カジノ・ギャラクシーマカオで遊んでみました!

知人に誘われ、現在もっともアツいカジノスポット・マカオに行ってきました。

マカオで唯一の日系ホテルであるホテルオークラを選んだのは、日本語で大丈夫という安心感から。(笑)

しかし、併設のカジノ・ギャラクシーマカオでの夜は、数回経験したカジノ旅行の中でも最も熱い夜でした。

アイアンマンが出迎えてくれます・・・www

アイアンマンが出迎えてくれます・・・www

まずは直行便で、マカオの入り口・マカオ国際空港へ到着。

日本からは、わずかな時間ですが、肌にねっとりとまとわりつくような空気を感じます。これは世界でもっともアツいカジノスポットであるマカオだからなのか?といった疑問を知人と語り合いながら、シャトルバスで一路ホテルオークラへ。

ハマーのロングリムジンがエントランス前に停まっているのを見て、知人と思わず歓声を上げてしまいました。

そんなこんなでチェックインを済ませて、時刻は16:40。

腹が減っては戦は出来ぬ、と知人と意見が一致したので、部屋でシャワーを浴びながらルームサービスを注文。そして、腹ごしらえを完了し、スラックスにワインレッドのワイシャツ・ネクタイというスタイルで出陣です。

ホテルオークラマカオ

ホテルオークラマカオ

白を基調とした気品あるホテル外観。

幻想的な入り口に思わずうっとり。カジノへ入場

カジノ・ギャラクシーマカオ入り口

カジノ・ギャラクシーマカオ入り口

幻想的な雰囲気のライトアップに期待度最高潮!

カジノ入り口は幻想的にライトアップされ、ショービジネスの世界の華やかな雰囲気に知人としばし酔いしれます。入り口に立つセキュリティースタッフに怪訝な顔をされましたが、それも一瞬のこと。

恐らく、似たような事が何度も見てきているのでしょう。

或いは、(ハッ、また日本のおのぼりさんがやってきたのか)という心の表れだったのかも。

メンバーズカード発行カウンター

メンバーズカード発行カウンター

パスポートの提示が必要ですが、無料で作成可能。旅の思い出におすすめです。

団体のツアー客が多く、日本人の集団が会話しているのを耳にしたので、それに倣って知人とメンバーズカードを発行してもらう事にします。

手際よく処理してくれるカウンタースタッフの手際の良さに感心させられつつ待つ事約20分。発行してもらった赤いカードを手にし、入り口へ戻ります。

メンバーズカード

メンバーズカード

ランクアップするとゴールドになるとか。「ゴールド」という響きに憧れますね。

21歳以下の入場禁止となっている為、身分証明書としてパスポートを提示。

さすがに手馴れたもので、私たちの前に8人ほど並んでいましたが、5分もたたずに入場。少々拍子抜けしましたが、ともあれ無事に戦場へ到着です。

ドレスコードはない、と事前に話を聞きましたが、ショートパンツにサンダル履きのようなラフすぎる格好はNG。

私たちの後に並んでいたアメリカ人らしき女性は入場不可でした。
入場は完全に無料なので、軍資金を削られずに済みます。

カジノ・ギャラクシー・マカオ場内

カジノ・ギャラクシー・マカオ場内

カジノ内は撮影NG。違反すると怖いお兄さんが…

大熱狂のバカラテーブル!

ギャラクシー・マカオでのプレイは香港ドルでチップを購入する必要があります。スロットマシンの場合はそのまま紙幣を使うことが出来るようなので、香港ドルさえ持っていればOK。

テーブルゲームでのプレイは、各テーブルでディーラー前に香港ドルを置くことでチップに両替してくれます。

もしこの時点で香港ドルを所持していない場合、カジノ内併設の両替コーナーで両替を。

今回の軍資金は香港ドルで$10,000。
平場テーブルゲームのミニマムベットは$100から遊べるようですが、それもゲーム次第。
私と知人が選んだのは多くの中国人客がゲームに興じるバカラでした。

バカラのミニマムは$500。
運が悪くても一時間は遊べそうです。
香港ドルをゲームチップに変えて、いざ勝負!

カジノ・ギャラクシー・マカオのゲームチップ

カジノ・ギャラクシー・マカオのゲームチップ

プレイヤー客の掛け声に圧倒!

マカオのバカラはスクイーズ(絞り)アリ。
そのゲームで最も賭け金の多いプレイヤーがスクイーズの権利があります。
私たちが着席したテーブルでは、中国人同士が二手に分かれ、絞りに合わせて大きな掛け声でゲームの進行に激を飛ばしています。

「チョイヤー!」(星付けー!)、「ハァー、テンゴー!」(吹き飛べ!)
大音量での掛け声に圧倒されましたが、知人な経験済みなので涼しい顔で出目をシートへ記録しています。

私も数ゲームでこの雰囲気に慣れましたが、場の熱は肌にヒリつくように感じられました。

10回目のゲームに全てミニマムベットで参戦し、戦績は8勝2敗。
なかなか好調で、読みが当たってくれていました。
最初にプレイヤーで6連勝できたのが幸運でした。
この時点で浮きは$3800位だったかと思います。

1香港ドルが当時のレートで約15.3円。
日本円に直せば5万81000円の勝ちで、なかなかのもの。

私は勝って少し余裕が出来ましたが、知人は負けがこんでアツくなっていました。
最初のベットでは同じプレイヤーにベットし、勝利したのですが、その後は連敗。
負ける毎にベット額を少しずつ増やしたため、9ゲーム目で既に$1万を溶かし、追加で$1万のチップを購入。
9ゲーム目は8vs8のタイで、10ゲーム目に負けてこの時点で-$1万8000ほど負け。

プレイヤー6連勝の後、バンカー2勝・タイ(引き分け)・バンカーという流れで来ていました。
半ばキレ気味の知人が追加で$2万を再チップに変え、私に相談して来ました。
「もう今日はダメだ。これ以上は鼻血も出ないから、勝敗問わずこれで終わる。お前、今日ツイてるから俺の代わりに予想してくれ。」

エッ、本気か!(゜Д゜)Σ

さすがに2万香港ドルのオールベットは、日本円で30万近い金額。
一月の仕事の給料に匹敵する金額を他人の代わりに予想するのは怖いものがあります。
なので、知人と話し、本当に勝っても負けても恨みっこなしでいいのかと1ゲーム見送って取り決めを行いました。
(この見送ったゲームはまたもやタイ。今度は条件戦で3vs3)

一応、両者の間に取り決めが出来たので次ゲームを予想。
バカラは流れを読むゲームですが、この感じでは縦に長く続きそうな気配濃厚ではあります。
しかし、間にタイが入り、バンカー1勝のちに再びタイ。
なら、変わり目に賭けよう。
私が選んだのは、プレイヤーでした。
知人の$2万に加え、自分のチップから$1万の合計$3万で大勝負です。

ここ一番の大勝負!結果は…

さすがにこのゲームでは私のベットが一番大きく、スクイーズの権利が回ってきました。
対して相手は、やはり中国人。
あちらは4回連続で的中して流れに乗っているだけあり、ベットの構図は日本人VS中国人の図式が図らずも出来てしまいました。

そしてノーモアベットの掛け声で勝負スタート。
こちらの1枚目…K。
中国人…8。

終わったよ、ママン…。orz
まさにそんな心境でした。
そして2枚目。
ジリジリと縦絞りに入ります。しかし…
2枚目も絵札、J。(;´Д`)
目で知人に(無理だ、覚悟しといてくれ。)とアイコンタクト。
しかし、まだ勝負は終わりませんでした。
中国人が「テンガー!テンガー!」と叫びつつめくったカードはなんと2。
目無しのバカラです。現状0vs0で、上げたい放題。

まだ望みが首の皮一枚繋がってはいますが、緊張で少し禿げそうな気持ちになります。

そして運命の3枚目が配られました。
祈るように今度は横から渾身の力を込めて絞ります。
隣に座る知人も、固唾を飲んで見守ってくれました。
ジリジリめくって、ピクチャーカードでないのを確認。
現れた星の数は…センターに3つ。つまり「3」。
バカラ(0)にならなかったのは救いでしたが、あちらは「チョイヤー!」と大熱狂で掛け声を上げています。

奇しくも同じ横絞りから入り、星は4つとの事。
って事は、8・9・10か…。
アカン、もう無理…。観念してテーブルを立とうとしましたが、奇跡は起こりました。
「ホァー!」という叫びと共に中国人のめくったカードはハートの「10」。
つまり、目無しのバカラで0。
3vs0で、勝利です。

低レベルでのめくり合い勝負になりましたが、ビッグベットで勝てた事に安堵し、知人との約束通りそれでゲームは終了。

私は$1万3,800、知人はなんとか$2,000浮き。

そそくさとカジノ内の両替カウンターに行き、チップを換金してカジノを後にしました。

噂に違わず非常にアツいマカオのカジノ。

これが初めてのマカオでのカジノ旅・ギャラクシーマカオでの夜でした。
時間にして1時間もプレイしていませんが、知人がアツくなってしまった事、中国人たちの大音量の掛け声、その熱に自分も当てられて最後は$1万を上乗せと、かなり私もアツい瞬間を楽しむ事が出来ました。

あの独特の熱狂感は、マカオならではと言えるでしょう。
この時の知人は私より3歳年上の方でしたが、部屋に戻った後にお説教したのは言うまでもありません。

彼は去年、アメリカ・ラスベガスで全財産を勝負し、見事に負けて失踪しました。
無事生きている事を願っていますが、ギャンブルは節度が大事です。
皆さんも、カジノを楽しむためにはどうか責任を持って楽しんでください。

身をすぎたギャンブルは身を滅ぼしますが、適度なゲーミングは人生を豊かにします。

以上、私のギャラクシー・マカオ体験記でした!

みんなが見ている人気記事

関連する記事

友人が勝ったのをきっかけにバカラを初体験したけど、経験者との違いに呆然・・・

シンガポールに旅行し、カジノに入り、友人が遊ぶバカラを初体験したけど、会社経営者の彼との判断の違いに呆然とし…

えいひれ

アカウント残高60.91ドルで、ブラックジャックに挑んだ結果

愛用するオンラインカジノ「bet365」で、残高60.91ドルを勝負した結果を備忘録。

Bazak

バカラで只管、バンカーに賭けた結果得られる物は・・・

オンラインカジノでも一発で大きなバックを得る人が多いカードゲームのバカラで只管バンカー勝負をしてみたらこうな…

ゲット・リッチ

ラスベガスでカジノを体験したら運良く勝てる事ができました。

会社の出張でラスベガスにいった際に、体験した本場のカジノで運良く勝てる事ができました。

桃太郎

楽しそうなスロットがあったからお試し版で遊んでみた結果。

登録していろんなスロットがある中で、とにかく気になってしょうが無かったダークナイト「THE DARK KNI…

Hawkeye

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集