ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャック(Black Jack)とは、プレイヤーとディーラーのカードの数字の合計で勝負するカードゲームです。プレイヤーは、合計21という数字を目指して、ディーラーよりも数字が大きくなるようにカードを引いていきます。プレイヤーは先に勝負する数字を整える事になりますが、ここで21をオーバーしてしまうと、その瞬間に負けが決定してしまうので、ディーラーの数字は関係なくなってしまいます。

ディーラーは、ロボットの様に同じルールで動きます。自分の手が16以下であれば、無条件でカードを引き続けなければいけません。

このルールをうまく使って、プレイヤーは自分の数字だけで、ディーラーを上回る様に数字を整えたり、ディーラーが21を超える(バーストする)のを予想して、勝負したりという戦略をねって勝負します。

テーブルには、他の賭けもできる。

ブラックジャックのテーブルには、自分のカードの数で勝負する以外にも、賭けられる場所があります。例えば、「ANY Pair」という場所には、次の勝負で文字通り、同じ数のカードが来ると予想してベットする場所になります。当たれば配当が11倍になるので、大きいですが、その分当たる確率も低い勝負になります。

勝つには、自分の感覚より確率論の基本戦略

ブラックジャックには、先程説明した通りのカードの数によって、次のカードを引くか、止めるかという選択を求められ、結果が決まるゲームですが、次は、5が来そうだから・・・とか、次は、10が来そうだから・・・と言った、自分の予想だけで進めては勝てません。

スタートの2毎時は基本戦略を使い、3枚目から自分の予想

上記の絵の様に、スタート時には、プレイヤーに2枚のカードが配られ、ディーラーは、1枚だけが見えている状態になります。(上の絵ではディーラーのカードも見えていますが・・・)

上記の様に、10が2枚となった場合は、ディーラーのカードの見えている数字によってスプリットをしたくなってしまう場合もありますが、この2枚の状態では、勝負全体の勝率を高めるために、基本戦略(ベーシックストラテジー)を用いて勝負するのが大事です。

ブラックジャックのベーシックストラテジー

ブラックジャックのベーシックストラテジー

この表で説明されている通りに、スタート時のカードの組み合わせによって3枚目にとるべき行動を決めると、基本戦略に沿った形となり、勝利を高められるとされています。

一番左側の表は、違う数のカード2枚の合計数字によっての行動。真ん中の表は、1枚がA(エース)で1枚が数字という場合の行動。右側の表は、2枚が同じ数字のカードとなった場合の行動パターンになります。

基本戦略(ベーシックストラテジー)とは、ゲームは確率論であるという考えからできているもので、ディーラーがルールに沿った攻め方しかしてこないのであれば、こちらもルールに沿った攻め方をしよう。という戦略となります。

ディーラーの2枚のカードの合計が16以下であるときは、つねにヒットするというルールがあります。また、2枚のカードの合計が17以上だと、かならずスタンドしなければなりません。

この規則性を逆手にとって、いかにディーラーをバーストさせるか、いかにプレイヤーがバーストせずに、より多くの配当を得ていくかを研究して、編み出されたものがブラックジャックのベーシックストラテジーといえます。

初心者のうちは、ベーシックストラテジーという「早見表」を見ながらブラックジャックをプレイすることにより、負ける確率を下げることができます。
それは、とりもなおさず勝率アップにつながる、ということですね。
ブラックジャックでは、「ベーシックストラテジー(基本戦略)」という賭け方の指針ともいうべき方法が確立されています。これに従ってプレイすることにより高い期待値を得ることができます。
ベーシックストラテジーに従ったプレイを実践するだけで、控除率は0.3%程度にまで抑えられます。

基本戦略(ベーシックストラテジー)はツマラナイ?

基本戦略(ベーシックストラテジー)で勝負しようと言われると、なんだかルールに沿って、そのまま遊んでいるだけと思われるので、何だからおもしろくなさそうと思われる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

基本戦略(ベーシックストラテジー)は、基本的には、確率論に沿っているので、ブラックジャックが好きで、よく知っている人であれば、基本戦略(ベーシックストラテジー)を知らなくても同じ行動をするはずなんです。

要は3枚目からの自分の予想が勝負を決するには大事なので、基本戦略(ベーシックストラテジー)の通りに遊んでも、勝負感はしっかりと味わうことができますよ!

カウンティングという手法もあるが・・・

ブラックジャックには、過去の数字から勝率を上げるカウンティングという技もありますが、反則行為であり、見つかると退出を申し出される可能性もありますし、バレないとしても、それほど簡単にできる技法ではありません。

これは、1つのテーブルで使われるカードの総数が有限であることから、「すでに開けられたカードを記憶することで、残されたカードがプレイヤーにとって有利か不利かを見極めて、ベット額を増減する」という技術だ。

「残されたカードが10(絵札を含む)とAが多くなれば、プレイヤーにとって有利となります。逆に、2~6の低いカードが多ければ、ディーラーがバースト(22以上)する確率が減るので、プレイヤーにとって不利となる。ですから、シャッフル後、0からスタートして2~6のカードが開かれたら+1、10~Aのカードなら-1と増減を繰り返して、規定値(仮にカードを6デッキ使用していれば+16)に達したときにベット額を上げて利益を最大化します」

基本戦略(ベーシックストラテジー)と、カウンティングの両方を用いて、ブラックジャックで勝負できる程の、頭脳明晰な場合は、負け知らずになれるかもしれません・・・。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

サイコロの出目予想ゲーム。単純明快で、アメリカ人に大人気の「クラップス」で楽しもう!

クラップスというカジノゲームの名前だけを聞くと、いまいちピンと来ませんが、サイコロを転がして出目を予想するゲ…

ベジータ

攻撃的に手堅く勝負しながら一攫千金を狙う「パーレー法(逆マーチンゲール法)」

カジノゲームの中でも50%の結果になるゲームに使える攻略法の1つ「パーレー法(逆マーチンゲール法)」。マーチ…

Mr. GO-MA

どのカジノが同じグループ?マカオのカジノ経営権について知りたい!

マカオには2016年5月現在、30以上のカジノがあります。 同じポイントカードが使えるカジノがあるのはなんで…

アルティメット大福

カジノの「女王」ルーレットを存分に楽しみながら勝つ!単純なゲームに潜む必勝戦略の研究…

カジノ初心者でも楽しめる間口の広い「ルーレット」。カジノの歴史とともに歩んできたこのゲームの真の魅力と攻略法…

Bロッド

カウンティングが簡単!?イギリス版ブラックジャック「ポンツーン」って何だ?

カジノの花形と言えば、バカラ・ルーレット・ブラックジャックが3大ゲームともいうべき存在となり、案外知られてい…

ふぃりぴーな

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ゲスの極み

カジノもリゾートも好きなカジノを愛するゲスです。私以外私じゃないの。そりゃ当たり前だー。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集