トランプ大統領誕生で伸びるとされる業界

現在の予想では、ヒラリー・クリントン氏が勝つという方が優勢ではありますが、もしドナルド・トランプ氏が勝利し、大統領になった場合に、トランプ政権の下で、伸びるであろう業界に注目が集まっています。

以下が、注目されている業界になります。

◎ ダークウェブとビットコイン
◎ オンラインカジノ
◎ アンドロイド端末
◎ スマート・フェンス(柵)
◎ 監視技術

この中に、入っている「オンラインカジノ」に注目です。

ドナルド・トランプ氏とカジノ

ドナルド・トランプ氏は、現在は、不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長という立場から、不動産王として知られていますが、以前は、アメリカのアトランティックシティにカジノ会社「トランプ・エンターテイメント・リゾーツ」を経営し、トランプ・タージマハルカジノリゾート(Trump Taj Mahal)と、トランプ・プラザ・ホテル&カジノ(Trump Plaza HOTEL & CASINO)、トランプス キャッスル(Trump's Castle)を展開するカジノ王として知られていました。

トランプ・タージマハルカジノリゾート(Trump Taj Mahal)

トランプ・タージマハルカジノリゾート(Trump Taj Mahal)

トランプ プラザ ホテル & カジノ (Trump Plaza Hotel & Casino)

トランプ プラザ ホテル & カジノ (Trump Plaza Hotel & Casino)

トランプス キャッスル(Trump's Castle)

トランプス キャッスル(Trump's Castle)

Trump Entertainment Resorts, Inc.(トランプ・エンターテイメント・リゾーツ)は、アメリカ合衆国のカジノ・ホテル運営会社。1995年設立。かつてジェームス・B・ペリー(James B. Perry)がCEOを務め、ドナルド・トランプが会長を務めていた。2014年の破産後に売却され、2016年現在はカール・アイカーンの会社の孫会社になっている。

トランプ氏はオンラインカジノを有望視している

こんなカジノと深い繋がりがあるドナルド・トランプ氏が長年有望視しているのが、「オンラインカジノ」なんです。

アメリカでのオンラインカジノは、2000年前後のオンラインカジノが世界に登場した頃は、世界で一番流行っている場所がアメリカという状態でしたが、マネーロンダリングなどの税金面やテロ・マフィアとの関係など、負の要素が多く出てしまい、2006年にオンラインギャンブル禁止法が成立され、全面的に禁止となってしまいました。

そして、時代が動き、2012年に「オンラインギャンブルは可能」という法案に修正され、州によって徐々に合法化され始め、2016年ではアメリカの3つの州(ニュージャージー州・ネバダ州など)でオンラインカジノが合法化されています。

オンライン・カジノといえば、2006年10月にUIGEAを制定しテロ対策・マネーロンダリング防止目的で非合法化されました。仮装空間ゲーム「セカンドライフ」でのヴァーチャル・マネーでのカジノも、あおりを受け禁止対象となりましたよね。一転して米司法省は2011年12月、リーマン・ショック後に急速に落ち込んだ税収の回復をねらう米議会の圧力に屈し、方向転換を余儀なくされます。解釈を変更し、オンライン・カジノ合法化の道を開きました。

2006年に禁止され、2012年に解禁となる間に、何があったかというと、答えは簡単です。カジノの税収が37%も減少してしまったのです。要するに、お金が必要になれば、許可したくなる業界と言えます。

トランプ政権になればオンラインカジノの障害を排除する?

そもそもトランプ氏は、カジノが大好きな人間であり、オンラインカジノにも注目しています。

でも、オンラインカジノで一番問題なのが、インターネット上で遊ぶ為のお金をプレイヤーが入金する際や、勝利したお金をプレイヤーに払い戻す際に必要な、送金手段。「銀行」の送金ブロックなんです。

全ての銀行がそうではありませんが、グレイな事は排除するのが銀行の方針でもありますから、オンラインカジノへの送金を許可しない場所がいくつかあるようです。

ドナルド・トランプ氏が大統領になれば、このオンラインカジノの障害となっている銀行の送金を全面的に許可する方向に動くだろうと言われています。

銀行の送金がOKとなれば、法律的にも問題が無いとなるので、オンラインカジノは活性化していく予想が立ちます。

トランプは長年、オンラインカジノを有望視してきた。現在、オンラインカジノを合法化しているのは全米で3州しかないが、他にも多くの州が解禁に向けて動いている。障害となっているのは、オンラインカジノサイトへの送金をブロックしている銀行の存在だが、絶対君主のトランプが命令すれば、彼らはただちに送金を許可するだろう。もちろん、カジノ王のトランプはこれによって莫大な利益を得ることになる。州政府も税収が増加して懐が潤うが、その大半をトランプに還元しなければ嫌がらせを受けい、不法移民を大量に収容することを強要されるだろう。

アメリカに「右へならえ」感のある日本でも合法化か?

良くも悪くも、アメリカに「右へならえ」感のある日本では、もしトランプ氏が大統領になり、オンラインカジノに対する政策がこう動いた場合に、どうするのでしょうか?

現在は、東京オリンピックに向けて、ランドカジノの合法化議論がなされる所ですが、ここにオンラインカジノも含まれてくる可能性もあるでしょう。

トランプ大統領誕生で、日本もオンラインカジノ合法化となるのでしょうか?

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

ギャンブル・カジノ業界 世界大富豪ランキング1位は、マリーナベイサンズのCEO。日本…

フォーブス誌がギャンブル・カジノ業界だけに絞った「世界大富豪ランキング」を発表。1位は、マリーナベイサンズの…

MINTIA

マカオのカジノで遊んだとして、元ヤクルトの投手「林 昌勇」が逮捕・起訴されたのは何故…

東京ヤクルトスワローズで活躍した韓国のプロ野球選手「林 昌勇(イム・チャンヨン)」が、マカオのカジノで遊んだ…

S.H.I.E.L.D.

新宿、歌舞伎町の闇カジノが摘発!常連客30人で利益は5ヶ月間で4000万円にも。

新宿のビルの一室でバカラ賭博店を営業していた闇カジノ店が摘発された。オープンからたった5ヶ月で4000万円の…

S.H.I.E.L.D.

マカオのカジノディラーが起こしたイカサマ行為の事件が多すぎる件。

今や世界一のカジノ大国であるマカオでカジノディーラーが起こしたイカサマ事件をまとめて紹介します。

S.H.I.E.L.D.

G2E 2018で、IGTが新しいスロットゲームを発表。今後のランドカジノの顔になる…

ランドカジノ・オンラインカジノでも数々の人気スロットを可動させているIGTが、カジノゲームの国際見本市「G2…

ゴルゴ48

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

Zulu DOLL

I love Las Vegas

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集