オンラインカジノの決済業者が日本停止へ

海外サービスを利用する際は、どんな事にも必要となるのが、「通貨の換金」。日本人が通常持っているのは自国の通貨である「日本円」ですが、海外のサービスを利用したいとなると「主にアメリカドルやユーロ」に換金する必要があります。

オンラインカジノという海外サービスを利用する場合も、同様で、元がどの通貨であれ、ドルやユーロが必要です。それを簡単にしてくれていたのが、オンライン上の通貨管理企業である「NETELLER(ネッテラー)」や「Skrill(スクリル)」というサービスでした。

NETELLER(ネッテラー)

NETELLER(ネッテラー)

スピーディで簡単、安全な支払いサービス
10 年以上にわたり、NETELLER は取引先および個人のお客様にスピーディで簡単、安全なオンライン送金サービスを提供してきました。現在、当社は世界最大の独立系オンライン支払いサービス業者として、年間数十億ドルに及ぶ取引を行っています。

世界 200 カ国以上の各種業界で広く利用されている金融サービスは、厚く信頼を得ています。

NETELLER のサービスは Paysafe Financial Services Limited™ により運営されています。
Skrill(スクリル)

Skrill(スクリル)

Skrill has been making digital payments simple, secure and quick since 2001. We’re an acknowledged world-leader in developing global payment solutions for people’s business and pleasure, whether they’re depositing funds on a gaming site, buying online or sending money to family and friends. We also meet the needs of businesses worldwide, helping them build a global customer base and drive growth. Skrill is a truly global company. Based at our London headquarters and our offices throughout Europe and the US, our staff of over 500 represents more than 30 nationalities.

利用方法は「送金のまとめサービス」

ネッテラーやスクリルは、共に、オンラインカジノやその他ショッピングサービスの国際的な取引の中継点として利用されていました。

利用者は、クレジットカードや銀行振込で、このサービスに入金する事で、指定の外貨に換金ができます。その後、利用したいサービスに対して、入金や引き出し処理を行います。

このサービスを利用する事で、利用者は、個人情報を沢山のサービスに渡すことなく、安全に利用でき、更に、海外というよくわからない企業ではなく、1つの場所でお金を管理する事ができるメリットがあるので、海外を行き来している人にと、とても便利なツールとして使われていました。

2016年9月15日で日本も利用制限国に追加

そもそも国際通貨サービスなので、利用制限がある国や無い国は、よく変化があるのですが、先日2016年8月16日に「日本も利用制限国に追加」という発表があり、1ヶ月後の2016年9月15日をもって、日本からの利用は出来なくなる事が決まりました。

ネッテラーと同日に、スクリルからも発表があり、日本語に対応したサービスの大手「ネッテラー」と、日本語には対応していませんが、世界的にも人気の「スクリル」の2社が事実上、日本市場撤退となりました。

オンラインギャンブル事業者も騒然

海外のオンラインギャンブル事業者は、世界中の人向けにサービスを展開している中で、汎用性の高い、この2社を利用している事が多いのが現状でした。

ですが、この日本からの撤退を受けて、日本人向けに展開を行ってきたオンラインギャンブル事業者は、決済手段を失うことになってしまいました。

日本からの利用者がどれ位多いのかは定かではありませんが、大打撃である事は間違いありません。

2016年は、日本の賭博関連の事件が沢山報道されていますが、この決済サービスの撤退で、日本の利用者が更に減るでしょう。何か大きな力が動いて、根底から経とうとしているのか・・・。はたまた、イギリスの企業なので、EU離脱問題が影響しているのか・・・。

こういった事を防ぐため?

こういった事を防ぐため?

まだまだ沢山の決済業者は存在している

今回、大手として日本語対応サービスなども展開していた「ネッテラー」と、それに準ずるサービスの「スクリル」が日本向けサービスを終了すると発表しましたが、世界的にみれば、他にも沢山の決済サービスが、まだまだ日本人に向けてもサービスを提供しています。

ecoPayz(エコペイズ)

ecoPayz(エコペイズ)

イギリス金融庁から認められたサービスで、ネッテラーやスクリルと同じ様なサービスを受けることができる。

entropay(エントロペイ)

entropay(エントロペイ)

エントロペイも、ほとんど同じ様なサービスを提供している。

今回のネッテラーやスクリルの件に関して、大きな力が働いているのか、理由はわかりませんが、そうだったとしても、日本の法律へのオンラインギャンブルに関する記載が、明確でない限り、別のサービスに移るだけになる予感もします。

日本のカジノ合法化も含め、日本の「カジノ」に関する事情は、今後も注目していく必要があります。

2016年08月23日:追記

オンラインギャンブル業界の動向をチェックしておりましたが、やはりネッテラー・スクリルが日本市場撤退する2016年9月15日より前に、各オンラインカジノ・ブックメーカー企業は、新しい決済手段を導入する準備ができているようです。

ジパングカジノグループは、2016年08月19日に以下のメッセージを公開しています。

既にご存知かとは存じますが、NETeller・Skrillとギャンブルサイト間の送金が停止されます。
NETeller・Skrill公式の発表では2016年9月15日(木)とされております。
特に、Skrillは10月1日に日本国内での利用自体が終了となる見込みでございます。

この件に伴い、当カジノのNETeller・Skrillでのご入金及びお引き出しの対応可能期日を、
以下にご案内させていただきます。

【ご入金】
2016年9月14日(水)日本時間午後6時まで。

【お引き出し】
2016年9月13日(火)日本時間午後3時ご請求分まで。

尚、当カジノでは近日中に新たな決済方法のご案内が出来ます様、早急に準備を進めております。
こちらは改めてご連絡をさせていただきますので、今しばらくお待ち下さい。

また、お引き出し対応期日後にいただきましたご入金後のお引き出し請求、
お引き出し対応期日に間に合わなかったお引き出し請求がございます場合には、
新決済方法でのお引き出しをお願いする事になりますので、予めご了承下さい。

決済方法の今後について言及したオンラインカジノは、まだジパングカジノグループだけになりますが、これに続いて、他オンラインギャンブル企業が続々と発表していくと予想されます。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

海外ドラマ「Game of Thrones」のオンライスロットの雰囲気はドラマそのも…

オンラインカジノのジャックポットシティカジノにある海外ドラマ「Game of Thrones」とコラボレーシ…

Mr.X

ブラックジャックのルールを解説するっち。

カジノの中でも、最もポピュラーでかつ、日本人からも絶大な人気があるカジノゲーム「ブラックジャック」のルールを…

ルイ14世

ミニオンズをリスペクト?ミニオンズ風のビデオスロット「スピニオンズ」が登場!

オンラインカジノのビデオスロットに人気アニメーション映画のキャラクター「ミニオンズ(Minions)」のパク…

WiLD CaRd

MARVEL好きのプレイヤーによるMARVEL好きのためのオンラインカジノゲーム

俺は三度の飯よりMARVEL(マーベル)キャラクターが好きだ!という方に贈る、マーベルキャラのオンラインカジ…

桃太郎

「ラスベガスをぶっつぶせ」の様なブラックジャックのカウンティングは可能なのか?

ブラックジャックのカードカウンティング事件を題材とした映画「ラスベガスをぶっつぶせ」でMITブラックジャック…

びらびら

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

カジノ通信社

カジノやオンラインカジノに関する最新ニュースを世界中にお伝えする「カジノ通信社」です。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集