世間を賑わせた闇カジノ賭博問題

バドミントン男子シングルスでリオデジャネイロオリンピックの出場が確実で、金メダル候補の有力者だった世界ランキング4位の桃田賢斗選手と、ロンドンオリンピック日本代表だった田児賢一選手が、平成27年4月に摘発を受けていた暴力団が運営するJR錦糸町駅近くの闇カジノへ出入りしていた事が発覚。

謝罪会見をするバドミントン界のエースの2人

謝罪会見をするバドミントン界のエースの2人

これがなければ、日本初のバドミントンでのオリンピック金メダルが期待されていただけに、日本のスポーツ界、特にバドミントン界にとっては衝撃的な出来事でした。

海外遠征中に問題が発覚

海外遠征中に問題が発覚

桃田賢斗選手(21)と田児(たご)賢一選手(26)が出入りしていた違法な闇カジノ店の元経営幹部の男性(47)によると、雑居ビル9階の店には3台のバカラ台があった。常時数人のディーラーがおり、客は酒を飲んだり、ディーラーと談笑したりしながらバカラ賭博に興じた。

何故、闇カジノに2人が出入りしていた事がバレてしまったのでしょうか?

この闇カジノ店は24時間営業で、警察当局の内偵捜査や摘発を逃れるために3カ月単位で移転。客引きが連れてきた新規客には免許証などによる身分確認のほか、「(逮捕など)店が客に迷惑をかけても責任は取れない」とする誓約書に署名させていた。
同店が摘発されたのは前述のように昨年4月で、経営者(46=当時)とその背後にいた住吉会系組長(60=同)ら6人が賭博開帳図利などの容疑で翌月、逮捕された。押収された顧客リスト(約380人)に桃田、田児の名前もあったという。

どうやら、2人が通っていた闇カジノ店が摘発され、そこのルールで身分証明書や誓約書の提出があった事から、捜査の中で、2人が利用していた事が発覚したようです。

2人が通っていた闇カジノ店は、東京・墨田区のJR錦糸町駅から300メートルほどにある雑居ビルの9階にあった。看板・店名もないこの闇カジノは2014年11月に開店し、昨年2月からの3か月間でおよそ1億円を売り上げていた。昨年4月に警視庁の摘発を受け、閉店した。

たった3ヶ月で、知っている人にしかわかりようが無い闇カジノ店の売上が1億円もあるという凄さ・・・。日本のカジノ合法化されると、1兆円以上の巨大産業が出来上がる事は目に見えています。

誰が運営しているのか。警察庁は年間70~100件の違法賭博店を摘発している。木曽氏は「摘発された店の50%が反社会的勢力で、残りの50%もみかじめ料を取られ、結局は反社勢力の資金源と言われている」と指摘する。バドミントン選手が通っていた店が警視庁に昨年摘発された時にも暴力団組長が逮捕された。

利用額は、1000万円にも。

桃田選手と田児選手は、かなり頻繁に闇カジノを訪れ、田児選手は100万円単位での賭け。桃田選手は数万~数十万円単位の賭けを楽しんでいたようです。しかも、2人の負け金額は、合計1000万円以上というから驚きです。

たった2人からこれだけのお金が闇カジノに・・・

たった2人からこれだけのお金が闇カジノに・・・

記者会見で発表された件に関して、使った賭け金額は

桃田選手が「50万円」
田児選手が「1000万円」
という答えがでました。

田児選手だけで1000万円行っているとは思いませんでしたね。そして桃田選手に関しては予想より少なめの「50万円」という結果となりました。

オリラジのPERFECT HUMAN「中田敦彦」も強い発言

オリエンタルラジオのあっちゃんもニュース番組で厳しいコメント

オリエンタルラジオのあっちゃんもニュース番組で厳しいコメント

中田が問題としたのは8日の謝罪会見での「自分もスポーツマンで、勝負の世界で生きている以上、ギャンブルというものに興味があり、抜けられない自分がいた」という発言。「ギャンブル依存からこれから脱却しなきゃ行けない中で、かなり危険な兆候だなと思いました。スポーツをやってるんだから仕方ないともとらえられるじゃないですか」と解説した。

最近のあっちゃんは、ベッキーへのコメントといい、この闇カジノ賭博問題へのコメントといい、なんだか真矢みきさんと言い合いになるレベルの強い発言をワイドショーで繰り広げています。さすが・・・パーフェクトヒューマン・・・。

闇カジノ以外にも、違法スロット店にも出入りしていた。

闇カジノの摘発から、利用者名簿にあった2人が上がりましたが、その後の2人への聞き取り調査で、バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームで遊ぶ闇カジノ以外にも、闇スロット場にも出入りしていた事が発覚。

バドミントンの桃田賢斗選手(21)らが違法カジノ店で賭博行為をした問題で、所属先のNTT東日本は12日、同選手ら計7人が違法スロット店でも賭博をしていたことを明らかにした。同社は田児賢一選手(26)の解雇などを11日に発表した際、違法スロット店に出入りしていた事実も把握していたが公表しなかった。

 NTT東によると、7人は違法カジノ店への出入りと同時期の2014年10月から15年1月、東京都墨田区の違法スロット店に通った。田児選手は約20回通って約50万円負け、桃田選手は5回ほどで十数万円負けた。ほかにOBを含む5人の男子部員が数回通っていたという。

 選手の違法スロット店への出入りは、8日に桃田選手らが記者会見した後の追加調査で判明していた。他の選手を違法スロット店にも連れて行った田児選手は同社の調査に「バカラ以外の賭博にも興味があった」と話したという。

闇スロットとは?

闇スロットは、風営法の許可がない上、メダル1枚20円以上(50円や100円なども)という高レートで行われています。

多くはメダルを排出しない(デジタルで枚数をカウントする)タイプですが、場合によっては直接スロット台から硬貨(100~500円)が出るタイプの物もあります。なおメダル交換の場合も景品を通さず直接現金と交換する方式です。

例えば1枚100円のメダルの場合、等価交換だとすると、1回の大当たりが300枚とすれば、3万円がペイアウトされるということになり、かなり射幸性が高いものとなっています。

2人から始まったバドミントン界の闇カジノ賭博は広がる・・・

桃田賢斗選手と田児賢一選手の闇カジノ出入りで発覚したバドミントン界の賭博問題は、2人だけでは収まらず、大きく拡大され、他7名の出入りも発覚しました。

バドミントン選手9名の処分が決まった

バドミントン選手9名の処分が決まった

トップ選手による闇カジノ賭博問題への対応に追われる日本バドミントン協会は19日、18日までの調査で闇カジノへの出入りが判明した新たな現役日本代表選手が中央大学4年生の西本拳太(21)であることを公表し、厳重注意と日本代表指定解除処分を下したと発表した。同選手は賭博行為は否定している。これで一連の問題で処分された選手・関係者は、桃田賢斗(21)=NTT東日本=、田児賢一(26)らと合わせて9人となった。

今回処分された9人のうち、桃田を除く8人は、田児の母校埼玉栄高の出身。田児と1人が同学年、残る6人は後輩だった。全員が田児とともに、闇カジノ店を訪れている。桃田もNTT東日本、日本代表では田児の弟分的存在だった。西本は18日に行われた聞き取り調査で「田児選手に『ついてこい』と言われた」と話しており、問題は体育会特有の上下関係が良くない方向に働いた背景が伺える。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

日本のカジノは成功する?カジノとは縁が深い井川意高氏から説得力のあるコメントが。

日本のカジノ法案成立の前日に仮出所したカジノとは深い深い縁がある井川意高氏が、日本のカジノが成功するか・・・…

天然水

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

カジノ船「オーシャンローズ」はいつの間にか無くなっていた。

長崎と上海の航海中にカジノで遊べるカジノ船「オーシャンローズ」がいつの間にか撤退していました。

ゴリラテ

千葉県の違法カジノ・パチスロ店「インフィニティ」が摘発。その営業方法とは?

2017年5月29日に摘発された違法カジノ・パチスロ店「インフィニティ」がどんな営業方法で賭博場を運営してい…

エリザベス

秋葉原にメイドさんがディーラーをしてくれるメイドカジノ「アキバギルド」がある

日本は2016年現在はカジノが合法化の国ではありませんが、秋葉原に、メイドさんがカジノディーラーをつとめてく…

OKAXIL

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集