ラスベガスでジャックポットを当てた日本人がいる。

ラスベガスで「億」を超える金額のジャックポットが当たったというニュースがたまにメディアを賑わせることがありますが、ほとんどアメリカ人や外国人で、日本人が当たったという話題を耳にする事はありませんでした・・・ですが、調べてみると、日本人がジャックポットを当てた事があるようなんです。

当てたのは「この人」。

東京在住の40代の会社員

東京在住の40代の会社員

手に持っている大きな小切手が当選したジャックポット金額「$581,670.11 」。当選した2007年6月当時の為替レートだと「約7000万円」が当たった事に!

億越えでは無いが、凄い額の当選。

ラスベガスのジャックポットというと、当選が出てリセットされても1000万ドル(約10億円)から始まる「メガバックス(MEGABUCKS)」が有名ですが、この日本人男性が当てたのは、「ホイール・オブ・フォーチューン(Wheel of Fortune)」という機種。

Wheel of Fortune

Wheel of Fortune

1~3 ラインに掛け金を張ってスロットを回す。ゾロ目が出ると当たりなわけですが、中でも Wheel of Fortune アイコンのゾロ目が出ると、台の上にあるホイールが回転して大当たりが出る、という仕組みです。

Wheel of Fortuneは、上記の説明通り、通常のボーナス時は、上のルーレットがグルグル回って、止まった場所のコイン枚数が貰えますが、ペイラインに「Wheel of Fortuneのロゴマーク」が止まれば、その瞬間にジャックポット確定となります。

ご夫婦での当選達成!

この日本人男性は、単純に1人で「ジャックポット狙うぞ〜」とこの「Wheel of Fortune」に座ったわけではないようです。

ご夫婦で、ラスベガスに訪れて、偶然この台に座って当選したみたいなんです。詳しい状況が載った、インタビュー記事がありました。

私たち夫婦はラスベガスが好きで、今回が5回目の訪問です。
大当たりが出る兆候や予感などまったくなかったですね。
その晩はカジノで遊ばずに早めに寝ようかとも考えていたぐらいです。
私は 「今日はもう寝ようよ」 って言ったんです。でも妻は 「飲みたりないから売店へビールを買いに行く」 と言い出し、仕方なく付き合って売店へ行ったら、「ついでだからスロットちょっとだけやろうよ」 っていうことになり、彼女の言葉に負けて 「じゃぁ軽くやるか」 っていうことで、カジノで足を止めちゃったんです。
「こういう台、眠くなるから上がグルグル回る台でやってくるよ」
とりあえず軽い気持ちで 25セント用の Wheel of Fortune 機の前に座りました。

という結果、男性は、たまたま1台しか空いていなかった「Wheel of Fortune」に座ることに・・・。1台だけ当選する台が空いているなんて、何か運命的な物を感じますね・・・。

投資金額は25ドル

男性は、最初に15ドルを投入し、25セントゲームを開始。5ドル位が減って、奥さんを確認したら、まだ続けそうだった為、追加で10ドルを投入。

ここからは、しばらくボーナスが当たったりしながら、ゲームを続けていたらしいです。

そして、運命の瞬間が訪れる・・・。

3つの絵柄がそろう・・・

3つの絵柄がそろう・・・

左側のリールから 「Wheel of Fortune」 のシンボルマークが止まり、次のリールでも同じマークが、そして3番目のリールにもそのマークがピタリと停止。
 一瞬の出来事だったので何がなんだかわからなかったんですが、1000枚とか 2000枚とか、何かが当たっただろうぐらいのことは思いましたよ。

58万ドルの受け取りの流れ

この男性の様に、もしかすると、あなたもラスベガスでジャックポットを手にする日が来るかも知れません。その場合に備えて、ジャックポットが当たった場合の流れをあらかじめ頭に入れておきましょう。

◎ ジャックポットが当たったら・・・。

◎ ジャックポットが当たったら・・・。

・まず、カジノの従業員を呼ぶ。
・ジャックポットが出たと伝える
・スロットでしばらく待つ
・偉い人が来る
・おめでとうと言われ、ガードマンが付く
・正常な当選かどうかのチェックが行われる
・その間に、大きな小切手に当選金額を書いて記念撮影
・スロットのチェックが終わるまで待機
・チェックが終わり、ジャックポット当選確定
・出目を崩すファーストスピンを行う
・賞金を受け取る手続きの為、別室へ移動
・受け取り方の選択などを決める
・メディアに当選情報を流す承諾をする
・税金について説明される

当選金額の受け取り方

ジャックポットで当選した金額は、高額の場合は分割になる事が多く、この男性の場合も、20回払いを提示され、初回分を小切手で貰えたそうです。その後は、毎年分割で振り込まれるという流れ。

当然、外国人ですから、30%の税金を引かれます。
(ITINナンバーを持っていれば、日本に帰ってからの納税も可能)

この方は、税引き後の金額$20,358.46の小切手を受け取ったようです。

この金額を20回受け取ると、407169.2ドルになるので、約18万ドル税金で取られたという事になります。

一括受け取りも可能。

アメリカの何百億円も当たる宝くじの当選者が出たというニュースで、一括で受け取るか、分割で受け取るかという件が必ず話題に上がりますが、カジノのジャックポットでも、同様に「一括受け取り」を希望する事も可能です。

ですが、一括で受け取る場合は、金利を計算し、45〜50%は搾取されてしまいます。この男性の場合は、48%が引かれるという事だったようです。

48%も引かれると、受取額は、302468.45ドルになるので、約7000万円もあたったのにも関わらず、受け取れるのは約3700万円という事に。

高額当選は嬉しいですが、いろいろ考えさせられますね。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

プリンセス天功がオーナーのカンボジアのカジノ「ゴールデンパームカジノ&ホテル」はどう…

カンボジアの経済特区としてカジノタウンとなっている街「バベット」に2012年に誕生した世界的イリュージョニス…

ヨドバシガメラ

愛媛県新居浜市の「偽」観光案内サイトが悪質な手口でカジノへ誘導している件

愛媛県新居浜市の観光案内サイトの旧URL(ドメイン)を契約した人物が「偽」観光案内サイトを公開して、オンライ…

ますかるぽ〜ね

バンダイナムコがカジノゲーミングゲーミング市場へ参入!日本のキャラがカジノで楽しめる…

バンダイナムコエンターテイメント社が、ついにカジノ向けゲーミング市場に参入する事になった。とはいえ、カジノ関…

天然水

世界でカジノが合法化されている国がどれぐらいあるのか調べてみました。

日本のカジノ合法化が騒がれていますが、世界中で見てみると、どれぐらいの国がカジノを合法としているのか調査して…

ハラっぱ

2013年スタートのマカオゲーミングショーとは?各社を紹介する美人コンパニオンにも注…

2013年から始まったカジノ関連企業の国際見本展示会「マカオゲーミングショー」に注目してみました。ゲーミング…

茶豆

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

REAL LION

カジノ記事を書いてみちゃうよ〜。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集