北海道でカジノ運営を目指す7企業が展示会を開催

遠くない未来に、日本には、カジノを含む統合型リゾート地(IR)が3つ誕生する。これは既に決まっている事である。 未定なのは、日本のどの地域が、この3箇所の権利を獲得できるのかという点と、どのカジノ企業が権利を得る事ができるのかという事である。

カジノが誕生するまでの仕組みとしては、認可を申請するのは、カジノができる自治体。まずは自治体が、カジノ運営事業者を公募・選定し、決定後、具体的な企画を持って、国に申請を行う。国は、日本各地から申請された中から、3箇所を選び、許認可を与える。

今は、まだ自治体が事業者を選定する前の段階にあるので、日本でのカジノ運営を行いたい事業者は、目指す地域に多くのアピールを行っている。北海道で今回開催された展示会もその一つである。 参加した、アメリカと中国の7つの事業者は、カジノだけでなく、訪れた人々が楽しめるエンターテイメントを沢山アピールしたい考えだ。

世界各国の大手カジノ企業が・・・北海道 誘致が本格化(19/01/09) - YouTube

出典:YouTube

去年にIR(統合型リゾート)実施法が成立してカジノの設置が可能になったのを受けて、各地で誘致の動きが本格化しています。北海道では海外のカジノ事業者らが巨額な投資を掲げるなど、売り込みが激しさを増しています。

参加した7つの事業者

今回、北海道でのIR運営に名乗りを上げているのは、以下の7社になります。いずれも、アメリカやマカオで人気のカジノを運営している事業者ですが、日本人にとって、イメージの良いのは、シーザーズ、ハードロック、メルコ辺りかもしれません。

・シーザーズ・エンターテインメント
・ハードロック・インターナショナル
・メルコリゾーツ&エンターテインメント
・インスパイア・エンターテイメントリゾート
・ラッシュ・ストリート・ジャパン
・SJM
・クレアベスト

日本では、大きなイベントとして、2020年に東京オリンピックが開催され、その後、2025年には大阪万博が予定されているので、カジノの開業時期は恐らく、2020年から2025年の間になるでしょう。

【HTBセレクションズ】特オシ! 北海道にカジノはできる!? - YouTube

出典:YouTube

IR関連法が成立し、国内3か所の設置に向けて動き出している。国内候補地は?道内は?
なぜ今、北海道なのか?を海外企業のキーマンが語る。

公式ウェブサイト

北海道IRショーケース

第1回 北海道IRショーケース 公式ホームページ。「観光立国」実現のため、世界最高水準のIRを北海道に!

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

カジノ法案の政府案が続々。カジノ税は3割、開業調査費は事業者負担など

日本のカジノ法案の具体的な政府案が続々と発表されている。先日、入場者に関する案が話題に上ったが、今回発表され…

プリオン

日本にカジノがやってくるのか!?統合型リゾート施設(IR)整備推進法案

いよいよ現実味もましてきた日本のカジノ合法化。今後どうなっていくのでしょうか?

SPIDERMAN

日本のカジノ合法化はどうなった?東京オリンピックまでに日本にカジノは出来るのか!?

東京五輪まで残り4年となり、オリンピックまでにカジノが出来るかどうかギリギリになってきました。リミットは来年…

Re:JAPAN

フランスのバリエールが日本のIRヘ名乗りを上げた。初期の3カジノ枠に入る事ができるか…

フランスのカンヌやパリ近郊にカジノを運営する、フランスのカジノ大手、グループ・ルシアン・バリエールが日本の統…

ドラえもん

日本のIRカジノ法案の具体案が続々「日本人の入場は週3回まで」マイナンバー提示義務付…

日本の統合型リゾート(IR)誕生に向けてのカジノ法案の内容が具体的になってきた。まだ決定ではないが、細かくあ…

ハラっぱ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集