オープンが楽しみな総工費約240億香港ドルのIR

既に、マカオ半島新口岸地区にカジノホテルを運営しているMGMチャイナですが、また大規模な施設の開発に着手しているのは報道でご存じの方も多いはず・・・。建築も順調に進み、2017年の第2四半期のオープン予定で現在も準備が進められているようです。現在マカオでは新しいIRのオープンラッシュ。その関係で、逆にオープンを遅らせたらしいので、2017年の夏頃には盛大にオープンすると思われます。

プロジェクト総工費も約240億香港ドル(日本円換算:約3190億円)から変わらずとのこと。
 同プロジェクトは当初今年第4四半期の開業予定だったが、今年第3四半期にコタイ地区内で競合他社の大型IRの開幕が相次ぐことなどを受け、今年8月に来年第2四半期に先送りする方針を示していた。

マカオには、建築物としても素晴らしいカジノホテルが沢山誕生していますが、今回オープンするMGMコタイも、箱を積み上げた様なテクニカルなデザインになっています。なんでも「宝石箱」をイメージしたそう・・・。

恐らく、施設の顔にもなる手前の宝石箱の棟がホテル客室となり、後ろにある建物が、ショッピングモールや劇場・コンベンションセンターとなるのでしょう。

場所は、大型施設が集まる「コタイ地区」

MGMコタイができるのは、多くの大型カジノリゾートが集まるマカオ・コタイ地区。ベネチアンやスタジオシティと、サンズ・コタイ・セントラルの大通りから1本中に入った場所。サンズ・コタイ・セントラルの東側になります。

カジノには500台のテーブルが配置予定

まだカジノルームの全貌は公開されていませんが、カジノエリアのスペースなどから考えると、かなり楽しみなセレブリティな空間になる事が予想できます。

・カジノエリア:500,000平方フィート(46451.52m²)
・カジノテーブル:500台
・スロット:2,500台

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

マカオの旅!最新カジノ事情と世界遺産の楽しみ方。

中国であって中国でない!?マカオの深い歴史を通して、世界遺産ハンターからギャンブラーまで、世界中の人々を惹き…

Bロッド

韓国パラダイスシティのイメージキャラクターが広末涼子さんになっている件

オープンから1年ちょっと経って、やっと新施設がオープンし、リゾート感が出てきた韓国・仁川にあるIR「パラダイ…

Mr.X

メルボルンで絶対に行くべき南半球最大規模のカジノリゾート「クラウン・エンターテイメン…

オーストラリア、メルボルンに旅行する際におすすめのエンターテイメント施設「クラウン・エンターテイメント・コン…

ツーリスト

日本代表も優勝。9月から開催の第29回マカオ国際花火コンテストで、カジノ旅行と世界の…

2018年のマカオ国際花火コンテストが、9月1日から毎週週末に予定されている。単純に花火が上がるだけの花火大…

cSpark

カジノ旅行者も必見!シンガポールで訪れるべきミシュランの星を獲得した名店。

カジノも遊べて、治安も良くて過ごしやすい街「シンガポール」。ミシュランが初めて発表したシンガポールの名店をご…

アロハ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

cSpark

世界にはとんでもない人がいる

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集