アメリカがスポーツブック解禁

ここ数ヶ月、海外でオンラインカジノやブックメーカーに、ゲーミングやベットシステムを提供する企業が、次々と、アメリカのランドカジノへシステムを導入している。その理由が、アメリカで長らくスポーツへの賭けを禁止してきた「1992年連邦プロ・アマスポーツ保護法」(PASPA)を無効とする判決がだされ、スポーツベッティングが解禁・各州によって合法化へ動いている事にある。

これにより、どんどん各州でスポーツブック解禁が進んでいる。まさにオンラインギャンブルの夜明けと言えるかもしれない。

スポーツベットの大手ウィリアムヒルが契約に動く

アメリカで事業ができないという状況が長く続いていたイギリスで株式上場する大手ブックメーカー「William Hill / ウィリアムヒル」。ネバダ州にオフィスを持っていた同社は、本スポーツベッティング解禁を受け、アメリカの各州との新契約締結を急いでいる。

既にミシシッピ州とウェストバージニア州のカジノ11件との契約を締結し、まずは、同社のスポーツベッティング技術を提供すると発表している。今後、オンラインでの事業展開を進めると共に、更に現状で解禁が決まっている14の州をカバーする予定のようだ。

ウィリアムヒルの企業情報以下記事で詳しく紹介されています。

急速に変化しているアメリカでのギャンブルに関係する各法の動き・・・全ては、かつてランドカジノを営業していたトランプ大統領の力かもしれない・・・。

カジノが解禁となった日本でも、今後、同様にスポーツベッティング、オンラインギャンブルの話題が出てくる事は間違いない。 アメリカがOKなら日本もOKとなると新しい事業が沢山生まれて、景気にも良い影響が生まれそうだが・・・

公式ウェブサイト

William Hill / ウィリアムヒル

日本語サービスはもちろんの事、世界各国の言語でサービスが提供されている大手ブックメーカー。スポーツベッティング以外にも、オンラインカジノ・ロト・ポーカー・Eスポーツなど幅広いギャンブルを提供している。

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

そもそもブックメーカーは投資としてやるべき。

世界的にも文化になっているブックメーカーを投資法として取り入れている人間は五万といる。

ジルコンゼウス

テニス4大大会のウィンブルドン選手権で錦織圭選手が優勝できる可能性は?

2015年のテニス四大大会の第三戦目として、6月29日に開幕するウィンブルドンで錦織圭選手が勝てる可能性をオ…

ぶっきー

サッカーUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17を制するのは?一番人気は毎年常連…

優勝予想が難しい、サッカーUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17が始まりました。今年もブックメーカーが…

かるちょ

なでしこジャパンへの応援ベットは吉と出るか凶とでるか。

FIFA女子ワールドカップ2015カナダ大会で、日本代表である「なでしこジャパン」にブックメーカーで応援ベッ…

CR7

岡崎慎司のレスター・シティが優勝するとブックメーカーは約16億円の損失になる

サッカー日本代表の岡崎慎司が所属するレスター・シティが優勝するとブックメーカーは、巨大な損失を被る事が判明!

ぶっきー

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ウルトラソウル

夢じゃないアレもコレも。その手でドアを開けましょう!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集