まずは、カジノの歴史から紐解きましょう。

カジノはヨーロッパに起源を持つエンターテイメントです。ルイ15世が王座に君臨していた頃のフランスで、上流階級向け・庶民向けに分かれて賭博場が広まったとされています。

フランス革命によって王政が倒れると、賭博に対する制限が無くなったため、さらに一般に流行しました。しかし、総裁政府時代に賭博場を公認化することでコントロールしつつ、課税の対象にしました。なお、世界最古といわれるカジノは、イタリアにあるカジノ・ディ・ヴェネチアで、1638年にスタートしたといわれています。

カジノ·ディ·ヴェネツィア(Casinò di Venezia)

カジノ·ディ·ヴェネツィア(Casinò di Venezia)

世界一はやっぱり「アメリカ」

現在最もカジノが盛んなアメリカでは、1931年にネバダ州で合法化されたことから、その人気が拡大し始めました。ラスベガスがカジノを産業に発展し出したのは、1940年代に入ってからです。

1960年代後半から1970年代になると、アメリカのニュージャージ州・スペイン・オランダ・オーストラリア・ケニア・南アフリカ共和国・セネガルなどで合法化されました。今では、120カ国以上で合法化され、世界に2000以上のカジノ施設が存在します。それらは各地の観光資源や経済を支える産業として、大きな役割を果たしています。

カジノの街「ラスベガス」

カジノの街「ラスベガス」

近年、カジノの動向は大陸によって違いが出ています。(以下、すべて百万ドル単位)米国では、2005年に52,878のカジノ利用がありました。2014年は68,300で、ここ10年間で129%の成長率を記録しています。2008年(59,238)~2011年(58,030)の4年間はやや減少傾向に陥っていましたが、その後は人気が回復したと考えられます。

合法国の多いEMEAでは横ばい

EMEA地域(ヨーロッパ・中東・アフリカのこと)では、横ばいの成長が続いています。2005年に売上高は19,334でしたが、2014年は19,651を記録しました。2010年に過去10年で最低の16,186を記録した一方、これらの落ち込みは、2008年に発生したリーマンショックの影響が一因だともいわれています。EMEAでは、爆発的な上昇は見られないものの、市民のエンターテイメントとして、しっかり根付いているといえるでしょう。

イギリスには中国資本が次々と。

イギリスには中国資本が次々と。

ロンドンのカジノクラブは、次々と中国やマレーシアのカジノ企業による買収が続いている。

中南米は、可能性がある市場

中南米では、わずかながら毎年カジノの発展が見受けられます。2005年306百万ドルの規模だったものが、2014年には776百万ドルになりました。その増加率は254%です。まだまだ、中南米全体に普及しているといえない利用額ですが、急激に流行りはじめているといっていいでしょう。

ブラジルの合法化で最大の発展地域となる可能性

ブラジルの合法化で最大の発展地域となる可能性

中南米は、アルゼンチンが一番のカジノ大国だが、日本と同じく非合法状態にあるブラジルが合法化すれば、最大のポテンシャルを秘めた地域と言える。

カジノオペレーターにとって、ブラジルは日本とならぶ世界に残された数少ない巨大未開拓市場である。日本を頻繁に訪れる海外オペレーター群が、揃ってブラジルに向かうとみられる。

アジア圏は、世界を牽引するカジノ市場

この10年間で、最もカジノ普及が進んだのはアジア太平洋地域でした。マカオやシンガポール、韓国、フィリピンの存在が、その発展を後押ししたといえます。2014年カジノ産業が生んだ資金額は62,927にも上り、10年前(2005年)と比べて5.76倍の規模になりました。未だ世界最大のカジノ規模を誇るのは米国ですが、アジア太平洋地域との差は、わずか5,373百万ドルです。これから数年の間に、アジア太平洋が最大のカジノ・マーケットになり、そのエンターテイメントを求めて、世界中から富裕層が集まることは間違いなさそうです。

巨大施設が次々と建設されているマカオ

巨大施設が次々と建設されているマカオ

中心部エリアのカジノだけでなく、近年は、少し離れたコタイ地区に、ギャラクシー、シティ・オブ・ドリームス、スタジオシティといった、巨大IRが次々と誕生している。

日本はどうなっていくのか?

日本では、現在カジノ法案が国会で議論されています。東京オリンピックまでにカジノ施設を建設することは無理かもしれませんが、受け入れられるのも時間の問題でしょう。韓国は仁川だけでなく済州島など、カジノを利用できる地域の拡大を図っています。東アジアも、今後カジノ会社の一大マーケットとして注目を浴びそうです。

世界最大のマーケットとなる可能性

世界最大のマーケットとなる可能性

日本というブランドと、世界最高とも言われるサービス対応とカジノが融合すれば、世界最大のマーケットとなる可能性は大である。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

ドナルド・トランプ大統領誕生で、オンラインカジノは世界中で活性化するかも!? 日本も…

アメリカ大統領選挙で、ヒラリー・クリントン氏との一騎打ちとなるドナルド・トランプ氏が、大統領になった場合に、…

Zulu DOLL

アジアゲーミングアワード2017で、日本企業2社が初の栄冠に輝く。

2017年5月16日に、マカオの人気リゾート「パリジャンマカオ」で開催された「アジアゲーミングアワード201…

エリザベス

クレイジージャーニー出演の東大卒プロポーカープレイヤー木原直哉とプロになる方法。

松本人志さん・設楽統さん・小池栄子さん出演のTBS系列番組「クレイジージャーニー」に取り上げられた東大卒のプ…

シュウエップス

日本がシンガポール型のIRカジノを手本にするとオンラインカジノは違法となる!?

マリーナベイサンズで日本人にも有名なシンガポールは、政府としてオンラインカジノやブックメーカーなどのオンライ…

Re:JAPAN

世界のカジノ王が日本に集結!市場規模3兆円とも言われる日本に投資意欲は破格の無制限!

2022年の開業に向けて、世界のカジノ王達が準備に入った。機関投資家に向けた説明会を東京で開催し、「究極のビ…

カジノ通信社

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

プリオン

世界のカジノ情報をいろいろとご紹介させていただきます。遊びにいかれる予定の方は参考してくださいネ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集