イギリス最大規模の総合エンタメ施設「ヒッポドロームカジノ」

この「THE HIPPODROME CASINO(ヒッポドロームカジノ)」は、小さな一軒家の様なカジノクラブが多いイギリスのカジノ業界において、床面積8640平方メートル、従業員数450名以上、収容人数2000人という、カジノとしては最大規模となる、複合カジノ施設なんです。

THE HIPPODROME CASINO(ヒッポドロームカジノ)

THE HIPPODROME CASINO(ヒッポドロームカジノ)

ヒッポドロームの歴史は古く、始まりは1900年のミュージックホールやサーカス場として運営開始。その後、1958年ごろからナイトクラブとして営業が行われ、1983年ごろから、レストランなどの営業も行われだしました。

ですが、2005年に不況の煽りを受け閉鎖。

歴史ある大事なヒッポドロームが復活したのは2012年。ジミー・トーマス氏によって、現在の形、「カジノを含むエンタメ施設」として営業が再開されました。

イギリス最大のカジノ施設として人気に。

復活してからのヒッポドロームカジノは、カジノクラブなどの会員制カジノが多いイギリスにおいて、観光客でもすぐに入れるカジノとして、大人気になっています。

特に、入国後24時間経たないとカジノへの入店が出来ない決まりとなっているイギリスにおいて、すぐに入れてしまうのも人気の秘密。

レスタ―スクエア駅の出口のすぐ隣にある、ヒッポドロームカジノです。ロンドンのカジノは、一旦、会員になってから24時間後でないと、プレーできなかったりするようですが、数か所、すぐにプレーできるカジノがあり、ここはそのうちのひとつです。

入り口から上部を見上げると、古き良き伝統ある建物と、現在のスタイリッシュな作りが絶妙にマッチしています。

大きな施設なので、ホテルなどの宿泊施設もあるのかと思いますが、ヒッポドロームカジノには、宿泊施設がありません。元ミュージックホールというのを上手くつかってつくられているので、作られなかったようです。

元ミュージックホールのカジノは凄い!

さぁ早速、この入ってみたくなる気持ちをMAXにしてくれる建物の内部に入ってみましょう。

チャップリンもショーを行った、元ミュージックホールだった場所が中心におかれ、その場所はイベントスペースや、カジノエリアとしてなど、多目的ホールとして用意されています。

まずは、Hippodrome Casinoに入ります。
田舎のカジノと違って、でっかーーーい!
マカオのようなハデハデではありませんが、何フロアもあり、ディーラーがいるテーブルもたくさん、マシーンもたくさん、そして金髪美女がドリンク配って歩いています。
アメリカ映画とかの冒頭ででてきそうなイメージ。

イベントが無い時期は、このホールにカジノテーブルが置かれます。

イベントがある際は、テーブルや椅子が配置され、食事をしながらジャズを聴いたり、マジックショーが見れたり・・・。座席数200の立派なキャバレー・シアターへと変貌します。

ホールを眺める2・3階席にはBARも。

ホールを眺める2・3階席にはBARも。

BARからは、ホールを眺める事もできます。友人達と一緒に遊びにきて、それぞれ好きにやっていても、すぐに見つけられて良いですね。

レストランで美味しい食事も。

HELIOT STEAK HOUSE IN LONDON

HELIOT STEAK HOUSE IN LONDON

美しく美味しい料理が楽しめます。

美しく美味しい料理が楽しめます。

3つのカジノフロアで楽しめます。

メインのミュージックホールのカジノフロア以外にも、3つのカジノフロアがあります。遊びたいゲームや、居心地の良い雰囲気の場所を選んで、カジノゲームを楽しみましょう。

THE HIPPODROME CASINO(ヒッポドロームカジノ)で遊べるカジノゲーム

・ヨーロピアンルーレット
・ブラックジャック
・バカラ
・スリーカードポーカー
・ダイス
・パイゴウ
・スロットマシン

テーブルゲームのボードも雰囲気がある

テーブルゲームのボードも雰囲気がある

みんなが見ている人気記事

関連する記事

実はカジノ王国?オランダに沢山ある「ホランド・カジノ」は国営のカジノチェーン

オランダに旅行に行こうと決めた日とで「カジノ目当て」の人はあまりいないと思いますが、オランダには、国が営業す…

マーベル女子

2017年4月20日 パラダイスシティカジノが仁川空港側にオープン決定!セガサミーが…

韓国初の統合型カジノリゾート「パラダイスシティ(PARADISE CITY)」が2017年4月20日にオープ…

カジノ通信社

カジノ・ポーカー・スポーツ・映画・食事など、夜の遊びが全て揃ったエンパイアカジノ

いかにも夜の遊び場という雰囲気満載の「The Casino at the Empire」。イギリス、ロンドン…

ONIONS

スポーツマンという何だか素敵な名前のロンドンのカジノ「Sportsman Casin…

スポーツの世界以外でスポーツマンという言葉を聞くことはあまりありませんが、イギリスにありました。信頼できそう…

モグラの隊長

朴槿恵大統領への怒りが生々しい韓国ソウルを巡りながら、美味しいものとカジノの旅

冬の韓国ソウルへカジノと美食を求めての旅の予定でしたが、朴槿恵大統領のスキャンダルがタイムリーだったので、そ…

リック

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ONIONS

My Name is ONIONS!!!!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集