スイスでオンラインカジノが解禁

ヨーロッパはカジノ産業が豊富で、近年は特にオンラインでのカジノ企業が増加し、システムやクオリティ面での十分な娯楽として成長した事で、スイスをはじめ、各国のランドカジノ営業は売上減となる傾向が強まっていた。

スイスも、ヨーロッパでオンライン産業に強い、スウェーデンや、イギリス、イスラエルなどのオンラインギャンブル企業の参入が続々と続き、同国ジュネーブにあるランドカジノである「メイランカジノ」の売上も、前年比0.5%減少という事態となっていた。

ヨーロッパの多くの国では、国内のランドカジノには行かずに、外国のオンラインサービスを利用するという、自国のGDPとしては面白く無い展開がずっと継続している傾向にあるが、スイスは、今回の賭博法の規制強化と共に、オンラインサービスを解禁。自国の4事業者のみにその権利を与え、外国への流出を防ぎたいようだ。

今後は、権利を与えられた4事業者が提供するカジノゲーム(ポーカー、ルーレット、ブラックジャック)がオンラインで営業される予定。追加のゲームに関しては、連邦ゲーム事業者監督委員会(CFJM)の承認を得られれば提供できる模様。

2019年7月1日の施工日以降は、4事業者以外の海外オンラインサービスのアクセス制限が進み、本格的な運用がスタートしそうだ。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

フィリピンに本社を構えるオンラインカジノは今後どうなっていくのか!? フィリピン経済…

フィリピン経済特区庁がオンラインカジノ事業の優遇措置を取り消すことがわかった。単純にカジノ事業者から税金をし…

プリオン

世界の人気メディアが選んだ「世界で最も価値のあるカジノ10選」

世界で人気のあるカジノというと、最近流行りのカジノリゾートなど、ギャンブル性が高くて、中国系のプレイヤーが集…

OKAXIL

マカオのカジノディラーが起こしたイカサマ行為の事件が多すぎる件。

今や世界一のカジノ大国であるマカオでカジノディーラーが起こしたイカサマ事件をまとめて紹介します。

S.H.I.E.L.D.

ギャンブル・カジノ業界 世界大富豪ランキング1位は、マリーナベイサンズのCEO。日本…

フォーブス誌がギャンブル・カジノ業界だけに絞った「世界大富豪ランキング」を発表。1位は、マリーナベイサンズの…

MINTIA

2013年スタートのマカオゲーミングショーとは?各社を紹介する美人コンパニオンにも注…

2013年から始まったカジノ関連企業の国際見本展示会「マカオゲーミングショー」に注目してみました。ゲーミング…

茶豆

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集