名古屋の闇カジノ4店舗が摘発。17名が逮捕

2018年11月10日に、愛知県名古屋市で、インターネット上のカジノを利用して、バカラ賭博などを店舗で行わせたとして、名古屋市中区栄三丁目のカジノ店「バグス」と、中区錦三丁目の「サムライ」、栄四丁目の「ダブル」の3店舗で従業員と関係者8名と、参加していた客9名が現行犯逮捕された。

逮捕容疑は、従業員と関係者は、賭博場を営業した「賭博開帳罪」。参加していた客は、常習賭博の容疑。いわゆる「単純賭博罪」。 参加者と胴元の両方の逮捕で成立する賭博罪が成立した形となっている。客の9名は、既に釈放されているようだ。

警察は1年以上前から捜査を行ってきたらしく、当日は、家宅捜索から始まり、インターネット上のバカラやルーレットを遊ぶ為に使われたパソコンなどを40台押収すると共に、現金約720万円も押収。

客は、店内に入った後、カジノで遊ぶ為のポイントを購入し、インターネット上にあるカジノゲームでプレイ。その後、ポイントが換金できる様になっていた。換金できるという事は賭博。媒体が海外の合法ネットカジノだったとしても、店舗を構えて運営したという事で、この場所は「闇カジノ」となる。ちなみに、同じ形式でもアミューズメントカジノの様に、カジノゲームが遊べるだけで換金ができなければ、賭博場では無いので何も問題にならない。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

日本企業が運営していたドリームカジノが摘発!運営者を逮捕された内容を解説。

2012年にサービスが始まったオンラインカジノ業界で割と新しいサービス「ドリームカジノ」が摘発。運営者が逮捕…

ウルトラソウル

ハードロック・インターナショナルの日本でのカジノ開設候補地は北海道・苫小牧!?

ハードロックカフェやハードロックホテル&カジノなど、世界的に有名なアメリカのカジノ企業「ハードロック・インタ…

カジノ通信社

日本のカジノ法案が成立確定。ギャンブル依存症施設25都道府県など。

日本のカジノ法案がついに大詰めに。2018年7月19日に参院内閣委員会で可決され、今国会での成立が確定。ギャ…

プリオン

日本のカジノ合法化はどうなった?東京オリンピックまでに日本にカジノは出来るのか!?

東京五輪まで残り4年となり、オリンピックまでにカジノが出来るかどうかギリギリになってきました。リミットは来年…

Re:JAPAN

闇カジノ賭博問題で、バドミントン界のエース達が次々と!でも、何故逮捕されないのか!?

野球賭博問題から始まり、オンラインカジノプレイヤーの逮捕、そして、バドミントン界のエースの闇カジノ賭博問題・…

まきおう

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

エリザベス

ロンドンに住んでいます。こちらでは、日常の中にブックやカジノがあるから、ギャンブルが好きなら、一度は訪れてみるべきですよ。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集