フィリピン・マニラに2016年12月にオープン予定

フィリピンの首都マニラに、日本発の新しいIRリゾート施設が出来ようとしているのをご存知でしょうか?現在マニラには、「Resorts World Manila / リゾート・ワールド・マニラ」・「Solaire Resort & Casino / ソレア・リゾート&カジノ」・「 City of Dreams Manila / シティー・オブ・ドリームス マニラ」という3つの大きなIR施設があります。

しかし、いずれの施設も、日本資本の企業が運営する物ではありませんでした。

ユニバーサルエンターテイメントが作るカジノ

今や世界で評価されているのは、単純に「メイド・イン・ジャパン」ではなく、「日本のサービス(おもてなし)」です。

世界を見ると沢山の豪華なカジノリゾートはありますが、日本のおもてなしの心が深く根付いた物はありませんでした。

今回フィリピン・マニラに、2016年12月オープン予定になっている4つ目のIRは、パチスロ・パチンコメーカーとして知られる、日本企業「ユニバーサルエンターテイメント」が、初めて単独で作る世界初の日本企業のカジノリゾートなんです。

フィリピン・マニラベイリゾート

フィリピン・マニラベイリゾート

ユニバーサルエンターテイメントのフィリピン現地法人「Manila! Tiger Resort Leisure & Entertainment, Inc.(タイガー・リゾート・レジャー・アンド・エンターテインメント)」が開発している「マニラベイリゾート」。

Tiger Resort Leisure and Entertainmentは日本のユニバーサルエンターテインメントのフィリピンのIR事業子会社であり、Manila Bay Resortsを開発中。
Manila Bay Resortsは投資額$2bn(2,400億円)、ホテル1,000室、カジノフロア30,000㎡(テーブル500台、スロット3,000台)、飲食25店、リテイル7,500㎡などを含むプロジェクト。

フィリピンのシンボルになれるか!?

今回開発されている「フィリピン・マニラベイリゾート」は、名前からも解るように、シンガポールのマリーナベイサンズの様に、その国のシンボル的存在にもなれる、カジノリゾート施設を目指して作られています。

施設のセンターにはエンターテイメントが揃う

施設のセンターにはエンターテイメントが揃う

イメージ図だけでも最新の設備である事がわかります。

イメージ図だけでも最新の設備である事がわかります。

日本式の「おもてなし」が最優先。

既にある3つのIR施設との差別化を図る為のポイントとして、現地法人「Tiger Resort Leisure & Entertainment Inc.」の代表副社長マット氏は、「日本式の「おもてなし」」を最優先するとしています。

代表副社長「Matt Hurst氏」

代表副社長「Matt Hurst氏」

人間が作り出す部分ですね。日本式の「おもてなし」を最優先しています。お客様との感情的交流ですね。

施設の完成が待ち遠しい

金色に輝く入口 そこで繰り広げられるダンスショー。ダイアモンドが輝くような通路 とてもユニークな印象を持ってもらえます。
我々の施設は本物のインテグレートリゾートです。100を超えるショップ。8万平方メートルのフリータウンがあります。
フリータウンにはスパ、ナイトクラブ、ビーチクラブ等お客様の望むリゾート施設はすべてそろっており、所謂ワンストップショップになっています。我々が提供するのはカジノとホテルだけではありません。

ラスベガス・ウィンにも投資経験のある岡田会長

この日本企業単独での初のIR開発に乗り出したのは、ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長。過去には、ラスベガスのウィンカジノにも投資しており、カジノに対する想いの強さが伺えます。

ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長は11月にフィリピンの首都マニラにオープンするカジノリゾートに中国人を呼び込み、マカオに挑む姿勢だ。同リゾートの建設費は40億ドル(約4200億円)に達する可能性がある。

このIR開発に、ユニバーサルエンターテインメントの時価総額の2倍のお金がかかっているようです・・・。それ位、成功が確実だと予想しているのでしょう。見る限り、魅力的なので、失敗しそうな様子はありませんが・・・。

40億ドルという投資額は、ユニバーサルエンターテインメントの時価総額約1900億円の2倍余りに相当する。

日本のカジノ合法化時には「強い経験値」

これまで日本企業が単独でカジノリゾートを作った経験はありませんから、日本のカジノ合法化がされた場合には、ユニバーサルエンターテインメントが、日本で一番のイニシアティブを握れる事は間違いなさそうです。

日本がカジノ合法化された場合に、岡田会長が参戦するかという質問にも、代表副社長「Matt Hurst氏」は次の様に回答しています。

私には会長の気持ちはわかりません。しかし、その気がないと言ったら私は驚きますね。

2度目の延期がなければ、もうすぐ開業となりますが、それまでは、紹介ムービーを見て、ワクワクして待っていましょう!

Tiger Resort Property Video - YouTube

出典:YouTube

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

プリンセスクルーズ内のカジノで過去最高20万ドルのスロットトーナメントと事前プロモー…

世界中の海を豪華客船で航海しながら、極上のエンタメや時間を過ごすことができる豪華客船プリンセスクルーズ(Pr…

ますかるぽ〜ね

G2E 2018で、IGTが新しいスロットゲームを発表。今後のランドカジノの顔になる…

ランドカジノ・オンラインカジノでも数々の人気スロットを可動させているIGTが、カジノゲームの国際見本市「G2…

ゴルゴ48

オンラインカジノ専用?「アタリ・トークン」は業界での人気仮想通貨になれるのか?

パックマンやスペースインベーダーで人気のゲーム企業「Atari(アタリ)」が、オンラインカジノ専用の仮想通貨…

ウルトラソウル

ラスベガスで高額ジャックポットを当てた数少ない日本人とは?

ラスベガスのカジノで高額ジャックポットを引き当てたニュースがメディアで話題になる事がありますが、あまり日本人…

REAL LION

2013年スタートのマカオゲーミングショーとは?各社を紹介する美人コンパニオンにも注…

2013年から始まったカジノ関連企業の国際見本展示会「マカオゲーミングショー」に注目してみました。ゲーミング…

茶豆

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

泥棒猫ナミ

世界のカジノリゾートは、ギャンブルの場所だけではありません。女性でも楽しめるエンタメ施設が充実しているのです!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集