人気男性向け娯楽雑誌「PLAYBOY」

アメリカの男性向けの娯楽雑誌「PLAYBOY」を知っていますか?うさぎのマークで有名な、あの雑誌です。

プレイボーイと言えば、このロゴマーク

プレイボーイと言えば、このロゴマーク

このロゴマークの意味は、「うさぎ=バニー=バニーガール」という事で、簡単に言うと、男性向けの成人雑誌なので、バニーガールの女性が沢山登場する雑誌なんです。日本の雑誌テレビジョンでいうところの「レモン」の様なものですね。

誌面の中には、プレイメイトと呼ばれる男性の憧れのヌードモデルなども沢山登場します。まだプレイメイトという呼称はありませんでしたが、雑誌第一号でメインモデルとして登場したのは「マリリン・モンロー」だったようです。

アメリカの雑誌。1953年に実業家ヒュー・ヘフナーやエルドン・セラーズ(Eldon Sellers)などが共同で創刊した男性向けの月刊雑誌で、世界中で販売されている。同誌の表紙を飾る女性モデルはプレイメイトと呼ばれ、創刊号のピンナップ(ポスター)はマリリン・モンローが飾ったことでも知られる。また、雑誌の販売増加に伴い、1960年にシカゴで第一号店がオープンしたナイトクラブ「プレイボーイ・クラブ(Playboy Club)」では、ホステスたちがウサギをモチーフにした衣装を身に付け、これが「プレイボーイ・バニー(Playboy Bunny)」として好評を得たことで、後に世界中のナイトクラブなどで同様のバニーガールのファッションが採用されるようになった。なお、シンボルマークとなっているウサギは、デザイナーのアート・ポール(Art Paul)による考案で創刊二号目から採用され、「バニー・ヘッド(Bunny head)」または「ラビット・ヘッド(Rabbit head)」などの愛称で親しまれている。ライバル誌には、1965年にボブ・グッチョーネが創刊した月刊誌「ペントハウス」がある。

この男性憧れのバニーガールだらけの雑誌「プレイボーイ」が運営するカジノが、なんとロンドンにありました。

ロンドンにあるプレイボーイカジノ

お馴染みの「うさぎのロゴマーク」が表示された、「PLAYBOY CLUB LONDON」。カジノという名前は付いていませんが、全体的な雰囲気としては、踊る「クラブ」に、レストランや、バーラウンジ、カジノがくっついた総合的な夜の遊び場という場所です。

お馴染みのマークが入り口に。

お馴染みのマークが入り口に。

このマークをみるだけで、ほとんどの方はプレイボーイとわかります。

カジノクラブ内部はとても美しい。

日本で言う夜のお店の雰囲気が漂う店内。一見、キャバクラかと思ってしまいます(笑)

プレイボーイクラブのカジノルーム

プレイボーイクラブのカジノルーム

カジノルームは、落ち着いたシックな作りで、一応ゲームに集中できる環境作りがされています。

毎晩、大盛り上がり!

毎晩、大盛り上がり!

毎晩、夜になると、クラブに集まる人で、大盛り上がりになります。また、イベントも頻繁に行われています。

あら・・・。ちらっとバニーガールが見えましたね・・・。

もうカジノどころじゃない!バニーガールに釘付け!

プレイボーイと言えば、バニーガールですよね!先程チラッとバニーガールが見えた様に、店内のカジノディーラー、フロア係など、カジノクラブで働く女性従業員は、皆さん、バニーガールの衣装なんです!

こういう衣装なので仕方ありませんが、胸の強調の仕方や、全体的にセクシーすぎます!

目の前の定員さんが、こんな格好で現れたら・・・、テンション上がりすぎて困っちゃいますね。

勢揃いされると圧巻の雰囲気。平常心ではいられなくなるのは仕方ありませんね。

カジノルームではシックな装いのバニーガールさん達

先程の、レストランやバーラウンジのバニーガールさん達は、赤の衣装でしたが、カジノルームになると、黒のバニーガールになります。こういった衣装では、黒が好きな方が多いので、カジノルームの方がテンションが上がりそうです。

ルーレット回転の度に、視線が胸にいってしまいます・・・。しょうがありません。「だった男の子だもの」

羨ましすぎる光景・・・

羨ましすぎる光景・・・

みんなが見ている人気記事

関連する記事

モナコのカフェと言えばココ♡有名なカフェ・ド・パリのテラスでお茶してカジノも楽しめま…

モナコで良いカフェに行きたい!と言えば、誰もが進める場所「カフェ ド パリ モンテカルロ 〜Café de …

ミランダ姉さん

世界的に有名な5つ星ホテル「ザ リッツ ロンドン」の会員制高級カジノクラブ「The …

ロンドンの中心にある世界的にも知られる5つ星の高級ホテル「ザ リッツ ロンドン」にある会員制のカジノクラブ「…

T-REX

会員制の世界最古の上流階級カジノクラブ「クロックフォード・カジノクラブ」

イギリスにある世界最古の民間運営のカジノクラブ「Crockfords Casino Club(クロックフォー…

ツーリスト

カジノ好きなら絶対に訪れる価値あり。世界最古のカジノ「カジノ・ディ・ヴェネツィア」

1638年にイタリアのベネチアにできた世界最古のカジノ「カジノ・ディ・ヴェネツィア(Casinò di Ve…

乙姫

ロンドン市場上場カジノ「Crown Aspinalls」。メイフェアの中でも最高級の…

ロンドンの高級街メイフェアにあるカジノクラブの中でも、最高級に上げられるセレブ御用達の会員制カジノクラブ「C…

えいひれ

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

モグラの隊長

皆さんコンバンミ〜。皆さん大好き、モグラの隊長さんですよ!

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集