タイタンキングカジノホテル(TitanKing Casino & Hotel)

カンボジアといえば、アンコールワットやプレアヴィヒア寺院といった世界遺産と、1970年から1993年まで続いた内戦が終了して間もないというイメージですが、世界的に見てもカジノが多くある国なんです。

バベットにあるカジノホテル「タイタンキング」

バベットにあるカジノホテル「タイタンキング」

タイタンキングカジノホテルがあるバベットという街は、カンボジアの首都プノンペンから2時間の場所にあるベトナムとの国境にあります。ベトナム人は自国のカジノへは入店できない決まりがあるので、アクセスの良いバベットには多くのベトナム人が訪れます。

そういった地理的な特徴や外貨を獲得できる場所として、バベットは「カジノタウン」と化しています。というか、ラスベガスを小さくした様な、カジノで遊ぶための街となっています。

通りにはカジノが立ち並びます。

通りにはカジノが立ち並びます。

カジノタウンでメインストリートにカジノが立ち並ぶと言うと、ラスベガスを思い出してしましますが、そこはまだまだ発展途上国のカンボジアですから、1つ1つは日本のパチンコ屋さんというレベル。ベトナム人の娯楽地として栄えている程度。

建物以外は放置状態です・・・

建物以外は放置状態です・・・

立派で日本人が利用しやすい大型カジノホテル

こういった今後栄えていくだろうという街「バベット」の中でも、大きな宿泊施設で日本人が利用しやすいカジノホテルが、今回紹介する「タイタンキングカジノホテル(TitanKing Casino & Hotel)」になります。

チャントレア Ta Povに位置するタイタン キング カジノ アンド リゾートは、旅行者にとても人気があります。 ここからは市内へのアクセスも簡単で大変便利です。 便利な立地に位置しているため、市内の観光スポットへも簡単にアクセスできます。

タイタンキングカジノホテルは、日本人がオーナーのホテルという事もあって、日本語での対応やサービスが充実しています。レストランエリアには、中華料理や日本食、西洋料理もあり、こういった街にありがちなナイトクラブやカラオケもあります。未発達の雰囲気のエンタメ施設にあるカラオケというと、風○的な印象が強いですが・・・。

客室は整っています。まぁ悪くはありません。

客室は整っています。まぁ悪くはありません。

客室は155も用意されており、通常タイプで70ドル程度です。本当のカジノリゾートの大型ホテルでスイートに宿泊するのはかなり高額ですから、安価な場所で、経験値アップで泊まってみるのもアリかもしれません。

カジノエリアはかなり広め。

カジノは基本的には、アメリカドルが利用通貨になるが、こんな街なので割と何でもありで、ベトナム人はベトナム通貨のドンを、キャッシャーで両替する事なく、そのままベットしていたりします。

更に、入場時のパスポートチェックも無し。荷物の持ち込みもOK。カジノ内部には子供が歩いていたりします。

ブラックジャック・バカラ・ルーレット・ポーカーといったテーブルゲームに加えて、カンボジアならではのゲーム「ドラゴンタイガー」というゲームも用意されています。また電子ゲームでは、スロット・パチンコ・パチスロがあります。

ミニマムベットはバカラやブラックジャックが10ドルからで、VIPルームで遊んでも40ドルからと非常に低い設定がされています。

パチンコ・スロットもある。

パチンコ・スロットもある。

タイタンキングカジノには、日本のパチンコ屋にあるお馴染みの台「北斗の拳・必殺仕事人・ジュラシックパーク」やスロット「パルサー・ジャグラー」が導入されています。さすがに、お金を賭けられる!が海外カジノに行くメリットですが、パチンコは日本でも認められている賭博ですから、日本人旅行者がプレイする事は無いでしょう。

何が変わっているのかというと、なんとパチンコやパチスロが置いてあるんですよ!
しかもちゃんと日本のパチンコ店に置いてあるようなやつです。

さらに、タイタンキングは日本人向けのサービスが充実しているので
生まれて初めてのカジノ・・・という人でも十分楽しめるようになっていますよ。

日本人スタッフや日本語の通訳もちゃんと居てくれるから
英語が話せなくても心配する必要はありませんね!!

日本人の特別優待が充実している。

タイタンキングカジノホテルは、日本人集客のため、ジャンケットや優待が充実しています。カジノで遊ぶ目的以外では訪れる方は少ないと思いますので、最初のチップへの換金を30万円程度できるのであれば、こういうサービスをつかえば、旅もかなり楽になります。

J・P・Cジャンケット

入会金を払って会員になれば、無料の宿泊が無料になっていたり、会員クラスによっては、航空券も無料で付いてくるサービスが受けられる。

JP Casino Agency

会員になる訳ではなく、こちらを通す事で、プロモーションチップを貰えたり、送迎や飲食・ホテルの宿泊など無料特典がついてきます。
JPカジノエージェンシーはバベット地区のカジノとパートナーとしてラスベガススタイルの会員専用カジノとして無料送迎、無料飲食サービス、無料宿泊サービス等お客様の疲れを癒し、カジノの幸運とスリルを思う存分満喫出来るよう、お客様を第一に考えたサービスの提供に努めております。

他にも、4時間遊ぶ事を確約し、1000ドル分をチップに交換するだけで、ホテル代やホーチミンまでの送迎もついてくるサービスもあったり、何かとカジノのサービスは充実しているので、カジノ目的で上手に利用すれば、人生経験としては一度訪れてみたい場所である。

Titan king casino - YouTube

出典:YouTube

公式ウェブサイト

タイタンキングカジノホテル

住所:National Road No 1, Bavet City, Svay Rieng, Cambodia
電話:(+855)4471-5421

みんなが見ている人気記事

関連する記事

フォーシーズンズホテルで過ごす韓国ソウルの優雅な宿泊と豪華な食事に時々カジノの年末年…

2017年1月1日から5つ星の豪華ホテル「フォーシーズンズホテル」に宿泊して、豪華な食事をいただき、カジノで…

マーライオン

明洞地区からタクシーで30分で行ける「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」はオススメで…

韓国ソウルにある人気のランドカジノ「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は、韓国旅行でカジノに行きたいなら絶対…

マーベル女子

朴槿恵大統領への怒りが生々しい韓国ソウルを巡りながら、美味しいものとカジノの旅

冬の韓国ソウルへカジノと美食を求めての旅の予定でしたが、朴槿恵大統領のスキャンダルがタイムリーだったので、そ…

リック

スポーツマンという何だか素敵な名前のロンドンのカジノ「Sportsman Casin…

スポーツの世界以外でスポーツマンという言葉を聞くことはあまりありませんが、イギリスにありました。信頼できそう…

モグラの隊長

2017年4月20日 パラダイスシティカジノが仁川空港側にオープン決定!セガサミーが…

韓国初の統合型カジノリゾート「パラダイスシティ(PARADISE CITY)」が2017年4月20日にオープ…

カジノ通信社

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ふぃりぴーな

フィリピンのマニラ在住の暇があればカジノに通っている「ふぃりぴーな」です。熱い街マニラから熱いカジノの情報を皆さんにお届けします。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集