横浜の違法カジノ店が摘発

2018年7月23日に、神奈川県横浜市中区にある違法賭博店「Gets(ゲッツ)」を営業していた経営者が逮捕された。店内では、バカラ賭博を提供しており、コミッション料金という名目で金銭を賭けていたようだ。

店舗は、昨年の9月に開店し、1年も経たない間に、約5億4千万円の売上となったいた。カジノという分野の金額の高さが伺える。

賭博場開帳図利の疑いで逮捕されたのは横浜市中区相生町の賭博店「Gets」の経営者(中略)容疑者で、7月2日、男性客にトランプを使ったバカラ賭博をさせ利益を得た疑いが持たれています。 県警は7月2日に店を摘発し、これまでに店長や従業員あわせて男5人を逮捕していて、(中略)容疑者の行方を追っていました。 県警によりますと店は去年9月頃から24時間体制で営業していて、一日あたり平均20人以上の客が訪れ、これまでにおよそ5億4000万円を売り上げていたとみられています。 調べに対し(中略)容疑者は容疑を認めているということで、県警は店の経営実態などを詳しく調べています。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

【マカオ】負けたプレイヤーにも払い出す形の不正行為で、ディーラーを含む6人を逮捕

マカオのカジノで、2018年8月17日に、カジノディーラーとプレイヤーがチームを組んで不正行為を行ったとして…

プリオン

2016年年末に完成予定!日本企業が作る初のIR施設「フィリピン・マニラベイリゾート…

日本企業ユニバーサルエンターテイメントがフィリピンに構える現地法人で開発している、日本企業が単独作る初のIR…

泥棒猫ナミ

イギリスのオンラインギャンブル市場の再編が加速!ウィリアムヒルが首位陥落!買収される…

EU離脱を表明したイギリスでは沢山の企業に変化が起きてきていますが、オンラインギャンブル業界にも、再編の波が…

かるちょ

オンラインカジノは違法と決まったのか!?日本初の逮捕者が出たスマトラプレイヤーの結果…

オンラインカジノの「スマートライブカジノ」で遊んでいた日本人のプレイヤーが、賭博法で逮捕されるという日本初の…

ウルトラソウル

世界が目指すIRのモデル。マリーナベイサンズはカジノだけに依存しない最高の観光都市

海外旅行の人気都市シンガポールの中でもシンボル的な存在であるマリーナベイサンズ。世界のIRビジネスでも一番の…

ARA-フォー

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

エリザベス

ロンドンに住んでいます。こちらでは、日常の中にブックやカジノがあるから、ギャンブルが好きなら、一度は訪れてみるべきですよ。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集