カジノてブラックジャックを満喫しました

ラスベガスに展示会があり、会社でブースを出すことにし、私は担当としてラスベガスに2週間滞在することになりました。

ラスベガスの象徴的なやつ

ラスベガスの象徴的なやつ

アーケードは、エンターテイメント感ばっちり。

アーケードは、エンターテイメント感ばっちり。

昼間は、準備に明け暮れて、右往左往していましたが、夜は、現地法人の人たちと一緒に食事をしたり、ラスベガスのショーを見たりと満喫していました。そして、上司と一緒にせっかくだからカジノに行こうということになりました。

まさにカジノの本場ラスベガス

まさにカジノの本場ラスベガス

沢山の観光客がいました。

沢山の観光客がいました。

私は、ある程度の英語は話せるのですが、上司や現地法人の人たちに比べると英語力がない、そして、普段、あまりギャンブルをしないため、ルールもわからない、そして、カジノのシステムもわからないから躊躇していました。

カジノは、英語ができないと緊張します

カジノは、英語ができないと緊張します

そのことを察した現地法人の人が英語の勉強にもなるし、ルールもしっかりと一緒になって教えてあげると言うことだったのでチャレンジしてみることにしました。

遊びだすと最高に楽しい!

遊びだすと最高に楽しい!

そして、最初に、今日、カジノで使う金額を決めました。遊びの範囲で掛けれるお金として最初なので100ドル使うことにしました。

だいたい1万円ってとこです。

だいたい1万円ってとこです。

ゲームを楽しむには十分かな

ビギナーズラックで、100ドルが10倍に!

そして、最初は、スロットをしていました。すると、みんなが驚くほどの結果になり、100ドルが1000ドルへと変わりました。

スロットはルールを知らなくてもできて便利

スロットはルールを知らなくてもできて便利

そして、せっかくだからブラックジャックをチャレンジしてみようと言うことになり、ルールを教えてもらい、そして、ディーラーの言っていることを理解しながら、ゲームを進めていきました。

最初は、周りの人が驚くほどの少額をかけていました。

そこで、だんだんディーラーの言っている意味やブラックジャックをプレイする上でのマナーやどういう風に身のこなしをすればいいのかがわかってきました。

そして、最初は、負けっぱなしでしたが、だんだん、勝っては負けを繰り返すようになりました。

最高に楽しい空間でした。

最高に楽しい空間でした。

そして、少しずつかける金額も増やしていきました。

100ドルを死守して、100ドルよりも手持ちのお金が少なくなったらやめることにしていましたが、上司と決めた時間までのプレイとしていたため、運良く手元に300ドルが残りました。

ラスベガスのカジノは、私にとってとても相性が良かったです。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

アカウント残高58.91ドルから、ライブバカラの10番勝負に挑んだ結果

大好きなbet365で、毎回数プレイを遊んで公開しているBazak。今日はライブバカラで、残高を増やす10番…

Bazak

カジノのお陰で、シンガポールの貧乏旅行が高級な旅に変わりました!

シンガポールに貧乏旅行した結果、カジノのお陰で良い旅ができました!カジノには夢があるな〜って改めて実感した旅…

桃太郎

キングコングのスクラッチゲームは、何が面白いのかわからないが、勝てるみたいだ。

映画のキングコングのゲーム「KING KONG SCRATCH」は良くわからないけど、知らない間に勝っている…

でんすけ

バカラで只管、バンカーに賭けた結果得られる物は・・・

オンラインカジノでも一発で大きなバックを得る人が多いカードゲームのバカラで只管バンカー勝負をしてみたらこうな…

ゲット・リッチ

初めてラスベガスのカジノでスロットをした時の興奮は忘れられません。

大学時代にカジノ初体験となる、ラスベガス旅行でカジノで遊んで勝ってしまった忘れられない記録を辿るまとめです。

オカピ

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

桃太郎

犬と猿とキジを連れて、オンラインカジノという戦いに挑んでいます。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集