名古屋の闇カジノ4店舗が摘発。17名が逮捕

2018年11月10日に、愛知県名古屋市で、インターネット上のカジノを利用して、バカラ賭博などを店舗で行わせたとして、名古屋市中区栄三丁目のカジノ店「バグス」と、中区錦三丁目の「サムライ」、栄四丁目の「ダブル」の3店舗で従業員と関係者8名と、参加していた客9名が現行犯逮捕された。

逮捕容疑は、従業員と関係者は、賭博場を営業した「賭博開帳罪」。参加していた客は、常習賭博の容疑。いわゆる「単純賭博罪」。 参加者と胴元の両方の逮捕で成立する賭博罪が成立した形となっている。客の9名は、既に釈放されているようだ。

警察は1年以上前から捜査を行ってきたらしく、当日は、家宅捜索から始まり、インターネット上のバカラやルーレットを遊ぶ為に使われたパソコンなどを40台押収すると共に、現金約720万円も押収。

客は、店内に入った後、カジノで遊ぶ為のポイントを購入し、インターネット上にあるカジノゲームでプレイ。その後、ポイントが換金できる様になっていた。換金できるという事は賭博。媒体が海外の合法ネットカジノだったとしても、店舗を構えて運営したという事で、この場所は「闇カジノ」となる。ちなみに、同じ形式でもアミューズメントカジノの様に、カジノゲームが遊べるだけで換金ができなければ、賭博場では無いので何も問題にならない。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

豊洲新市場はカジノにした方がいい!?市場移転先の現状とカジノ転用について

東京都の大問題になっている「豊洲新市場の盛り土・地下空間問題」。恐らく議論を尽くしても、地表の安全性を100…

天然水

フランスのバリエールが日本のIRヘ名乗りを上げた。初期の3カジノ枠に入る事ができるか…

フランスのカンヌやパリ近郊にカジノを運営する、フランスのカジノ大手、グループ・ルシアン・バリエールが日本の統…

ドラえもん

カジノ法案の政府案が続々。カジノ税は3割、開業調査費は事業者負担など

日本のカジノ法案の具体的な政府案が続々と発表されている。先日、入場者に関する案が話題に上ったが、今回発表され…

プリオン

マカオの大手カジノ企業ギャラクシー・エンタテインメントが日本への参入を改めて表明した…

かねてより日本でのカジノ開設レースへの参入の意志を明らかにしていたマカオの大手カジノ企業「ギャラクシー・エン…

ローリングあざらしアタック

日本にカジノがやってくるのか!?統合型リゾート施設(IR)整備推進法案

いよいよ現実味もましてきた日本のカジノ合法化。今後どうなっていくのでしょうか?

SPIDERMAN

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

エリザベス

ロンドンに住んでいます。こちらでは、日常の中にブックやカジノがあるから、ギャンブルが好きなら、一度は訪れてみるべきですよ。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集