電車がないの!?マカオの移動手段

マカオには電車がありません。現在はモノレールを建設中ですが、工事が遅れていて完成は2019年~2020年ごろといわれています。完成予定時期も毎年のように延期されています。

車両は日本の三菱重工が請け負うことで契約。でも様々な理由でいつまでたっても未完成という現状。

マカオで一般的な旅行客が利用する移動手段は路線バスとタクシー 、またはカジノの無料シャトルバスの3つです。

マカオの路線バス

これは初めてマカオを訪れた人にとってはハードルが高いかもしれません。
バス停は中国語とポルトガル語のみの表記で、日本と異なり時刻表がありません。
「10~15分おきに来ます」というような運航方法のため、いつまでたっても来ない…やっと来たと思ったら満員で乗れない、またはバス停にすら停まってくれなかった…なんてこともあります。
また地元の住民向けのバスのため、大きいスーツケースを持って乗るにはあまり適していません。

マカオの路線バス会社

マカオの路線バス会社

バス会社は3社あります。目的地に合えばどれに乗っても大丈夫。黄色いタクシーはいつの間にかなくなりました。

ただ路線バスのいいところは、乗れればとにかく安い値段で遠くまで行けます。
路線によって多少料金は異なりますが、5MOP(約70円)あれば大丈夫です。
コンビニで手に入るマカオパス(澳門通)にチャージをすれば2.5MOP(約35円)に値引きされます。

地元の人が行くようなディープ場所まで出かけたい方にはうれしい交通手段です。

マカオパス(澳門通)。バスに乗るときはこいつが便利。小銭がなくてもバスではお釣りが返ってきません。

タクシー

とにかく楽なのはタクシーです。荷物もトランクに入るしゆったり座って目的地まで行けます。
但しマカオのタクシーは、ぼったくりや乗車拒否をする運転手が増えていて、社会問題化しています。
特に日本人観光客を狙ったものというではないですが、2014年には日本人女性観光客がタクシーでぼったくりをされたというニュースもありました。

マカオのタクシー

マカオのタクシー

運転手によって微妙に車種が違いますが、黒い車で屋根が白いのがタクシーです。ナンバープレートの上に黄色い「TAXI」と書かれたプレートがあります。

マカオではタクシーが不足しています。
そのためそもそもタクシーを捕まえることすら難しいのですが、やっと捕まえたタクシーも「そっちの方向はいかないから」など理由をつけて乗車拒否してくることがあります。
また地元住民に対しても法外な値段を要求してくることもあります。
この被害に関しては現地の住民も頭を痛めていて、住民内では現在はUberを使う人が増えてきています。

しかしマカオの警察はUberを白タクとみなしてるため、住民は難しい問題に直面しています。

マカオ政府でも悪質タクシー運転手の取締を強化していますが、被害がゼロにならないのが現状です。

カジノホテルの無料シャトルバスを活用しよう!

ベネチアンマカオのシャトルバス

ベネチアンマカオのシャトルバス

そこで旅行客の方にお勧めなのが、カジノホテルが行っている無料シャトルバスサービスです。
多少並んだり、深夜・早朝などは運航していないことがありますが、荷物もトランクに乗せられるし、クーラーも効いてるし、中にはWi-Fiも完備しているシャトルバスも。
もし旅の目的に合うならシャトルバスを活用しましょう!

シャトルバスで行く、マカオの観光とカジノのモデルコース

日本から多くのフライトが行き来している香港から、フェリーでマカオに来ることを想定したコースです。

港澳フェリーターミナル(澳門外港客運碼頭)

フェリーターミナルに着いたら、地下道を抜けてシャトルバス乗り場へ!

紫で兵隊さんがプリントされているバスに乗ります。グランドエンペラー(英皇)と書いてあるか確認しましょう。

グランドエンペラーホテル(英皇娯楽)

グランドエンペラーホテルのエントランス

グランドエンペラーホテルのエントランス

約10分程度で到着。カジノに入らずにしれっと別のところへ向かいます。

徒歩圏にはグランドリスボアや世界遺産のセナド広場・聖ポール天主堂跡など見どころがたくさんあります。

グランドリスボア

グランドリスボア

セナド広場

セナド広場

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

ドン・ペドロ5世劇場(崗頂劇院)

ドン・ペドロ5世劇場(崗頂劇院)

崗頂前地まで登っても見どころありです。

国際銀行からシャトルバス乗車

みんなが見ている人気記事

関連する記事

マカオにアジア最高峰のエンターテイメント・リゾート「スタジオシティ」がオープン!

2015年10月27日にマカオ・コタイ地区にオープンした、最高峰のエンターテイメント・リゾート施設「スタジオ…

ワールドカジノナビ編集部

「不夜城」ラスベガスの歩き方!カジノと観光を効率よく巡ろう。

眠らない街ラスベガス。常に変化を続けるエンターテインメントシティをたっぷり楽しむために、カジノ情報を中心にま…

Bロッド

バハマの首都ナッソーに新カジノリゾートホテル「Baha Mar」が2017年4月開業…

2017年4月に、バハマの首都ナッソーに超巨大カジノリゾート施設「Baha Mar」が開業予定となっています…

ドラえもん

夜景や噴水ショーを見るだけで満足ですか?ラスベガスに来たならカジノを楽しみましょう!

ラスベガスは、ファミリー層が遊べる様に、沢山のエンターテイメントやショッピングが充実しているので、それだけで…

泥棒猫ナミ

マカオに行くならコタイ地区にあるエンタメリゾート「シティ・オブ・ドリームズ」がオスス…

マカオの中でも大型施設が並ぶコタイ地区に誕生した2つのカジノと3つのホテル、ショッピングモールなどもある総合…

ワールドカジノナビ編集部

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

いわしプレミアム

サーディーーン

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集