日本のカジノ合法化の中身とは?

安倍政権となって、アベノミクスが騒がれ出した頃から、日本の外貨取り入れ政策の1つとして、ニュースになっていた「日本のカジノ合法化」政策である「IR推進基本法案」。

カジノを含めた統合型リゾートの整備を推進するための法案の一つで、「特定複合観光施設区域整備法案」が正式名称です。これは日本でカジノを解禁する基本法にあたり、実際のカジノ建設には、同法案成立後1年以内をメドに策定される「IR実施法案」により詳細が定められることが必要です。これが可決されることで日本でのカジノ建設が本格的にスタートする見込みです。

この法案は、単純にカジノを作ろう!という事ではなくて、IR(Integrated Resort)という、統合型のリゾート施設を作ろう!という法案になります。

統合型リゾート(とうごうがたリゾート、英称:Integrated Resort、略称:IR)とは、国際会議場・展示施設などのMICE施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場・映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などにカジノを含んで一体となった複合観光集客施設のこと。

沢山の大型観光施設を作ろう!という中身ですが、大型商業施設は運営費用だけでも赤字になる程、続けていくのにお金がかかってしまいます。そこで、その収益面を支える為に「カジノ」を運営するという形になっているのです。これが「IR推進基本法案」です。



なので、商売の中で一番大事な収支面。お金を支えてくれるカジノは、この大型商業施設をつくる為には必要不可欠なのです。

代表例はシンガポールのマリーナベイサンズ

日本が一番のモデルケースにしているのが、シンガポールの様なIR型カジノです。その代表的存在が、いまやシンガポールのシンボル的な位置づけになった「マリーナベイサンズ」です。



ホテルの上にある、船の様な形のインフィニティプールはあまりにも有名で、ホテルの前にあるカジノも大人気のスポットになっています。



ですが、この「マリーナベイサンズ」があるマリーナエリアは、ホテルとカジノだけではありません。

統合型リゾートというだけあって、ホテル・カジノ以外にも、ミュージアムやシアター、大型ショッピングセンター、国際的な会議なども開ける大きなコンベンションセンターもあります。

ラスベガス・サンズが、日本市場に1兆円の投資

このマリーナベイサンズを運営するアメリカの企業「ラスベガス・サンズ」の子会社である「マリーナベイ・サンズ」が日本にカジノができる場合に、日本市場に参入すると再度表明しました。

MBSのジョージ・タナシェヴィッチ社長

MBSのジョージ・タナシェヴィッチ社長

これまで、日本のカジノ合法化が騒がれる度に、沢山のカジノ企業が日本市場が世界一のマーケットになると予想し、参入の声を上げていましたが、既に日本人からもあこがれの的となっているマリーナベイサンズの社長も、強い意欲を示しています。

「日本に100億ドル(1兆1100億円)規模を投資する計画に変化はない」
日本でIR推進基本法案の成立が難航している点について、タナシェヴィッチ社長は「時間がかかるのは必要なプロセスだ。日本市場進出がわれわれにとって最大のチャンスだということに変わりはない」と指摘。

有力地は、東京、大阪、横浜の3都市

日本にカジノをつくるにあたっての有力地としては、「東京、大阪、横浜の3都市」の名前をあげていました。

IR誘致を目指す沖縄県、大阪府なども、政治情勢の変化で取り組みに温度差が出ているが、タナシェヴィッチ社長はIR建設の候補地として「人口が多くて交通アクセスが便利な大都市が有望」だとして、具体的には「東京、大阪、横浜」の3都市を挙げた。
沢山の自治体が候補ではあるが・・・

沢山の自治体が候補ではあるが・・・

やはり、観光客の集客や、既にある施設とのバランスを考えると、この3都市に絞られるのは仕方のない事かも・・・

一番イメージしやすいのは「横浜」

この東京・大阪・横浜の3都市の中でも、マリーナベイサンズのある、シンガポールのマリーナエリアのイメージにそっくりなのが、「横浜」のみなとみらい地区でしょう。

沢山の観光客の受け入れが可能な大型ホテルも多くある上、国際会議もできる施設もある。さらには、遊園地やショッピングセンター、伝統的な町並み、中華街、温泉まで揃う、この「みなとみらい」は、もうカジノホテルだけを作れば、そのままシンガポールのマリーナエリアと同じレベルになれる程、既に町が出来上がっています。

そうなると、横浜ベイサンズの誕生か!?

マリーナベイサンズは、シンガポールのマリーナエリアにあるサンズホテルだから、「マリーナベイサンズ」という名前です。

となると、横浜にサンズホテルができれば、「横浜ベイサンズ」という事になるのでしょうか!?

今後の展開がとても楽しみですね。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

オーストラリアのカジノ運営会社クラウン・リゾーツが、日本のカジノ法案の推進を訴える

現在、日本の国会では審議がストップしてしまってる日本のカジノ合法化に関して、海外のカジノ運営会社が大きなビジ…

虎壱

ラルクアンシエルが、カジノ法案成立前に期間限定で「ラルカジノ」をオープン!

カジノ合法化の前に、大阪湾に浮かぶカジノ誘致場所候補の「夢州」にラルクアンシエルが、カジノをオープン!2日間…

ヨーグリーナ

日本にカジノが出来たら暴騰するカジノ関連株を調べてみた

現実味を帯びてきた日本のカジノ合法化。法案が通ったら、一番最初に反応するはカジノ関連株。その暴騰しそうな株を…

えいひれ

たった2日でスピード可決!ついに日本のカジノ合法化は決定的!

日本にカジノを含む統合リゾート施設を作る法案「IR法案」が衆議院内閣委員会でスピード可決された。与党さえまと…

カジノ通信社

デイサービス内で行われるカジノゲームを禁止する条例が可決された。

高齢者向け施設であるデイサービスの新しい形態として注目のカジノ型デイサービスが規制される動きとなっていますが…

麦茶

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

ハラっぱ

日本でもカジノが出来る様になった時の為に、いろんな知識を付けていかないとダメだなと、常に思う・・・

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集