしています。30日、大阪市の松井市長は現時点で7社が応募していることを明らかにしました。

空港が近く、万博もひかえる大阪は魅力的

大阪が各カジノ企業に好まれるには理由がある。 それは、これまで成功している「ラスベガスやシンガポールなどの様に、人口が多く国際空港がある大都市」であるという点と、大阪がIRに誘致に対して積極的な点。

また、大阪は、ベイエリアに、ユニバーサルスタジオジャパンや、関西国際空港があるなど、追加するエンターテイメントとしてはベストな選択である。

日本に数年後に開業される、3つのカジノ施設の内の一つは、大阪に決まるのは間違いないかもしれない。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

パチンコの平和もカジノ事業への参入を表明、北海道・北広島市のIR型カジノに2000億…

ゲームやギャンブルに関係する企業が徐々に日本でのカジノ事業に向けた動きを活発化させている。今回、参入を表明し…

Re:JAPAN

日本のカジノ合法化が秋の国会で成立か!? ついに議論再開で、急騰したカジノ関連株に注…

ついに東京オリンピックまでに間に合わせるには、タイムリミットと言える時期に、国会でのカジノ合法化議論の再開が…

太陽

日本のカジノライセンスでトランプ大統領が口利き?!ラスベガス・サンズがポールポジショ…

カジノ法案が可決し、日本に数年後に3つのIRカジノが誕生する。その1つの枠を「ラスベガス・サンズ・コーポレー…

カジノ通信社

カジノ法案の政府案が続々。カジノ税は3割、開業調査費は事業者負担など

日本のカジノ法案の具体的な政府案が続々と発表されている。先日、入場者に関する案が話題に上ったが、今回発表され…

プリオン

日本のIRカジノ法案の具体案が続々「日本人の入場は週3回まで」マイナンバー提示義務付…

日本の統合型リゾート(IR)誕生に向けてのカジノ法案の内容が具体的になってきた。まだ決定ではないが、細かくあ…

ハラっぱ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集