イギリスの次にイギリスな街:クライストチャーチ

ニュージーランドの南島で最大であり、玄関口とも言える都市「クライストチャーチ」。穏やかで落ち着きのある治安の良い都市は、日本人からも人気の観光地です。

クライストチャーチは、イギリスの次にイギリスな街として有名。ニュージーランドは、国旗からもわかるように、イギリス連邦加盟国。国中がイギリスの流れを受けている中でも、クライストチャーチは、ガーデニング文化がより強い都市となっています。

ゴシック調の建物が多く、ガーデニング文化が色濃く根付いているため、「イギリス以外で最もイギリスらしい街」と呼ばれています。それもそのはず、この街はオックスフォード大学クライストチャーチ・カレッジの出身であるイギリス植民者によって作られたのです。街中を流れるエイボン川では、観光客に人気のパンティングで優雅なひとときを楽しむこともできます。
ガーデニング文化が、美しい自然溢れる空間を作っている

ガーデニング文化が、美しい自然溢れる空間を作っている

クライストチャーチは英国風の優雅な伝統と現代文化が見事に融合している街です。南島の観光地へ旅立つ前に、クライストチャーチや周辺の見どころへも足を延ばしてみましょう。
クライストチャーチは、南島最大の都市

クライストチャーチは、南島最大の都市

クライストチャーチ(英語: Christchurch、マオリ語: Ōtautahi)は、ニュージーランド南島中部、カンタベリー平野東海岸側に位置する都市である。人口は、341,469人(2013年)。国内では2番目、南島では最大の人口を有する。

雰囲気の良いクライストチャーチカジノ

クライストチャーチには、カジノらしい雰囲気のあるランドカジノがあります。それが「クライストチャーチカジノ(Christchurch Casino)」です。市内の中心部にある大聖堂広場から徒歩圏内のPARK ROYAL HOTELの近くにあります。

昼のクライストチャーチカジノ(Christchurch Casino)

昼のクライストチャーチカジノ(Christchurch Casino)

それほど、夜遊び施設が沢山ある街では無い中で、カジノの立ち位置はとても重要ですが、クライストチャーチカジノは、そんな中で良い「夜遊び場」になっています。

夜のクライストチャーチカジノ(Christchurch Casino)

夜のクライストチャーチカジノ(Christchurch Casino)

まずはカジノゲームで楽しもう!

カジノエリア

カジノエリア

折角、カジノに来たら、少しだけでもカジノゲームを楽しみましょう!スロットなら1セントから、ブラックジャックやルーレットは5ドルベットから、バカラは10ドルベットから楽しめるので、とても遊びやすいのです。

スロットは1セントゲームから。台数は400台以上

スロットは1セントゲームから。台数は400台以上

◎ クライストチャーチで遊べるカジノゲーム
・バカラ
・ブラックジャック
・カリビアンスタッドポーカー
・ルナポーカー
・マネーホイール
・ポーカー
・ラピッドルーレット
・ルーレット
・大小
・スリーカードポーカー
・テキサスホールデム

そして、クライストチャーチカジノが「夜遊び場」として上手く機能している点が、カジノを遊ばなくても楽しい事にあります。

レストランやスポーツバーで楽しもう!

Monza Sports Bar

Monza Sports Bar

夜遊ぶにお酒は付きものですが、ここクライストチャーチカジノ内にあるm「Monza Sports Bar」では、名前の通り、大画面でスポーツ観戦をしながら、お酒を楽しむ事ができます。

内装も豪華で、レストランやバーもいくつかあるし、ゲームをしなくても楽しめる!
私も時々行くけど、ギャンブルをするというよりは、食事をしたりバーで友達と話しながらビールやカクテルを飲みに行くって感じだよ。週末の夜には生演奏もあるから、より雰囲気が良くなる!
カジノで遊ばなくてもスポーツ観戦ができる!

カジノで遊ばなくてもスポーツ観戦ができる!

カフェが人気。

カフェが人気。

The Grand Caféでは、週末の朝食ビュッフェや、スペシャルランチセット、ハイティやバーガーナイトがあったり、Monza Sports Barでは火曜日の夜にピザが半額でやってたり・・・。よくキャンペーンがあるから要チェック!

ドレスコードに注意

一応、シティカジノですから、ドレスコードはしっかりとあります。

とはいえ、明確に規定がある訳ではありませんので、最低限スマートカジュアルで出かける様にしましょう。

サンダルやショートパンツ、清潔感の無い服装だと、入場規制されてしまう事もあります。

観光客も多く来る場所なので、ジーンズやスニーカーはOKとされています。

年齢制限:20歳以上(入場時パスポートチェック)
営業時間:平日午前11時〜午前3時・週末(金曜)の夜から日曜の翌朝3時までは継続的に営業されています。

口コミ

クライストチャーチの中心部、震災後に入場禁止エリアになっているサークル部分の北西部から徒歩で5分ほどのところにあるカジノです。ホテルカジノではなく、プレールームとレストラン、バーからなります。規模は小さく、テーブルゲームはバカラ台が2台、ルーレット2台、他にブラックジャックなどが十数台程度で、他はすべてスロットのマシンゲーム(ざっと200~300台と思いました)です。平日の午後4時くらいでも、客の入りはまばらで、テーブルは4、5台がかろうじて動いている程度でした。オーストラリアと同様、年齢制限があるようでしたが、明らかに30歳以上に見えるような人は、ノーチェックで入場していました。場内は禁煙(ただし喫煙室あり)、酒類は安いもので1杯5~6NZ$でしたが、夕方前などはハッピーアワーで半額サービスがありました。レストランで2日間、食べましたがフィッシュ&チップスやリブステーキ(15~20NZ$ほど)が大層おいしく、プレーよりも飲食目的の客も多いように感じました。市内中心部はまだ震災から立ち直っておらず、カジノ周辺も締め切ったままの施設や建物が多く、そんなことからかこのカジノも、市民の憩いの場になっているのかもしれません。テーブルのミニマムレートはルーレットなら200円ほど(赤黒などは2000円など)、ブラックジャックやバカラは700円~1500円ほどと手ごろで、スロットは1セントからプレーできます。小さな場ゆえ、勝負に没頭するというより、小金で運試し程度に遊んで、後は飲食を楽しむつもりならお薦めの施設です。

クライストチャーチカジノ公式ウェブサイト

みんなが見ている人気記事

関連する記事

明洞地区からタクシーで30分で行ける「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」はオススメで…

韓国ソウルにある人気のランドカジノ「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」は、韓国旅行でカジノに行きたいなら絶対…

マーベル女子

イギリスのカジノは会員登録後24時間は遊んではいけないのをご存知ですか?

イギリスのカジノは、会員制が必須の賭博法の下で、運営されていたので、現在の法律でも会員制カジノは、24時間ル…

ONIONS

日本のサッカー選手も行ってる!? ドイツの工業都市シュツットガルトのIR「カジノ・シ…

世界的工業都市「シュツットガルト」の中心部にある統合型施設「SI-Centrum Stuttgart」にある…

シュウエップス

日本でも広告が増えてきた韓国のセブンラックカジノってどんなとこ?

最近、広告のトラックや、街角のちょっとした枠に広告を見かけるのが多くなってきた韓国のランドカジノ「セブンラッ…

T-REX

オランダ・アムステルダム旅行者の最高の暇つぶし!スキポール空港でカジノができます!

オランダに旅行に行く場合は、首都アムステルダムを選ぶ方が多いと思いますが、旅行者に待ち時間は付きもの。アムス…

マーベル女子

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

MINTIA

カジノで勝ちまくれる!
俺は持ってる。はず・・・

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集