フィリピン経済特区庁とは?

フィリピン経済特区庁「Philippine Economic Zone Authority(略称:PEZA)」とは、国内のある一部の地域を特別区域と定め、そこに入る企業に多くの優遇措置を与える為の経済特区を管轄する機関になります。国内の雇用促進などを目的に、海外の企業などを国内に誘致する為に作られており、3000以上の企業が特区に入居しています。

PEZAに入るとこんな優遇措置が。

PEZAに入ると、様々な優遇措置が受けられます。例えば、法人税が3〜8年間免除になったり、特別に安い税制が適用されたり、輸入関税が免除されたりと、かなりお得に事業を行う事ができるのです。

オンラインカジノ事業者の認可を取り消しへ。

2017年4月25日に報じられた内容によると、PEZAは、同庁が管轄している経済特区や優遇措置を適用したオフィスビルでオンラインカジノ事業を運営する事を認めないと発表されたようです。

認めない理由としては、以下があげられました。
・そもそもPEZAが管轄する業務ではない
・既存のBPO関連企業の営業やイメージに影響を及ぼす可能性がある

マニラの100社以上のオンラインカジノ事業者は!?

フィリピンの首都マニラには、オンラインカジノを運営する企業が100社以上あります。今回の決定によって、フィリピンでの事業存続ができなくなるという訳ではなく、あくまでPEZAから除外されるという事になります。

これにより各オンラインカジノ事業者は、税制の優遇措置を受けられなくなるとともに、PEZAのオフィスビルの安い賃貸料金の優遇も受けられなくなります。

という事で、単純に利益率が低下してしまうという流れになります。

フィリピンには、300以上の経済特区があります。今回の決定が単にPEZAだけの物という事であれば、フィリピンの他の経済特区であり、オンラインカジノ事業者も多い、カガヤン経済区庁「Cagayan Economic Zone Authority(略称:CEZA)」や、ザンボアンガ特別経済区庁「(Zamboanga City Special Economic Zone Authority(略称:ZCSEZA)」などに移れば良いだけという事も考えられます。

また、今回の決定にあたり、PEZAは「No」という結論を出しましたが、大統領府からは、「PEZAが認可したITビルでのオンラインカジノ事業を認めるよう要請を受けていた」という経緯もあります。

世界的に見ると、ギャンブル事業者は多くの利益を抱える「お金持ち企業」である為、禁止するのではなく、「多くの税金を納めてもらう」という方向に進んでいる傾向があります。

フィリピンも優遇措置を止めて、この流れにもっていきたいという事なのでしょうか? 政治的にも安定しているとは言いにくい国ではありますので、今後、まだまだ変わっていきそうです。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

日本人が好きな、海外カジノにある人気のカジノゲーム6選

海外のランドカジノにあるカジノゲームの中で、日本人に人気の高いカジノゲームのまとめです。

ウルトラソウル

ギャンブル・カジノ業界 世界大富豪ランキング1位は、マリーナベイサンズのCEO。日本…

フォーブス誌がギャンブル・カジノ業界だけに絞った「世界大富豪ランキング」を発表。1位は、マリーナベイサンズの…

MINTIA

2017年春。韓国に新カジノリゾート「パラダイスシティ」誕生!これからは仁川空港も人…

2017年春になると、韓国に訪れる理由がまた一つ増える。韓国の空の玄関口「仁川空港」側に日本企業も参画してい…

カジノ通信社

世界が目指すIRのモデル。マリーナベイサンズはカジノだけに依存しない最高の観光都市

海外旅行の人気都市シンガポールの中でもシンボル的な存在であるマリーナベイサンズ。世界のIRビジネスでも一番の…

ARA-フォー

日本企業も出展する国際カジノ見本市「マカオゲーミングショー2015」からカジノ関連株…

マカオ・コタイ地区のコタイエキスポホールで、国際カジノ見本市「マカオゲーミングショー2015」が始まりました…

えいひれ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

プリオン

世界のカジノ情報をいろいろとご紹介させていただきます。遊びにいかれる予定の方は参考してくださいネ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集