マカオのカジノ経営権は3社+サブライセンス3社=合計6社

マカオのカジノ経営権は

「SJM」(マカオ系):「MGM」(ラスベガス系)

「ギャラクシー」(香港系):「ヴェネチアン」「サンズ」(ラスベガス系)

「ウィン」(ラスベガス系):「メルコクラウン」(オーストラリア系)

の6社が持っています。
なぜ6社か、これにはワケがあります。

独占経営打開のため、外資カジノ企業を含めた3社に経営権を発給

カジノ王「スタンレー・ホー」の独占状態だったカジノ経営権が2001年末で満期になるのを境に、2002年はじめ、入札によって外資系の企業にも経営権を発給することになりました。

入札の結果、経営権の発給を受けたのはマカオ資本の「SJM」、香港資本の「ギャラクシー」、ラスベガス資本の「ウィン・リゾート・マカオ」です。「SJM」はスタンレー・ホーの企業です。

経営権が3社と言うのは、1986年に可決された法律にもとづいています。

1921年生まれの御年95歳、妻が4人、子供17人のカジノ王、スタンレー・ホー氏。

各企業にはどんなカジノホテルがあるか見てみましょう。

老舗カジノを包括するSJMグループ

最も象徴的な「グランド・リスボア」や「リスボア」、「ソフィテル・マカオ(ポンテ16)」「ラルクマカオ」など

左がグランド・リスボア、右がリスボア。マカオの象徴的な建物です。
グランド・リスボアはマカオのシンボルである蓮の花をイメージしたものですが、実は建築許可が下りていないまま完成してしまったという話もあります。

ソフィテル・マカオ

ラルクマカオ

中国人狙い?な金ピカ&派手!が印象的なギャラクシーグループ

2011年開業の「ギャラクシー」、「スターワールド」など

開業当時のギャラクシー。第二期、第三期と段階的に建設をしてまだまだ拡大中。写真右側の「金都」というホテルもギャラクシーが買収し、現在は「ブロードウェイ・マカオ」として、グルメストリートをはじめ、ホテルやカジノ、シアターがある複合施設になっている。

スターワールド

ラグジュアリー感漂う「ウィン・リゾート・マカオ」

1つの経営権で「ウィン・マカオ」のみを経営

ウィン・マカオ

3社じゃ足りない?各社に1社ずつ、サブライセンスを発給

2002年12月マカオ政府とギャラクシーが会談し、締結した契約の内容を修正することを決定しました。その内容こそがサブライセンスを発行することでした。ギャラクシーのサブライセンスはラスベガス系の「ヴェネチアン」へ発給する流れになりました。

サブライセンスについては、ほかのライセンス保持者も同様に、SJMのサブライセンスで「MGM」、ウィンのサブライセンスで「メルコクラウン」に発給されました。

ギャラクシーのサブライセンスに「ヴェネチアン」(2002年末発給)

2004年にはヴェネチアンに先立ち、同グループの「サンズ」が開業しました。

サンズ

外資系初のカジノが開業しました。サンズ・マカオはSJM系の老舗カジノとは違い、ラスベガススタイルのカジノで、当時マカオでは斬新的なカジノでした。
そして来場者は右肩上がりに増え続け、開業からわずか半年で建設にかかった投資資金を回収してしまいました。

もはやマカオでも「伝説」のように語り継がれているエピソード。

SJMのサブライセンスで「MGM」(2005年発給)

ウィン・リゾート・マカオのサブライセンスで「メルコクラウン」(2006年発給)

メルコ・クラウンの「シティ・オブ・ドリームス マカオ」。室内の水を使ったアクロバティックなショー「ザ・ハウス・オブ・ダンシングウォーター」が目玉。

シティ・オブ・ドリームス・マカオ

ライセンスが満期を迎える前にカジノで儲けたい?マカオは建設ラッシュ!

「SJM」・「MGM」 2020年3月31日、「ウィン」 ・「メルコクラウン」 2022年6月26日、「ギャラクシー」・「ベネチアン/サンズ」 2022年6月26日、それぞれライセンスの満期を迎えます。

2013年、マカオ経済財政司の司長である譚伯源(フランシス・タム)氏によると
「2015年は(カジノのライセンスについて)再検討する適当な時期であり、これは公開入札、短期契約、新規契約の締結等を含め、ライセンスの継続する条件を決める予定。」と述べていますが、現在まだどうなるか見解は発表されていません。

そんな中、マカオは現在カジノの建設ラッシュです。ライセンスがあるうちに利益をえるためかもしれません。
「パリジャン」「ウィン・パレス」「MGMコタイ」「リスボア・パレス」と4つのカジノホテルが建設中です。オープンするのが楽しみですね。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

0&00の2つで荒波のアメリカンルーレット。あなたは攻略法「ダブル・ゼロ」をご存知で…

緑のポケット「0と00」があるアメリカンルーレット。「0」が1つのヨーロピアンルーレットよりも荒い傾向になる…

浦島ソウル太郎

海外旅行中にラスベガスのカジノで大当たり!当選金額と税金はどうなるの?

カジノの街「アメリカ、ラスベガス」に旅行に行った際に、ふと遊んだスロットでジャックポットが当たってしまった!…

ゲスの極み

マカオの治安って実際どうなの…カジノに行く前に知っておきたい基礎知識

マカオって中国の一部なんですよね?反日とかないの?女性が一人で歩いても大丈夫?マカオの治安についてまとめてみ…

いわしプレミアム

ブラックジャックは個人競技のゲームなのか、団体競技のゲームなのか?

カジノで特に日本人のプレイヤーに人気の高いブラックジャック。自分で自分の手を考える個人競技のゲームに見えるが…

さすらいのブラックジャッカー

最大配当180倍!?サイコロの出目を予想して遊ぶ、運が決め手のカジンゲーム「シックボ…

サイコロを使ったカジノゲームとして人気の高い「シックボー(SIC-BO)」。単純明快な運試しの様なゲームです…

ふぃりぴーな

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

アルティメット大福

主にマカオのカジノやホテル、観光について書いてます。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集