愛媛県新居浜市の観光案内サイト

愛媛県の新居浜市が観光地の紹介として行っている新居浜市の観光案内サイトがあります。 現在のウェブサイトはこちら。

新居浜市観光サイト:トップページ

新居浜市観光サイト:トップページ

URL:http://www.city.niihama.lg.jp/kanko/
※ 新居浜市のドメイン内に作られています。

「偽」の観光案内サイトがこちら

デザインは全く同じ内容をコピーして使用され、新居浜市運輸観光課が運営しているサイトの様になっています。

「偽」新居浜市観光案内サイト:トップページ

「偽」新居浜市観光案内サイト:トップページ

URL:http://niihamakanko.com/

偽サイトには、市のサイトとそっくりの観光案内や宿泊情報などが掲載される一方、「祭りのメインスポンサーになった」と称してオンラインカジノ関連サイトを紹介、クリックすると賭博に参加できるとうたったサイトに誘導される。
偽サイトはデザインこそ公式画像を転用してそれらしく見せているが、「市の祭りへ協賛金の提供を受けた」と虚偽情報を掲載し、スポンサーを称するオンラインカジノの情報サイトへ誘導しようとしている。

何故、こんな事が起こってしまったのか・・・

もともと、新居浜市の観光課5年前から、今回デザインなども全て盗用されてしまった「偽」サイトのドメイン(niihamakanko.com)を観光課のサイトとして利用していたが、今年の4月に解約したらしい・・・。

市によると、問題のサイトは同名で偽の「新居浜市観光サイト」。市運輸観光課は5年ほど前、市のHPとは別のドメイン(niihamakanko.com)で作り使っていた。今年4月にこのサイトを市のHP内に移し、ドメインやサーバー使用の契約を打ち切った。その後、このドメインを何者かが入手したとみられるという。

観光課は、市内の業者にサーバー費用とドメイン費用を合わせて年間28000円で契約して運営していたらしい。現在、市のウェブサイト内に格納されている事から予想すると、この年間費用の節約という事で解約に至ったと思われる。

その解約されたドメインを、今回の「偽」サイトを運営している人物が手に入れ、あたかも市が運営している様に見せかけている。

ドメインの持ち主情報をwhoisで調べると以下になる。

外国人の名前が登録者に記載されており、サーバーも海外にあるとなっているようだ。

悪用されているのは、同市運輸観光課が「新居浜市観光サイト」として今年3月末まで使っていた「niihamakanko.com」。その後、外国人名の人物が取得、サーバーはカナダにあるとみられる。

問題はどこにあるのか?

今回の「自治体サイトのなりすまし行為」で問題になった事はどこにあるのかをまとめて見ると・・・。

■ niihamakanko.com のドメインを使用するのは問題無し
ドメインは空いていれば、誰でも契約できてしまう物なので、旧新居浜市観光サイトのドメインを使用しても何の問題も無い。

■ オンラインカジノの情報サイトへ誘導する事も問題無し
普通の流れでウェブサイト上にオンラインカジノの情報サイトへのリンクを掲載しているのであれば、特に問題は無い。

ここが問題!

この「偽」新居浜市観光サイトの問題は、ドメインを契約して利用している事やオンラインカジノへ誘導している事ではなく、あたかも「新居浜市」が運営しているかの様に、デザインを全て盗用し利用し、コピーライトにも「新居浜市」と記載されている。まさにそのままとなっている。

さらに、サイト内には、「新居浜観光サイトはJapan-101カジノ攻略から協賛金を提供いただくことになりました。」などという文字までも記載されている。

悪質で問題になっている箇所。

悪質で問題になっている箇所。

・デザインの盗用
・新居浜市が運営しているかの様に見せている点
・新居浜市が協賛金を出しているという虚偽情報を記載

市のウェブサイトでも注意喚起

平成28年11月14日現在、「新居浜市観光サイト」の名を騙る偽サイトの存在が確認されております。

新居浜市ホームページを閲覧されます皆さまにおかれましては、ご注意いただきますようお願いいたします。
新居浜市観光サイト(当サイト)を装い、閲覧者をカジノに誘導しようとする偽サイトが見つかりました。 現在御覧のサイト(http://www.city.niihama.lg.jp/kanko/)は公式のものです。偽サイトには、充分注意をお願いします。

新居浜市の観光サイトを見たい方は新居浜市のサイトから。

見たところ、単純に「なりすまし」で情報サイトに誘導したいだけのサイトに見えるので、その先のサイトへ行かなければ全く被害が出る事はなさそうですし、そもそも嘘っぽい雰囲気が出まくっているし、文章や画像も何だか不自然なので、騙される人はいないと思いますが、新居浜市の観光サイトをご覧になりたい方は、新居浜市のウェブサイトから進むようにしましょう!

↓ 本物の「新居浜市観光サイト」はこちら

追記:2016年11月26日

問題になっていた新居浜市の旧ドメイン(http://niihamakanko.com/)に作られていた悪質なコピーサイトは削除されたようです。

現在アクセスすると、こんな状態。

現在アクセスすると、こんな状態。

アクセスすると、中身に何も無いという事で、ドメインが向けられているサーバー会社のウェブサイトがそのまま表示されます。

さすがに、大きな話題になったので、削除したのでしょうね。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

世界のカジノ産業をリードする有名カジノ企業7選とオンラインギャンブル企業3選

世界にいろいろな場所に、ファミリーで楽しめるカジノリゾートが沢山誕生している現在。そんなエンターテイメントを…

ゲット・リッチ

韓国人が唯一入場できる韓国のカジノ「江原ランドカジノ」はギャンブル依存症のモデルケー…

韓国に17カ所あるカジノの内、韓国人が入場できるのは1カ所のみ「江原ランドカジノ(강원랜드 카지노)」しかな…

虎壱

プリンセス天功がオーナーのカンボジアのカジノ「ゴールデンパームカジノ&ホテル」はどう…

カンボジアの経済特区としてカジノタウンとなっている街「バベット」に2012年に誕生した世界的イリュージョニス…

ヨドバシガメラ

カジノ解禁で、日本のパチンコ税とカジノ税はどうなっていくのか!?

ギャンブルで勝利しても課せられるのが税金。カジノ解禁で、当然注目されるカジノで勝利した場合のカジノ税。でも既…

SPIDERMAN

世界でカジノが合法化されている国がどれぐらいあるのか調べてみました。

日本のカジノ合法化が騒がれていますが、世界中で見てみると、どれぐらいの国がカジノを合法としているのか調査して…

ハラっぱ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集