ダブリンの人気カジノ「ザ フィッツウィリアム カジノ」

アイルランド共和国の首都ダブリンの中心部のメリオンスクエア(公園)の周りには、アイルランド共和国の政府機関や国立美術館、官公庁、国立図書館など、主要官庁が沢山あります。日本で言えば、霞ヶ関の様な所と言ってよいでしょう。 このメリオンスクエアのすぐ近くにある、ダブリンでも一番人気が高いカジノと言われているのが「ザ フィッツウィリアム カジノ(The Fitzwilliam Casino and Card Club)」になります。

伝統的な煉瓦積みの建物が並ぶ一角にあるのが、ザ フィッツウィリアム カジノになります。見た目的にも、クラシックでかつ洗練された印象のカジノクラブです。 カジノなので、ブラックジャックやバカラ(プントバンコ)、ルーレットなどの一般的なテーブルゲームは備わっていますが、カジノの名前に「Card Club」と入っている様に、ポーカープレイヤーの為のカジノと言って良い程、ポーカーのジャンルや、トーナメント、キャッシュゲームが充実しています。

最近は、カジノによっては、google mapで内部まで見れるので、イメージがわきやすいですね。

ポーカートーナメントに参加しよう!

ポーカートーナメントは、基本的に毎日20時から開催されています。

◎トーナメント例
€80 Hold’em NL Deepstack Freezeout
€65 Hold’em NL Double Chance Freezeout
Satellite Tournament
€70 Triple Chance NL Freezeout
€260 + €20 Hold’em NL Freezeout
€25 Hold’em NL Freezeout
€65 No Limit Freezeout など

月末の木曜は一番盛り上がるトーナメント開催

月末の木曜は一番盛り上がるトーナメント開催

毎日のトーナメントも十分な盛り上がりですが、毎月の最後の木曜日に開催されているのが、アイルランドで最大のポーカーイベント「Fitzwilliam End of Monthトーナメント」です。参加者の平均は300人以上で、賞金プールは、30000ユーロを超えます。

紹介動画

Fitzwilliam Casino & Card Club Eir Sports 2016 Ad - YouTube

出典:YouTube

トーナメント情報はSNSで。

公式ウェブサイト

ザ フィッツウィリアム カジノ(The Fitzwilliam Casino and Card Club)

住所:Clifton Hall, D02 XP89, Fitzwilliam Street Lower, Dublin 2, アイルランド
電話:+353(0)16114677
営業時間:18時〜翌6時
年齢制限:18歳以上
ドレスコード:スマートカジュアル

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

カンボジア・プノンペンにある唯一のIRカジノ「NagaWorld」が施設拡張。新IR…

カンボジアの首都プノンペンにある人気のIR(カジノを含む統合型リゾート)「Naga World(ナガ・ワール…

ハラっぱ

セブンラックカジノのカジノクーポン券を受け取って、会員カードを作るまでの流れを紹介。

セブンラックカジノに遊びに行く前に、空港で必ずGETしておきたいのが「フリーチップクーポン券」。誰でも受け取…

ワールドカジノナビ編集部

日本のサッカー選手も行ってる!? ドイツの工業都市シュツットガルトのIR「カジノ・シ…

世界的工業都市「シュツットガルト」の中心部にある統合型施設「SI-Centrum Stuttgart」にある…

シュウエップス

チェジュ島に2019年9月に完成予定のカジノリゾート「済州ドリームタワー複合リゾート…

韓国・済州島(チェジュ島)で2019年9月に完工する予定の外国人専用カジノがある、複合リゾートタワー「済州ド…

ふぃりぴーな

明洞地区からタクシーで30分で行ける「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」はオススメで…

韓国ソウルにある人気のランドカジノ「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は、韓国旅行でカジノに行きたいなら絶対…

マーベル女子

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

WILKINSON

ウィルキンソンって最高に炭酸効いててうまくね〜。もう箱買いしちゃうよ〜。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集