11月9日にカジノ合法化に向けて審議入りへ

ついに長らく話題に上がっている「日本のカジノ合法化」に向けたカジノ法案が国会での審議に入る事がわかった。当初は東京オリンピックに合わせてという話しもあったが、そうとなると、2020年まで4年。建物を新しく建築するとなると、3年程しか時間が無く、今国会での成立がタイムリミットとも言える。

他法案の進展状況によるか!?

現在の国会では、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案や、公務員の給与関連法案など、審議されている件が多く、カジノ法案「特定複合観光施設区域整備推進法案」への審議入りが遅れている・・・。

思い起こせば、昨年の通常国会でも同様にカジノ法案が提出されましたが、審議に入る事はなく、継続案件のままとなっていました。

今国会でも、放置されてしまう可能性も残されている。

自民党と日本維新の会が推進で足並みをそろえている。公明党は審議入り自体は容認するが、ギャンブル依存症などへの懸念から慎重論が根強く、対応に苦慮しそうだ。ただ、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案をめぐる与野党の対立が続く中、今国会での成立は不透明だ。
山本有二農林水産相の相次ぐ失言により、TPP承認案の衆院通過が与党の当初の見込みよりずれ込むなど、日程は窮屈さを増している。自民党内にも「カジノ法案の今国会成立は厳しい」との見方がある。 

「調整」が必要な物は何なのか?

現在、文句無しに何でも押し通せる状態にある自民党は、カジノ法案に前向きで、東京都の小池知事もIR肯定派である事は間違い無い。

公明党が言っている「ギャンブル依存症などへの懸念」は、パチンコがある日本ではどう考えても不自然で、パチンコ業界との繋がりを大事にしているとしか考えられない。

その他、カジノ合法化に慎重な方々も、特に「ギャンブル依存症などへの懸念」がメインテーマでは無い気がする。

次期衆院選や来年の東京都議選を控え、カジノに慎重意見の強い支持層を無視できない。

この辺りのいわゆる「政治の世界」のいろいろが整理されないと、日本のカジノ合法化は難しいでしょう。

って事は、今国会での成立は「無い」かもしれません。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

日本企業が運営していたドリームカジノが摘発!運営者を逮捕された内容を解説。

2012年にサービスが始まったオンラインカジノ業界で割と新しいサービス「ドリームカジノ」が摘発。運営者が逮捕…

ウルトラソウル

デイサービス内で行われるカジノゲームを禁止する条例が可決された。

高齢者向け施設であるデイサービスの新しい形態として注目のカジノ型デイサービスが規制される動きとなっていますが…

麦茶

日本にカジノがやってくるのか!?統合型リゾート施設(IR)整備推進法案

いよいよ現実味もましてきた日本のカジノ合法化。今後どうなっていくのでしょうか?

SPIDERMAN

たった2日でスピード可決!ついに日本のカジノ合法化は決定的!

日本にカジノを含む統合リゾート施設を作る法案「IR法案」が衆議院内閣委員会でスピード可決された。与党さえまと…

カジノ通信社

闇カジノ賭博問題で、バドミントン界のエース達が次々と!でも、何故逮捕されないのか!?

野球賭博問題から始まり、オンラインカジノプレイヤーの逮捕、そして、バドミントン界のエースの闇カジノ賭博問題・…

まきおう

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

Re:JAPAN

いずれは日本が世界最大のカジノ大国になる、と予想する漢です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集