イギリスはEUを離脱?残留?

決定する前から、世界経済にも打撃を与えている英国(イギリス)の「EU離脱問題」。その名前の通り、ヨーロッパの国で構成されている「EU」という枠組みの中から、イギリスが離れるかもしれないという決定を下す、大切な国民投票が2016年6月23日に行われます。

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票(イギリスのおうしゅうれんごうりだつぜひをとうこくみんとうひょう英語: United Kingdom European Union membership referendum)は、イギリスにおいて2016年6月23日に実施が予定されている、同国が欧州連合(EU)を離脱すべきかどうかを決めるための国民投票である。英国の有権者だけでなくジブラルタルの有権者およそ23000人にも投票権がある。

離脱派のキャンペーンの勢いも凄い・・・

イギリスでは、現在起こっている経済の問題や、移民の問題は「EU加盟国」だからだという意見から、離脱を希望する国民も多く、大規模なキャンペーンも開催されました。

離脱騒動では、離脱派の掲げる「誇大キャンペーン」の中で、英国がEUへ支払っている拠出金の額を大げさに伝えていることが知られるようになっている。また、残留派がEU離脱で被る打撃の経済的な数値を発表しても、数字ばかりを投げつけられる市民からは、一体何を信頼したら良いのか分からない、という混乱の声も聞こえる。そもそもなぜ英国がEUを離れたいのか、確固たる理由も見えにくい。残留派は主に貿易や雇用など、EUから得られる経済的な恩恵を争点としているのに対し、離脱派は移民問題や主権を前面に打ち出している。
イギリスがEU(=ヨーロッパ連合)から離脱することの賛否を問う国民投票は23日に迫っている。21日、ロンドン郊外では約6000人が参加したこれまでで最大規模のテレビ討論会が開かれ、残留派と離脱派が直接対決した。

残留派のキャメロン首相は大変。

自身は残留派である、イギリスのデビット・キャメロン首相は、様々な場所で、国民に、離脱した場合の影響について話し、残留について理解を求める発言を繰り返しています。

一番大きな影響は、「ヨーロッパの中枢マーケットとしての地位陥落」です。もっと簡単に言うと、ロンドンが見捨てられる、ということです。

このバトルは議員の射殺事件にも発展・・・

EU離脱問題は大きな事件へと発展。残留派の議員ジョー・コックス氏が、銃撃され、射殺されるという悲しい出来事をも引き起こしました。

イギリス中部ウエストヨークシャー州バーストールで6月16日午後1時(日本時間同日午後9時)ごろ、労働党所属の女性下院議員、ジョー・コックス氏(41)が男に銃で撃たれたあと刃物のようなもので刺された。コックス議員は病院で手当てを受けていたが死亡した。BBCなどが伝えた。

このバトルはどうなるのか・・・

イギリスの各党でも、残留と離脱の意見がまとまらず、同じ与党内でも意見が分かれるという結果に。

キャメロン首相や、カーニー中央銀行総裁などの残留派と、ゴーブ司法相や前ロンドン市長のジョンソン氏などの離脱派は、真っ向から対立し、互いに意見を出し合いますが、まとまりません。

離脱派:EUを離脱すれば、EU予算への拠出が不要になる。英国の昨年の負担額は、85億ポンド(約1兆3000万円)近くと見込まれている。英国はEUと特別な取引関係を求めることができると同時に、中国やインドといった新興市場と取引契約を結べる可能性もある。

残留派:EUに残留すれば、国内での雇用や取引、投資がもたらされるより強い経済が期待できる。英国からの輸出の約45%がEU向けであり、英国内の雇用のうち300万人分は、欧州との取引に関係している。
ロンドンには各国の金融機関がこぞって拠点を置いています。イギリスがEUに加盟している現在、ロンドンに拠点を置けばEUのその他27か国でも許認可を求められず、自由にビジネスを展開できます。

しかしながら、イギリスがEUを離脱すると、もしかしたら、これらの企業がロンドンを出て行ってしまうかもしれないのです。要は、「ロンドンに拠点を置いても、ヨーロッパ展開できないじゃん」となるわけです。
一つの特徴はロンドンのシティが世界の、そしてEUの金融センターの役割を果たしていること。中近東のオイルマネーのみならず、ロシア、中国からの資金もシティに集まり、世界そしてEUに再投資されていく。日本を始め、EUの名だたる金融機関がシティに拠点を置いている。国境を越える融資では約20%弱、外国為替取引では40%と、世界1のシェアを誇っている。
英国がEUを離脱すると英国の製造業は大陸市場にアクセスしにくくなるので、空洞化が進みます。すると雇用市場は悪化するでしょう。惨殺されたジョー・コックス議員は、主に「地元の製造業をまもるにはEUに残留した方がよい」という地元の声に押されて残留派になったのです。

イギリスがEUを離脱すると日本にも影響が・・・

かなり遠い国のお話なので、日本には全く関係無いと思ってしまいますが、実はそうではありません。現代では、全ての国は繋がっており、特にイギリスの様な世界経済に関わっている国で起きる事態は、遠い国の日本にも大きな影響を及ぼします。

英国のEU離脱の是非を問う国民投票を23日に控えて、前週末の一部世論調査で残留支持が離脱支持をリードしていることが判明。その後も別の世論調査で残留派が離脱派を大きく上回っているとの結果も明らかになり、投資家らの過度のリスク回避姿勢が和らいだ。
英国でEU(欧州連合)残留の是非を問う国民投票が23日に行われる。離脱派が勝った場合、何が起こるのか。不確実な要素が多く、今後の展開を予想するのは難しい。だが、その不確実性の高まりこそが、世界経済に混乱をもたらしかねない。

運命の投票は2016年6月23日に行われます。

そして、もしかすると世界の経済に大打撃を与えるかもしれない、イギリスの「EU離脱」を問う国民投票・・・。注目です。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

ブックメーカーが発表する「ウィンブルドン2016」での錦織圭の優勝予想オッズは26倍…

テニスの世界四大大会の一つ「ウィンブルドン選手権」が2016年6月27日から開幕します。優勝候補は最強のテニ…

CR7

ブックメーカーというスポーツの勝敗に賭けられる物があるって本当?

サッカーやテニスや競馬、その他のスポーツの結果に賭けができるブックメーカーって何でしょう?

JONNY

リオオリンピック2016 男子サッカーの優勝国はブラジルで決まり!? ブックメーカー…

リオオリンピック開幕直前!サッカー男子の優勝予想オッズがブックメーカーから発表されました。ネイマールが入るブ…

Boutie

MSR対決!コパ・アメリカの優勝国はどこだ!?最高751倍のブックメーカーの優勝予想…

バルセロナの最強3トップのリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、レアルのハメス・ロドリゲスがそれぞれの国の代表…

SHINJI

ヒラリー氏とトランプ氏の一騎打ち!?次の大統領は誰になるのかブックメーカーのオッズを…

アメリカ合衆国大統領選挙が間近に迫ってまいりました。大方の予想では、ヒラリー・クリントン氏かドナルド・トラン…

Boutie

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

Boutie

夢はミリオネアになる事。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集