名古屋市中区栄4丁目のカジノ店「横綱」

2017年10月10日、名古屋市中区栄4丁目のカジノ店「横綱」の運営者と参加者の客の合計6名が、違法カジノ店で、バカラ賭博を行ったとして逮捕されました。

名古屋・栄のカジノ店でバカラ賭博摘発 - YouTube

出典:YouTube

名古屋・栄のカジノ店「横綱」の経営者磯野秀貴容疑者ら3人は、10月9日から10日にかけて、店の客3人にトランプカードを使ったバカラと呼ばれる賭博をさせ金を徴収した疑いが持たれています。
 警察は、10日店内を捜索し、バカラ台3台と現金などおよそ100点を押収し、売上金の流れなど解明を進めています。

賭博開帳図利の疑いが持たれているのは、中区栄4丁目にある違法カジノ店の責任者とみられる男らです。警察によりますと男らは賭博場を開き客にトランプを使ったバカラ賭博をさせていた疑いがもたれています。愛知県警は10日、雑居ビルの一室を捜索しバカラ台3台など賭博で使われた道具を押収しました。店の責任者とみられる男らを逮捕し、売上金の流れなどを調べる方針です。

発覚したのは負けた客の通報

この事件での注目点は、ここが違法カジノ店だと発覚したのは、遊んでいた客の1人がバカラで負けた金額の請求で揉めて警察に通報したという事。

10日未明、逮捕された客らが「高額な負け分を請求され支払いでもめている」と警察に通報したため、駆けつけた警察がそのまま店内を捜索しました。

ツイッターでも、ちょっとした話題になっていました。

闇カジノが暴力団などの資金源になっているかもしれないという実態は良くないので、改善していくためにも摘発は必要ですが、この通報した客もなかなかです。自らは闇カジノでバカラを楽しんでおきながら、負けたら警察に通報するって・・・。

「負けた分払えよ!」
「払えるわけないだろ!警察言うぞ!」

的な雰囲気からの通報でしょうか。。。警察がくれば、賭博場を開いている運営者は「賭博開帳図利などの疑い」で逮捕ですし、それを成立させるためには、参加者である客も「単純賭博罪」で逮捕となります。ニュースには「高額な負け分を請求され支払いでもめている」としか発表が無く、具体的な金額が示されていませんが、逮捕される事よりも払いたくない金額と予想すると、かなり高額な負けだったのだと考えられますね。

そもそも違法な事をやっている店舗側からしたら、こうされたら何とも言えない所ではありますが・・・

これで、双方ともに逮捕されましたが、この方の負け分は帳消しにできるのでしょうか? もしできるのだとしたら、違法カジノで遊んで勝ったら大儲け、大負けたら通報という人も増え、違法カジノを運営しても儲からないという事になります。闇カジノ撲滅にはこういったニュースが一番効くのかもしれません。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

カジノ船「オーシャンローズ」はいつの間にか無くなっていた。

長崎と上海の航海中にカジノで遊べるカジノ船「オーシャンローズ」がいつの間にか撤退していました。

ゴリラテ

カジノゲームで遊べるだけで換金は出来ないカジノバーを営業して逮捕・・・いったい何故?

京都でカジノゲームを楽しめるバーを経営していた経営者が逮捕された。このカジノバーでは、ゲームを楽しめるものの…

ますかるぽ〜ね

たった2日でスピード可決!ついに日本のカジノ合法化は決定的!

日本にカジノを含む統合リゾート施設を作る法案「IR法案」が衆議院内閣委員会でスピード可決された。与党さえまと…

カジノ通信社

日本にカジノがやってくるのか!?統合型リゾート施設(IR)整備推進法案

いよいよ現実味もましてきた日本のカジノ合法化。今後どうなっていくのでしょうか?

SPIDERMAN

シンガポールを見て感じる日本のカジノの未来図

シンガポールに居るから感じる事のできる日本にカジノが出来たらどうなるか?どこに出来たら良いのか?BIG WI…

BIG WIN

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

エリザベス

ロンドンに住んでいます。こちらでは、日常の中にブックやカジノがあるから、ギャンブルが好きなら、一度は訪れてみるべきですよ。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集