ラスベガスで旅行中にジャックポットが当たった!

日本人の旅行者がラスベガスでジャックポットを当てた!という話は過去に数件しかありませんが、もし、あなたが旅行中に、ふとプレイしたスロットでジャックポットを当ててしまった場合に、当選金額や税金がどうなるのか?という事を解説したいと思います。

カジノに行くと、テーブルゲームとスロットマシンなどの電子ゲームの2種類のカジノゲームが用意されています。

多くの場合、一攫千金を手にするのは、後者のスロットで遊んでいる方になります。スロットは、50セント程度から賭ける事ができ、ジャックポットと言われる、一番確率の低い絵柄が揃えば、1000ドル〜1000万ドル以上の賞金を一発で獲得できるのです。

1200ドル以上で税金がかかる。

これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。

テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。

もし当たったら、こうなります。

あなたがスロットで遊んで、ジャックポットを当てた場合、以下の様な流れで、賞金が手元にきて、税金が納められる事になります。

ジャックポットが当たるとマシンが停止。

ジャックポットが当たるとマシンが停止。

ジャックポットが当選すると、スロットマシンがフリーズして、画面に「Jackpot Call Attendant」という表示が現れます。

「ジャックポットが出たので、従業員を呼んでください」という事です。

そして、従業員を呼ぶと、「おめでとうございます」と声をかけられた後で、「個人用納税者番号(ITIN)」を持っているか聞かれます。これを持っていれば、納税場所は日本になるので、アメリカで税金が引かれる事はありません。

アイティン(ITIN)ナンバーは、旅行者でも手続き可能

アイティン(ITIN)ナンバーは、旅行者でも手続き可能

ですが、たいていの方は持っていないので、引き続きこんな流れになります。

従業員に「アイティン(ITIN)ナンバーを持っていない外国人が、1200ドル以上を当てた場合は、30%の税金を払わなければいけません。」と言われます。

どうしようも無いので、「YES」と答えると、ちょっとした個室に案内され、パスポートを提出し、書類に必要事項を記入。当選金額から、30%を引かれた金額を現金か、キャッシャーで換金できる小切手で受け取る事ができます。(大きな金額の場合は、銀行で手続きが必要な小切手になったり、20回の分割支払いになったりします。)

キャッシャーで換金できる小切手

キャッシャーで換金できる小切手

30%の支払いは「嫌だ」という方。

もし、30%は払いたくない!という方は、滞在期間がまだある場合は、アイティン(ITIN)ナンバーを申請すれば、翌日には受け取る事ができるので、カジノ側に手続きして貰いましょう。ですが、このアイティン(ITIN)ナンバーを作ったところで、税金が免除される訳では無く、日本に帰れば、一時所得として、確定申告して納税の必要があるので、当選した金額によって、30%を払うか、日本での納税にするか決めるというのが良い方法かもしれません。

多くのカジノで、ITINナンバーが申請できる。

多くのカジノで、ITINナンバーが申請できる。

数千ドルであれば、現金です。外国人の場合、30%引かれます。数年前連れが5000ドルのジャックポット。3500ドルCashでもらいました。
日本での確定申告については、30%の天引きをされたまま還付手続きをしない場合には、所得として申告する必要がありません。
よって、億単位であれば、30%天引きされたままの方が良いとされています。

億単位でなく、数万円程度であれば、30%天引き分を還付してもらい、日本で所得として確定申告したほうがお得ですが。

課税免除の書類を作成してくれるカジノも。

先程説明した、アイティン(ITIN)ナンバーを持っていなければ、30%の税金をとって当選者に残額を支払うカジノもあれば、課税免除の書類「1042S」を作成してくれるカジノもあります。

アメリカと日本は、日米租税条約を結んでいるので、日本在住の日本人は、基本的にはアメリカで納税する義務はありません。なので、カジノによっては、1200ドル以上の当選をした場合でも、課税免除の書類「1042S」を作成し、当選金額をそのまま貰えます。

課税免除の書類「1042S」は日本に送られる。

課税免除の書類「1042S」は日本に送られる。

書類を作成してくれて、当たった金額をそのまま貰えたから「ラッキー」なんて思っていてはいけません。作成した課税免除の書類「1042S」は、日本の税務署に送られるので、きちんと、年末の確定申告で一時所得として申告をしないと、当局から連絡が来ることになります。

金額によっては、こんな例もあるようです。

1042S記載の金額が$10,000以下であれば、課税対象とは看做されていないようですね。
知り合いで、$50,000オーバーのジャックポットをスロットマシンで引き当てた方には、税務署からお尋ねの電話がかかってて来たそうです。

まぁ、当たったら当たったで、いろいろと面倒な事もありますが、人生一回でいいから、こんな大金を当ててみたいものです・・・。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

ブラックジャックの遊び方! カジノでクールに勝てるゲーム!! 勝利に最も近い戦略とは…

ブラックジャックは勝ちやすいゲームというのは本当なのか!?多方面から観察して、このゲームの正体を探り出してみ…

Bロッド

ブラックジャックは個人競技のゲームなのか、団体競技のゲームなのか?

カジノで特に日本人のプレイヤーに人気の高いブラックジャック。自分で自分の手を考える個人競技のゲームに見えるが…

さすらいのブラックジャッカー

カジノの王様バカラで勝つ!初心者でもわかるルール解説と勝率アップの方法。

カジノの王様と呼ばれるバカラ。初心者からハイローラーまで幅広い愛好家のいるこのゲームの、基本的なルールと戦略…

Bロッド

憧れのラスベガスの豪華ラグジュアリーホテルにお得な料金で泊まる方法を教えます!

カジノ好きの方以外でも、豊富なエンターテイメントが揃う場所ラスベガスは憧れの旅行先ですよね!でも、ホテルの格…

ドラえもん

カジノ選びからゲーム開始まで・・・ラスベガスのカジノで勝つための必勝法。

ラスベガスでのカジノ必勝法は結構簡単です。勝率を上げるためには各ホテルにカジノがありますが、このカジノの選択…

BAKA KING

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ゲスの極み

カジノもリゾートも好きなカジノを愛するゲスです。私以外私じゃないの。そりゃ当たり前だー。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集