負けが込んでも最後大きく勝つ!それがグレートマーチンゲール法

負けが込んでも最後大きく勝つ!それがグレートマーチンゲール法

基本となる「マーチンゲール法」について

恐らく世界で一番有名なベット法は「マーチンゲール法」です。
これは単純に、負けた次のゲームでは前回の倍額をベットしていく、一言で言えば「倍プッシュ」です。
例えば最初に$1ベットで負けた場合、次は$2、その次は$4ドルと賭けていくもので、どんなに負けがこんでていて、最後に勝てば必ず1回目のベット金額分勝てるというもの。

ベットリミット(天井)の問題と、連続して負ける事に耐えられる豊富な軍資金があれば理論としては確かにその通りです。

10連続で負け続ける確率は低いですが、あくまでもそれは勝率50%の繰り返しであり、決してリスクは低くありません。

リスクが高いなら、より勝利時の利益を大きく!

そういった考えから生まれたのが「グレートマーチンゲール法」です。

具体的には負けた次ゲームは2倍+α

では、具体的にはどういうベットなのか?

これはさほど難しいものではありません。

マーチンゲールの倍プッシュ式なのに加え、+α分の賭け金を上乗せしていくだけです。
(+1ずつが良策とされています。)

・マーチンゲール法
1→2→4→8→16

・グレートマーチンゲール法
1→3→7→15→31

こういった具合です。
5回目で勝利した場合、比較すると以下のようになります。

・マーチンゲール法
投資額1+2+4+8+16=31 ペイアウト32(+1)

・グレートマーチンゲール法
投資額1+3+7+15+31=57 ペイアウト62(+5)

このように、負け続ければ負け続けるほど最後の利益は大きくなりますが、投資スピードはかなりのものとなります。

非常にリスクは大きいので、負け続けると資金があってもベットリミットの可能性も出てきます。

リスクを覚悟で一撃離脱!

こうしたリスクを考えると、なかなか二の足を踏まざるを得ないグレートマーチン法ですが、時には大勝負をしてみたいのが人情というもの。もし、使う場合には、これまでの流れを一度冷静に振り返った上で負けた時の事を考えた上で一撃離脱の決心をしてから使うべきでしょう。

ミニマム$5までのアジア圏カジノであれば、バカラテーブルで負け続けたとした場合の賭け金は以下の通りです。

ベット額
5→11→22→45→91→182→365→731

合計投資額
5→16→38→83→174→356→721→1452

使うからには一度きり! 覚悟を決めて責任あるゲーミングを!

非常にリスキーなグレートマーチンゲールについて説明させて頂きました。
ロマンと危険を天秤にかけて、使うからには勝っても負けてもこれっきり。
その位の覚悟で勝負に賭ける方法であることを承知して実践下さい。

プレイヤーとしての節度を持ち、責任あるゲーミングを!

みんなが見ている人気記事

関連する記事

マカオのカジノにあるテーブルゲーム台数は、カジノ側に決める権利は無い。

次々と巨大なカジノリゾートのオープンラッシュとなっている「西のラスベガス」とも言われるマカオ。そのカジノ施設…

まきおう

ブラックジャックは個人競技のゲームなのか、団体競技のゲームなのか?

カジノで特に日本人のプレイヤーに人気の高いブラックジャック。自分で自分の手を考える個人競技のゲームに見えるが…

さすらいのブラックジャッカー

カジノ選びからゲーム開始まで・・・ラスベガスのカジノで勝つための必勝法。

ラスベガスでのカジノ必勝法は結構簡単です。勝率を上げるためには各ホテルにカジノがありますが、このカジノの選択…

BAKA KING

パーレー法よりもっと手堅く勝負する!カジノ必勝法「グッドマン法(1235法)」

様子見の時に使いたい守備的な必勝法として知られる「グッドマン法(1235法)」。大きく勝つのは難しいですが、…

Mr. GO-MA

0&00の2つで荒波のアメリカンルーレット。あなたは攻略法「ダブル・ゼロ」をご存知で…

緑のポケット「0と00」があるアメリカンルーレット。「0」が1つのヨーロピアンルーレットよりも荒い傾向になる…

浦島ソウル太郎

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

Mr. GO-MA

カジノには必勝法がいくつかあるのです・・・。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集