マーチンゲール法を知らない人の為に。

マーチンゲール法の考え方

マーチンゲール法の考え方

マーチンゲール法は、勝てばそこで勝利で終わり。
次のターンに移り、次のターンで、負ければ、負けた倍額を賭ける。
また負けたら、更に倍額を賭けて繰り返す。
という感じで、何回も連続して負ける可能性は、低いので、
必ず、何ターンかで勝利する事ができるという必勝法です。

南フランスのマーティギューという地方で、
よく使われていた方法から、この名前がつけられました。

ギャンブルの世界では知らない人はいないほど有名な投資法
マーチンゲールはゲームに負けた場合、
掛け金を倍々に増やしていく倍賭け法
お金が無尽蔵にあれば、 理論的には最終的には絶対に損をしません。
2回目に勝っても10回目に勝ってもN+1回目に勝っても、
何回目に勝っても、最初の掛け金分の利益が必ずでる

理論上は必勝法だが、高額賞金を獲るには、難点がある。

ルーレットで考えた場合

ルーレットで考えた場合

スタートを何ドルベットで始めるかによって変わるが、赤か黒で、1ドルベットからスタートで、ひたすらマーチンゲール法をやってみた場合に、もし9回目まで負けてしまったら、10回目のベット額は、500ドルを超える。

このルーレットの上限は500ドル

このルーレットの上限は500ドル

マーチンゲール法の難点としては、ベット上限額が、
負けたターンの回数を耐えられるかという事。

9回目まで負けた場合、このルーレットの場合では、
10回目は、上限が500ドルなので、
勝っても負けになってしまいます。

オンラインカジノのゲームだとベットリミットが
200ドル程度のゲームが一般的
無限の資産を持つ神だけが使える必勝法
理論上は100%勝てることになりますが、
それは理論上の話で、現実はそこまで甘くはありません。
連続で10回以上負けてしまったら
ベット額は1000ドルを簡単に超えてしまう
最大ベットまでしかかけられないことを考えるとリスクは非常に高い

そもそも勝った場合のリターンも1回のベット分のみ

結局1ドルずつしか増えない

結局1ドルずつしか増えない

マーチンゲール法をやるには、負けた事を考えて最低でも10ターンまでは考えてプレイをしなければいけないから、スタートでベット額を上げる事はできない。

これを逆に考えると、何ターン繰り返しても、
1度に勝てる金額は、1ドルという事になってしまう。

1ドルって120円ぐらい・・・。

でも、もしかしたら、10回以上の連続敗退もあり得る・・・。

その時には、お金を持っていても、ベットリミットの問題もある。

そもそも、1ドル勝つ為にカジノをやってるのか???

っていろいろ疑問が残るけども、理論的には、必勝法で間違いありません。

みんなが見ている人気記事

関連する記事

一撃45,000ドル(約500万円)が出ている「Rome & Glory」ってどんな…

ラッキーベイビーカジノで凄い額が出ていたので、何のゲームかな?と調べてみたら、ローマがテーマの面白くなさそう…

焼肉マンボウ

逮捕者が不起訴を勝ち取る。日本国内から海外の合法オンラインカジノを利用しても処罰され…

これまで海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本国内から利用した場合の法的解釈は合法とも違法ともさ…

ウルトラソウル

映画そのものが描かれたスロット「ジュラシックパーク」で遊んでみた。

映画の世界がゲームに再現されたオンラインスロット「ジュラシックパーク」で遊んでみました!

Hawkeye

世界最高と言われるウィリアムヒルを調査してみました。

オンラインカジノやブックメーカーなどを運営する世界最高と言われるウィリアムヒルという会社を調査してまとめてみ…

Re:JAPAN

オンラインカジノという世界は意外としっかりしている

日本では、オンラインカジノというかカジノが無いので、あまり認知度が高くなく、やたらと不信感が漂ってしまうが、…

ジルコンゼウス

関連するキーワード

この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」しよう!

この記事を作成したキュレーター

BIG WIN

目指すは「BIG WIN」ただ1つ。カジノに魅せられた男がシンガポールからホームカジノであるマリーナベイサンズの情報や、オンラインカジノのゲームとプレイ情報を届けます。

人気のカジノリゾート特集

地域別の人気まとめ記事を特集