竹内力さんがマカオの帝王に!?

漫画「ミナミの帝王」で主役の万田銀治郎を演じている、テレビで大活躍の人気俳優 竹内力さんがマカオのカジノホテルの買収に乗り出す可能性があるというニュースがマカオ新聞で報じられました。

マカオのIR施設を視察

マカオのIR施設を視察

記事によると、マカオのカジノホテルの買収計画がある日本企業の名前は、東京都渋谷区に本社を構える株式会社リキプロジェクト。名前からわかるとおり、竹内力さんが代表取締役会長を務める会社です。

このリキプロジェクトが発表した内容は以下の通り。

マカオの著名レストランを複数傘下に持つ現地飲食業大手のG&L Group(中国語社名:怡柱集團 本社:マカオ)とリゾート観光及びコンサルティング事業を手掛ける総合商社企業のZANN Group(本社:米国ネバダ州)と提携し、マカオのカジノホテルの買収計画を進めていると明かした。

このプロジェクトは1年以上前から準備してきた物らしく、このカジノ王国であるマカオの地で日本らしいサービスを提供するエンターテイメント施設を作りたいと考えている様です。

竹内力さんのコメント

「日本企業や日本人はもっと積極的に世界進出すべきであり、エンターテイメントやアミューズメント分野も早く世界に通用するレベルにならなければならない」
「今後は世界各地から年間約3000万人以上のインバウンド旅客が訪れるマカオにおいて、エンターテイメントを中心とした日本らしさが光るカジノリゾートホテルのスタイルを確立し、日本のエンターテイメント、アミューズメント、カルチャーのアジア、そして世界に向けた発信拠点にしたい」

今回の買収に際しては1000億円規模の資金が必要になるらしく、協業パートナーと共に、政府・買収先との交渉が進められ、2017年2月末には契約するとの事。

契約時には、プレスリリースの発表も行われるらしいので、近い内には、どんどん具体的な話が発表されそうです。

人気俳優で沢山のファンがいる竹内力さんが手掛けるとなると、協業パートナーも提携企業も沢山あつまりそうですし、何より今年のカジノビジネスへの着手は、2020年に向けた日本のIR構築の際に大きなビジネスにも発展しそうです。

ミナミの帝王から、マカオの帝王へ、そして、ノウハウと蓄積した後は「カジノの帝王」へと進化が止まらなそうです。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

世界のカジノ企業を表彰する国際ゲーム賞「International Gaming A…

2008年よりスタートした、その年のカジノ業界で輝きを放った企業を表彰する国際ゲーム賞「Internatio…

カジノ通信社

世界のカジノ産業をリードする有名カジノ企業7選とオンラインギャンブル企業3選

世界にいろいろな場所に、ファミリーで楽しめるカジノリゾートが沢山誕生している現在。そんなエンターテイメントを…

ゲット・リッチ

日本がシンガポール型のIRカジノを手本にするとオンラインカジノは違法となる!?

マリーナベイサンズで日本人にも有名なシンガポールは、政府としてオンラインカジノやブックメーカーなどのオンライ…

Re:JAPAN

2017年春。韓国に新カジノリゾート「パラダイスシティ」誕生!これからは仁川空港も人…

2017年春になると、韓国に訪れる理由がまた一つ増える。韓国の空の玄関口「仁川空港」側に日本企業も参画してい…

カジノ通信社

世界のカジノ事情はどうなっているのか?大陸ごとに見るカジノの動向を調査

日本のカジノ合法化が話題に上がっていますが、そもそも日本以外の世界のカジノ事情はどうなっているのでしょうか?…

プリオン

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

虎壱

にっかぽっかに、にっかぽっかなにっかをぽっかりな虎壱

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集