ウィン・パレス・マカオ・コタイ

今回のマカオ旅は、2016年マカオのコタイ地区にできた、ウィン・パレス・マカオに。 ホテル前では、噴水ショーが行われていて華やか。

数々の賞に輝く魔法のようなリゾートをラスベガスとマカオで開業したウィン・リゾーツは、おそらく過去最大級となるリゾートの傑作を2016年に開業させました。ここウィン・パレスは、極上の高級リゾートライフの要素をすべて集めた壮大な隠れ家です。並外れて豪華な1,706室の客室とスイートルーム、魅惑的なレストラン、贅を極めたスパ、世界最高レベルのデザイナーズブランドを網羅したショッピングエリアなどのすべてが、ファンタジーとスペクタクルでさらに魅力を増しています。フォーブス・トラベルガイドで、独立系ホテルグループとしては世界最多の5つ星を獲得しているウィン・リゾーツ。そのファミリーの最新施設であるウィン・パレスは、ラグジュアリーなホスピタリティの世界に新しい基準を築き上げました。

とりあえず、空港からシャトルバスにのって、ウィン・パレスに到着。 到着する場所は、正面では無く、正反対の場所にある裏口。

裏入り口から入ると、そこはショッピングモール。 多くの有名ブランドが立ち並ぶ、良い雰囲気がありながら、正面にはカジノへの入り口が。

大体どのカジノでも、マカオは、観光客はほぼセキュリティーゲートを通るだけでOK。パスポートを見せろと言われることはほぼ無い。言われるとしたら、21歳以下に見える人だけ。

カジノ内の撮影はNGなので、写真は無いが、カジノの雰囲気は最高級。赤と白・金色を基調とした、品がある豪華な感じで、居心地が良い。

ゲームは、バカラが多いが、ブラックジャックや、ルーレットなど、定番のゲームがしっかりと揃っている。ベット額は、500香港ドルからあるので、遊びやすい。

ホテル内も豪華で気品がある

ホテルの中も豪華。何より「良い匂い」。この時期は、花々の芸術という事で、様々な場所にモニュメントがあって、目でも楽しませてくれる。

花々の芸術

花々の芸術

ウィン・パレスが、デザインテーマの中心に据えているのは花々です。その喜びと美しさをリゾート全体で祝福し、色彩、デザイン、風合いの饗宴を作り上げます。著名デザイナーのプレストン・ベイリーが、ウィン・パレスのために制作した巨大な花の彫刻は、まさにこのリゾートのシンボル。無限の才能を持つプレストン・ベイリーは、そのユニークな色彩感覚のスペクタクルをウィン・ラスベガスで表現し、その後すぐにこのような魅力的な作品ならば、壮麗なウィン・パレスの中で展示するのに相応しいと確信したのです。驚くべき彫刻群をどうぞお見逃しのないよう、記念撮影のためにカメラをご持参ください。

帰りや徒歩での遊びはゴンドラに乗ろう

ウィン・パレスは正面が池の噴水ショーがあるので、ホテルやカジノに来た人の移動が大変。毎回シャトルバスで移動するなら良いが、シャトルバスも余計な場所に止まったり、グルグル遠回りになる。タクシーは、ボッタクリする運転手が多いからストレスをもらいたくないから乗りたくない。

コタイ地区で遊ぶなら、ここウィン・パレスからなら、MGMコタイは目の前。シティ・オブ・ドリームスもすぐそこ。 ベネチアンや、パリジャンなども、15分位歩けば到着するので、徒歩での移動がお勧め。

って事で、中からはゴンドラがお勧め。

ホテル内のゴンドラ乗り場に行くと、順番待ちの列。でも、どんどん進むので、全然待った気はしません。

 ゴンドラは、こんな感じ。1台に4人乗れます。

ゴンドラからの噴水ショーもなかなか良い感じ。

正面に到着したら、しばらく噴水ショーを見て楽しんで移動しましょう。

大体の方が、いろんなカジノに入ってから、この噴水ショーを目当てに、徒歩でウィン・パレスに辿り着きます。なので、この正面からゴンドラに乗る方が多い。(だって無料だから乗りたくなるし・・・)。

ゴンドラからの噴水ショーも見たい!ってなるから仕方無い。なので、正面から乗るゴンドラ乗り場は長蛇の列になっていて大変です。

ゴンドラに乗りたいなら、ホテル内からがお勧めです。

総合的に、ウィン・パレス・マカオが一番落ち着くかな。お勧めです。

ウェブサイト

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

安くて良い食材が食べられる。マカオでの食事は、カジノ内がおすすめです。

多くのカジノリゾート施設が建ち並ぶマカオ:コタイ地区。色々なレストランがあるから選択に困るけど、観光客向けの…

キン肉マン

最高5億円のアートも!パラダイスシティの中は芸術品だらけ。散歩がてらにアートウォッチ…

パラダイスシティホテル&リゾートは、「ART-TAINMENT RESORT」の名前の通り、高級美術品が沢山…

ワールドカジノナビ編集部

坂上忍やザキヤマ、ロバートも訪問。日本人限定のブラックジャック大会やべッティングクー…

日本から一番近いリゾートカジノ施設である韓国・仁川にあるパラダイス・シティカジノがどんどん盛り上がっている。…

カジノ通信社

マカオのスタジオ・シティは、VIP用カジノが無い、一般客を大事にするカジノリゾートみ…

Melco Crown Entertainmentが開発した、マカオのコタイ地区にオープンした映画をテーマに…

ゲスの極み

パラダイスシティのオープン当初の問題点と、今後の展望について利用して実際に感じた事。

開業して初めての大型連休GWにパラダイスシティを訪問して感じた、オープン当初の問題点と、今後の展望について利…

ワールドカジノナビ編集部

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ゲスの極み

カジノもリゾートも好きなカジノを愛するゲスです。私以外私じゃないの。そりゃ当たり前だー。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集