(1)カジノテーブルでの携帯電話使用禁止

2016年5月9日からは、カジノ内のゲーミングテーブルでの携帯電話の使用が禁止になりました。
携帯電話で、マカオ以外などの離れたところにいる人とやり取りをして、その人の代わりにゲームで賭けるいわゆる「代理ベット」の禁止が目的といわれています。テーブルを離れたところで通話をしたり、メッセージのやり取りをすることについては規制がされていません。

(2)カジノエリア全面禁煙

マカオの衛生局の張り紙。

2014年10月6日からマカオのカジノは禁煙です。ただしVIPルームは分煙とされています。
禁止されている場所で喫煙をすると600MOP(約8,160円(1MOP=13.6JPY))の罰金が発生します。ちなみにその他、2015年1月1日からはバー、クラブ、サウナ、スパなどの屋内での喫煙も禁止されています。

(3)使用可能通貨は香港ドル

香港ドル(HKD)を使用します。
マカオの通貨のパタカ(MOP)は一部カジノで使用できるそうですが、その場所はごくわずかで、カジノをするときは香港ドルを用意しましょう。

手持ちの現金が日本円しかない場合は、カジノ内に両替所があるのでそこで香港ドルに両替しましょう。但し、手持ちの香港ドルを日本円に戻すのは、カジノではできません(日本円の在庫があれば両替してくれる可能性もあります)。香港ドルから日本円へ両替するには、街の中の両替屋さんを利用すると確実です。なお、レートはカジノのほうがお得な場合が多いです。

ちなみに香港ドル紙幣は日本と異なり、3社の銀行がそれぞれ発行しているのでデザインが豊富です。また各銀行でもデザインを変更するため、旅行で初めて見た人にとっては見分けるのが大変かもしれません…

香港ドルは、香港上海銀行(HSBC)、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行の3社が発行している

(4)ポイントカードの勧誘スタッフが話しかけてくる

スロットなどのマシンを使ったゲームでプレイをしていると、スタッフがいきなり話しかけてくることがあります。それはそのカジノでプレイをすると貯まるポイントカードの勧誘であることが多いです。マシンにはポイントカードをさすところがあるので、そこを目印に話しかけてきます。しかしほとんどが中国語か英語で話しかけてきますので、日本人だとわかったら言葉が通じなくて勧誘されないかもしれません。

ポイントカードを持ってるといいことがある

もし何度もカジノをやるようでしたら、ぜひポイントカードを作っておきましょう。入会費や年会費は無料です。クレジットカード機能などもなく、単純にポイントだけが計算されるカードです。各カジノでポイントカードを発行しているので、例えばギャラクシーのカジノでポイントカードを作っても、ベネチアンでは使用できません(別会社のため)。

ポイントの換算制度はカジノによって異なりますが、大体は合計で1,000HKD(約1万3,600円(1MOP=13.6JPY))を賭けたら1ポイントという制度が多いです。ちょっと遊ぶ程度ではなかなかたまりませんが、カジノホテル内のレストランで提示するだけで10%割引などしてくれるなどのうれしいサービスがあります。

ポイントカードの作成は必ず本人がカウンターに行きましょう

ポイントカードを作成するには、スタッフが案内するカウンターで名前や年齢、性別の簡単な情報の記入やパスポートの提示ですぐに発行されます。
中には、ゲーム中の私たちに対して、スタッフが気を遣って、パスポートだけ預かってカードを発行してきますよ、という人もいますが、そのままパスポート盗難などの万が一の事態を避けるために、必ずそのスタッフと一緒にポイントカード発行カウンターまで行きましょう。

(5)チップやキャッシュチケットの換金方法

ディーラーがいるテーブルでゲームをする場合は、現金をテーブルに置くとチップに交換してくれます。チップを現金に換金したいときは、同じエリア内に柵のついた窓口のキャッシャー(Cashier)がありますので、そこでチップを差し出すとHKDに換金してくれます。

またスロットマシンなどの機械でゲームをした場合、「Cash Out」というようなボタンを押す(ものによっては2秒ほど長押しする)と、金額とバーコードが印刷されたレシートのような物が、その機械から発行されます。
このキャッシュチケットは、先ほどの窓口でも換金可能ですし、エリア内にあるATMマシンのような機械にチケットを飲み込ませると、現金が返ってきます。

人が確認するキャッシャーではチップもキャッシュチケットも受け付けてくれますが、ATMのような機械ではチップは飲み込めないので注意してください。

(6)お水やコーヒー・お茶のサービスが無料

テーブルなどにおいてある小さいペットボトルのお水は無料です。またウエイトレスが配っているコーヒーやお茶も無料です。
カジノを併設してるホテル内の飲み物の値段は非常に高いです。街中のスーパーの倍以上の値段に設定されていますので、ここで水分補給!というのもありです。

ラベルのデザインは現在変更されています

余談ですがカジノで無料で提供されている飲み物は、マカオの習慣上、常温のお水か、温かい飲み物です。冷たい飲み物は体に良くないという概念がありますので、そういうものは自分で買うしかありません。
またコーヒーはブラックはなく、ミルク入りのものです。お水はペットボトルに入ったものが提供されていますが、コーヒーやお茶などが入ったグラスは、飲み終わったらウエイトレスに返却、またはテーブルなどに置きっぱなしにしておくと回収されます。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

他のプレイヤーの為に、ブラックジャックのセオリーを守る必要はあるのか?

多くのカジノで問題となっているブラックジャックのプレイヤー同士のトラブルの素「セオリーを無視したプレー」につ…

さすらいのブラックジャッカー

ブラックジャックの「L8」って何?MBSのブラックジャックのベットポジション「Luc…

マリーナ・ベイ・サンズのカジノで遊んだ時に、ブラックジャックテーブルのベットポジションに「L8」っていうのが…

ミランダ姉さん

年末年始ラスベガス旅行に行く人必見!狙うべきジャックポットスロット10種と現在の金額

ラスベガス旅行をするなら確実にカジノに行くはず!そこで、この年末年始にラスベガス旅行を予定している方に、現在…

天然水

カジノの「女王」ルーレットを存分に楽しみながら勝つ!単純なゲームに潜む必勝戦略の研究…

カジノ初心者でも楽しめる間口の広い「ルーレット」。カジノの歴史とともに歩んできたこのゲームの真の魅力と攻略法…

Bロッド

マカオのカジノにあるテーブルゲーム台数は、カジノ側に決める権利は無い。

次々と巨大なカジノリゾートのオープンラッシュとなっている「西のラスベガス」とも言われるマカオ。そのカジノ施設…

まきおう

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

アルティメット大福

主にマカオのカジノやホテル、観光について書いてます。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集