日本のカジノ合法化法案が成立。

議論が話題に上ってから、あれだけ先延ばしされてきたり、反対の意見も多かった日本のカジノ合法化が、決まっていた事の様にスルッと国会で承認されてからしばらく時間が経ち、徐々に今後についての話題が出てくるようになりました。

まずは、日本にカジノ(IR)が誕生する事は確実なので・・・

日本のカジノは成功するのか?

日本は2020年の東京オリンピックに向けて様々な対策がされており、アベノミクスでのここ数年の円安誘導で1ドルは80円から130円に届きそうな勢いとなっています。海外の方からすれば、自国の通貨高で円の価値が安い訳ですから、旅行費用も日本での滞在費もお得になっています。この影響で日本に来る外国人は、2010年に約860万人から2015年には約2000万人となりました。

海外旅行に行った際に、気持ちも高ぶっているし、滞在期間も短いので、それ程早く眠るのも勿体ない!だからカジノがある国では、夜中もやっているカジノに足を運んで遊ぶ人が多い。

日本の場合は、現在はカジノがありませんから、旅行者は夜中もやっているレストランやバーなどで楽しむしかありません。2016年は2000万人以上ともなる訪日客がいれば、日本にカジノが出来ても成功すると考えられますが、カジノと深い関わりがある「ある方」の興味深いコメントがありました。

その主は大王製紙元会長 井川意高氏

その主は大王製紙元会長 井川意高氏

井川意高氏と言えば、マカオのカジノにハマって多額の借金を作り、その借金を返済する為に、会社のお金に手をつけ、そのお金も失い・・・結果「106億円」というお金をカジノで失い、特別背任の罪で懲役4年の実刑となった人物。

井川意高氏が仮出所した2016年12月14日の翌日15日にカジノ法案は成立したのです。

井川意高氏は日本のカジノは「うまくいかない」とコメント。

政府からお金の流れが厳密に監視され、自前の監視装置にかかるお金やディーラーなどに支払う人件費もバカになりません
大勢の人達がバカラなどに興じるカジノでは、賭け金は1回1000円単位と少額で大半が赤字。実はカジノが儲けを出している場所は、過去に私がハマったように、人目に付かない個室。そこで億単位でやってくれる顧客がいて、黒字を出すのです。そういったVIPの扱いに日本人は慣れていない。
彼らは基本的に手ぶらで来ます。最初遊んで、ある程度信用ができれば、カジノは20億円くらいは平気で貸す。そこで問題となるのは、彼らが負けた場合、日本人が中国まで取立てに行かなければならなくなることです。シンガポールやマカオでは、長年の経験から強面の人達を使ったりして取立てるノウハウがある。

このかなり深い話に対して、一般の方も多くコメント。

「中国人VIPからは取り立てできないからやめとけ」という超現実的な話。経験者がいうと説得力ある!
学がある依存症の人は言葉が重いね。もう少しはやくインタビューする機会があれば良かったのだけど。
そうか、取り立てね。支払うまで帰国禁止とか?大使館に逃げ込まれちゃうか…。強面派遣しても中国じゃ返り討ちにされそうだしねぇ。
反IR法案派はこういう意見を前面に出すべきだった。しかしハマコーがこの世にいないのが惜しまれる。
「日本人が返済を迫ったところで相手にされません」

確かにその通り。
逆に取り立てる人間が拘束されるだろうと推測。

失敗した人から学ぶ事は多い・・・。日本でカジノ運営に携わるのが経験の無い日本企業しか無い事は間違い無い、今年の春には、セガサミーが韓国でカジノリゾートの経営に参加してノウハウの蓄積を進めていくでしょう。ですが、この辺りを本当にリスクオフにするには、シンガポールの様に、サンズグループなど、経験深い外国のカジノ企業におまかせするのがベストかもしれません。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

ついにカジノ法案が審議入り!今国会での成立となるのか。

昨年の通常国会でも継続案件として審議がもちこしとなったカジノ法案「特定複合観光施設区域整備推進法案」が11月…

Re:JAPAN

たった2日でスピード可決!ついに日本のカジノ合法化は決定的!

日本にカジノを含む統合リゾート施設を作る法案「IR法案」が衆議院内閣委員会でスピード可決された。与党さえまと…

カジノ通信社

カジノゲームで遊べるだけで換金は出来ないカジノバーを営業して逮捕・・・いったい何故?

京都でカジノゲームを楽しめるバーを経営していた経営者が逮捕された。このカジノバーでは、ゲームを楽しめるものの…

ますかるぽ〜ね

日本企業が運営していたドリームカジノが摘発!運営者を逮捕された内容を解説。

2012年にサービスが始まったオンラインカジノ業界で割と新しいサービス「ドリームカジノ」が摘発。運営者が逮捕…

ウルトラソウル

カジノ船「オーシャンローズ」はいつの間にか無くなっていた。

長崎と上海の航海中にカジノで遊べるカジノ船「オーシャンローズ」がいつの間にか撤退していました。

ゴリラテ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

天然水

日本のカジノ合法化論。世界で成功しているカジノ。いろいろな視点で執筆しております。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集