(1)21歳未満の入場禁止

2012年11月1日から法案改正のため、マカオのカジノは21歳未満の入場禁止です。

カジノの入り口には警備員が立っていて、入場者を目視でチェックしています。
21歳以上か判断しにくい場合は、パスポートなどの身分証明書の提示が求められます。

余談ですが、万が一21歳未満の入場者がいた場合、警備員に罰金が科せられるそうなので、割と慎重にチェックされています。

(2)傘や大きい荷物の持ち込み制限

傘を持っていると、人を攻撃する道具になりかねないため必ず入り口でストップがかかります。また買い物したたくさんのお土産やスーツケースなども止められます。

基本的には手で抱えられるくらいの大きさのバッグを1人一つまでが許容範囲のようです。リュックやショルダーなど形状は問いませんが、あまり大きいものは持ち込めません。

荷物はクロークに預ける

傘や大きな荷物を持っている人は、必ずクローク(荷物預り所)に預けましょう。大体カジノの入り口付近に位置しています。

クロークで荷物を預け、サインをして荷札の半券をもらいます。
コインロッカーなどではなく、人が対応するものですが、料金は無料です。チップも不要。
また宿泊者でなくてもだれでも利用することができます。

カジノは24時間なのでクロークも24時間開いています。荷物を取りに行くときは、預けたときの半券が必要なのでこれだけはなくさないようにしましょう。

(3)服装制限

マカオのカジノではドレスコードというほど、「これを着てなければ入場できない」というものはありません。ただし、次のような服装は入口で止められて入場できませんのでご注意ください。

かっこよくてもダメです。

男性の短パン・タンクトップ1枚・ビーチサンダルなど露出が多いもの

人によっては体毛が不快に感じるかもしれません。
そのためか短パン・肩や脇が丸出しになるタンクトップなどは上着を着るように注意されます。靴もビーチサンダルのようなラフすぎる物は指摘されるようです。

女性の場合でもあまりに露出度が高すぎると止められるかもしれませんが、まずそういう人はみたことがありません。

サングラス・帽子などの着用

カジノで不正をする可能性があるためです。その場でサングラスや帽子を外せば問題ないです。
色の濃さによってはレンズに色のついた眼鏡も引っかかる可能性もありますのでご注意ください。

以上の点に注意すれば、半そでTシャツにGパン、スニーカーでも入場ができます。

(4)撮影制限

カジノ内では撮影・録画は禁止です。
撮影・録画をしようとすると警備員が駆けつけて注意されます。入場せずに外から中の様子を撮影することも禁止されています。もし写真をすでに撮った場合はその場で削除する操作まで確認されますので注意してください。

マカオのカジノは24時間営業。
カジノへ入場の際には事前に確認して楽しんでくださいね。

関連する記事

ちょっと羽を伸ばして、テニアン島のテニアン・ダイナスティー・ホテルでカジノ旅をしてき…

サイパン島から、船で1時間ほどの場所にあるテニアン島にあるテニアン・ダイナスティー・ホテル&カジノでカジノと…

BIG WIN

おしゃれな屋外・屋内プールでリゾート気分を満喫!体を動かしたくなったらフィットネスジ…

宿泊者は無料で利用できるパラダイスシティのリゾート感たっぷりのプールを満喫しましょう!24時間営業のフィット…

ワールドカジノナビ編集部

ラスベガスのストリップ沿い、総工費27億ドルの豪華カジノホテル「ウィン・ラスベガス」

ベラージオでも有名なラスベガスのホテル王スティーブ・ウィンが手掛けた総工費27億ドルの52階建て豪華カジノホ…

マーライオン

マリーナベイサンズは最高の癒し空間であり最高の遊び場

今最も熱いシンガポールのシンボルでもあるマリーナベイサンズのカジノ情報と癒しスポットについてご紹介!

BIG WIN

マカオにアジア最高峰のエンターテイメント・リゾート「スタジオシティ」がオープン!

2015年10月27日にマカオ・コタイ地区にオープンした、最高峰のエンターテイメント・リゾート施設「スタジオ…

ワールドカジノナビ編集部

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

アルティメット大福

主にマカオのカジノやホテル、観光について書いてます。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集