6人のチームで、バカラで不正行為

2018年8月17日に業務上横領の罪でマカオのカジノディーラーを含む6人の逮捕された。 この6人はチームを組んで、マカオ半島新口岸地区のカジノで負けても払い出しを行うという手口で、チップを不正獲得していた。

このチームは、前科のあるもと46歳の女性ディーラーが犯行計画を作成。 バカラテーブルで、実際にディーラーとして入る、51歳の女性ディーラーと、客に扮してプレイする4人の中国人男性で構成。

現場で目が届きにくい様に画策しながら、バカラでのプレイが行われ、その結果、勝負に負けたとしても、ディーラーが仲間に配当としてチップを付与していた。

セキュリティが監視システムで不正を確認

犯行がバレたのは、2018年8月14日の午後。 当該カジノのセキュリティが、監視システムの映像で、負けた勝負で、ディーラーが配当37,000香港ドルを渡したことを確認。警備員と警察官とで、この6人を逮捕した。

この6人は、2018年7月29日にも同様の手口で、246,000香港ドルのチップを獲得している。カジノでしばしば耳にする犯罪は、こういったチップを狙ったものが多く、これまでは監視システムで見抜けていなかった事が露呈された。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

今後しばらくフィリピンでカジノの開業は無い!?ドゥテルテ大統領がカジノ産業の新規認可…

強硬派として世界中に知られるフィリピンのドゥテルテ大統領は、不明確なライセンス付与の入札状況や、国家にとって…

Mr.X

世界のカジノ企業を表彰する国際ゲーム賞「International Gaming A…

2008年よりスタートした、その年のカジノ業界で輝きを放った企業を表彰する国際ゲーム賞「Internatio…

カジノ通信社

映画RAMBO(ランボー)がオンラインゲーミングでビデオスロットになって帰ってきた。

アクション映画を代表するスター「シルベスター・スタローン」が演じた代表作の一つ「RAMBO(ランボー)」が、…

CR7

日本がシンガポール型のIRカジノを手本にするとオンラインカジノは違法となる!?

マリーナベイサンズで日本人にも有名なシンガポールは、政府としてオンラインカジノやブックメーカーなどのオンライ…

Re:JAPAN

世界の人気メディアが選んだ「世界で最も価値のあるカジノ10選」

世界で人気のあるカジノというと、最近流行りのカジノリゾートなど、ギャンブル性が高くて、中国系のプレイヤーが集…

OKAXIL

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

プリオン

世界のカジノ情報をいろいろとご紹介させていただきます。遊びにいかれる予定の方は参考してくださいネ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集