私はカジノを嫌悪している。既存のカジノ以外は認めない。

フィリピンのロドリゴ・ドュテルテ大統領は、多くのカジノが現在進行系で開発を行っている状態のフィリピンでのカジノ産業に対して、今後「私はギャンブルが大嫌いだ。私はいらない。今あるカジノ以外は存在させない。私は何も与えない。」と発言。

また、同国の法務大臣に、国家にとって不利な契約内容になっているという、ナヨン・ランディング・リゾート(NayonLanding resort)へのリース契約の見直しを指示。パラニャーケ市(Parañaque City)に統合型リゾート施設を計画中の香港上場のランディング・インターナショナル・デベロップメント(Landing International Development)のパートナーであるナヨン・フィリピノ(Nayong Pilipino Foundation)の全役員を解任した。

在任中に既存カジノ以外に新しいカジノができることはない

ランディング・インターナショナル・デベロップメント(Landing International Development)は、1500億円とも言われる開発費用をかけたリゾート開発の起工式を行い、ドゥテルテ大統領が見直しを求める契約内容に対して、「契約の有効性が左右されることはない」と主張しているが、本契約や、現在開発が進む「リゾーツワールド・ベイショアシティ」の契約の際にも、入札が行われた記録がなく、契約が不明確で公正さに欠けていると点も疑問を呈している。

とにかく、ドゥテルテ大統領は、「在任中に既存カジノ以外に新しいカジノができることはない」と発言している事から、今後のライセンス認可はしばらく行われないことは明確。既存カジノもライセンス満了時期には、厳しい改定を求められる可能性がある。

◎フィリピンの現在のカジノ状況
統合カジノ施設:民間企業9社
ゲーム台数:1444台
電子ゲーム機:9427台

関連する記事

登録だけで貰えるボーナスがいっぱい。GPWA認定の日本最大級のオンラインカジノ情報メディア

最新ニュース・トーナメント情報・人気ランキングなど、業界の旬なトピックが満載。ゲームレビューや動画・・・

Sponsored

スマートライブカジノで遊んでいた日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された件をまと…

2016年3月10日に、日本国内から海外サービスのオンラインカジノ「スマートライブカジノ」を遊んでいたプレイ…

ウルトラソウル

新国立競技場でも話題の建築家ザハ・ハディド氏がデザインしたマカオのカジノホテルは20…

マカオの「CITY OF DREAMS MACAU(シティオブドリームズマカオ)」に建築が進んでいるのが世界…

ローリングあざらしアタック

2016年年末に完成予定!日本企業が作る初のIR施設「フィリピン・マニラベイリゾート…

日本企業ユニバーサルエンターテイメントがフィリピンに構える現地法人で開発している、日本企業が単独作る初のIR…

泥棒猫ナミ

世界でカジノが合法化されている国がどれぐらいあるのか調べてみました。

日本のカジノ合法化が騒がれていますが、世界中で見てみると、どれぐらいの国がカジノを合法としているのか調査して…

ハラっぱ

マカオのカジノディラーが起こしたイカサマ行為の事件が多すぎる件。

今や世界一のカジノ大国であるマカオでカジノディーラーが起こしたイカサマ事件をまとめて紹介します。

S.H.I.E.L.D.

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

Mr.X

I am Mr.X.

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集