マニラにもシティ オブ ドリームス(City of Dreams)が!

City of Dreamsと言えば、2009年に出来たマカオが有名ですが、2015年2月にフィリピンの首都マニラにも、マカオと同じような巨大なカジノを含む商業施設「シティ オブ ドリームス マニラ(City of Dreams Manila)」が誕生しました。

シティ オブ ドリームス マニラ(City of Dreams Manila)

シティ オブ ドリームス マニラ(City of Dreams Manila)

Solaire Resort&Casino ソレア・リゾート&カジノに次ぐ、このCity of Dreams Manila シティ・オブ・ドリームス・マニラはカジノ・ホテル・ショッピングエリア・レストラン・スパなどがある高級エンターテイメント・リゾートです。

シティ・オブ・ドリームスは、政府が主導するエンターテイメント・シティ・プロジェクトの第二弾(第一弾はソレア・リゾート&カジノ)として、2015年2月にオープンした巨大カジノ施設です。ソレアから目と鼻の先、互いの施設が目に入る近隣に作られました。ニノイ・アキノ国際空港からは、車で10分程の場所に位置するマニラ湾沿いのエリアです。世界最大級のショッピングモールとして有名なモール・オブ・アジアからは、2.1kmの距離にあります。

運営会社は、マカオの「シティ・オブ・ドリームズ」等を経営するメルコ・クラウン・エンターテインメント(新濠博亜娯楽・香港)の子会社。親会社は、カジノ王スタンレー・ホー氏の息子ローレンス・ホー氏が率いることで有名です。今回は、総開発費に13億ドルを費やしたと言われていて、フィリピン財閥の1つSMグループも出資をしています。マニラには他にもソレアリゾート&カジノ、リアル・ワールド・マニラがあり、それぞれ車で10分圏内にあります。競争が激しくVIP客の獲得合戦で優位に立つため、相当力を入れて運営しています。

現状では、早くから開業しているソレアリゾート&カジノが一歩先を進んでいる印象がありますが、競合他社に競り勝つために、シティ・オブドリームスがどんな戦略を実行するのか、エンターテイメント・シティでの行方に注目が集まっています。

同社によると、これにより約5,000人の雇用を創出しているようです。ソレア・リゾート&カジノにもいえることですが、彼らはスラム街に住む貧困層の受け入れにも積極的です。リゾート会社の積極投資は、フィリピン社会のボトムアップに貢献しているといえます。

ソレア・リゾート・アンド・カジノSOLAIRE Resort and Casioに次いで第2弾として開業したのが、シティ・オブ・ドリームズCITY OF DREAMS MANILAだ。金色に輝く巨大なビルにカジノと三つのホテルを擁するまさに未来都市だ。

5つ星ホテルも含む豪華な宿泊施設

特にユニークなのは、宿泊環境です。6棟からなるホテル施設には、VIP御用達260室のオーストラリア高級ホテルのクラウンタワーズホテル、ダブルウィング2棟365室を備えるハイアットホテル、アジア初進出となったノブ・ホテルが入っています。

5つ星ホテル「Hyatt City of Dreams Manila」

5つ星ホテル「Hyatt City of Dreams Manila」

こちらも5つ星ホテル「クラウンタワーズ マニラ(Crown Towers Manila)」

こちらも5つ星ホテル「クラウンタワーズ マニラ(Crown Towers Manila)」

チェックインのためホテルのエントランスへ入るとあのクラウンホテルのフワッとした甘い香り。
前回、マカオのクラウンホテルに泊まって以来、完全にクラウンホテルのファンになりました。
チェックインもスムーズに出発の時間の確認モーニングコールの提案そつなく世間話で提案してくれるので快適なチェックインでした。
アジア初進出のノブ・ホテルも人気。

アジア初進出のノブ・ホテルも人気。

割とリーズナブルな料金で宿泊できる「Nobu Hotel Manila」もおすすめ。日本的な作りが受けているようです。(日本人に良いかはわかりませんが・・・。)

マニラのニノイ・アキノ空港の目の前に黄金に光る大きな建物の中に当ホテルはございます。
客室には高速Wi-Fiはもちろん、i-Podドッキングステーション、快眠に誘うベッド、NHK視聴可能なケーブルテレビをご用意しております。
また、大型カジノが1階と2階にまたがっており、お客様を魅了させるゲームがたくさんございます。

子供向けのエンタメ施設も充実

映画配給会社「DREAM WORKS」が、シュレックやマダガスカルのキャラクターで作った、子供向けのエンターテイメント施設「DREAM PLAY」があります。

家族旅行でシティオブドリームスに訪れた場合でも、このドリームプレイのアトラクションで、子供達は満足してくれるでしょう!

カジノフロアは規模は圧倒的!

カジノエリアは、吹き抜け2フロアにゲームテーブル365台、スロットマシン1680台が設置されていて、現地利用客を中心に毎日賑わっています。シティ・オブ・ドリームスは、近隣にあるソレアカジノ&リゾートよりも最低ベット額が小さいので、より気軽に遊ぶことができます。マニラにある最新のカジノ施設を存分にお楽しみください。

テーブルゲームは365台

テーブルゲームは365台

沢山のテーブルが並んでいますが、どの国のカジノでも同じように、ミニマムベットが小さいテーブルは混雑していて、大きなベット額のテーブルは、空いている事が多くなっています。

シティオブドリームス マカオで遊べるテーブルゲームは、ブラックジャック・バカラ・スリーカードポーカー・シックボー・ポンツーン・マネーホイール・ルーレット・クラップスなどとなります。

カジノフロアでは、フィリピンの裕福なプレイヤーが80%ぐらいで
韓国のカジノやマカオのカジノよりも
静かで落ち着きもあり、雰囲気はよかったです。
スロットマシンは1680台

スロットマシンは1680台

これだけおスロットマシンがあれば、どれかはお気に入りが見つかるはず。もしかすると、ジャックポットで一攫千金もあり得ます。

オンラインポーカーで有名なPokerStarsのライブエリアも。

オンラインポーカーで有名なPokerStarsのライブエリアも。

世界最大のオンラインポーカー企業「PokerStars」が展開するリアルなポーカーテーブルもあります。ここで、テキサスホールデムで熱く戦うのも良いでしょう。

メンバー専用の「Signature Club」

メンバー専用の「Signature Club」

ホテルのロビーフロアにある、メンバー専用のカジノエリア「Signature Club(シグネチャークラブ)」では、プライベートエリアで、テーブルゲームやスロットを楽しめます。

お金持ちはVIP専用の「Li Ying Club」

お金持ちはVIP専用の「Li Ying Club」

近年、中国人が、マカオでお金を使い難い傾向にあります。メルコ・クラウン・エンターテインメントは、その受け皿として、マニラに第二の拠点を作りました。中国を始めとして、アジア各国から大金を賭けるハイローラーを獲得できるよう工夫を凝らしています。

疲れたらBARでゆっくりと。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

ニースの文化遺産リゾートホテルでカジノを楽しむ。ハイアット・リージェンシー・ニースの…

1929年建築のフランスの文化遺産がラグジュアリーカジノホテルとして2004年にオープン。「Hyatt Re…

ローリングあざらしアタック

ストリップだけじゃない!ラスベガス発祥の地、ダウンタウンで経済的に楽しもう♪

ラスベガスと言えば、超豪華ホテルが立ち並ぶ、煌びやかなストリップを想像される方が多いと思いますが、ストリップ…

くまくまく〜ま

ラスベガスのストリップ沿い、総工費27億ドルの豪華カジノホテル「ウィン・ラスベガス」

ベラージオでも有名なラスベガスのホテル王スティーブ・ウィンが手掛けた総工費27億ドルの52階建て豪華カジノホ…

マーライオン

カジノ旅行には最適なフィリピン・マニラのリゾートカジノ「ソレア・リゾート&カジノ」

フィリピンのマニラ湾を一望できる場所にある巨大なリゾート施設「ソレア・リゾート&カジノ(Solaire Re…

プリオン

シンガポールに旅行してマリーナベイサンズでカジノを楽しんで来ました。

シンガポールに女子旅をして、カジノでブラックジャックをしてきました!本当にマリーナベイサンズは最高な空間です…

cSpark

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

プリオン

世界のカジノ情報をいろいろとご紹介させていただきます。遊びにいかれる予定の方は参考してくださいネ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集